京郷新聞社説の和訳と単語

HOME事業者概要韓国語レッスン韓国語学習不定期日記リンクお問い合わせ

2020年7月24日

2020年7月10日社説

[社説]複数住宅所有者の税率を強化した不動産対策、実効性をさらに高めなければ

政府が10日、複数住宅所有者の総合不動産税(総不税)と譲渡税・取得税を大幅に引き上げる「住宅市場安定保安対策」を発表した。複数住宅所有者総合不動産税の最高税率は6%に引き上げられる。既存の総不税の最高税率(3.2%)の2倍に達するかなり強い処方だ。複数住宅所有者の譲渡税重課税率も、2住宅所有者は62%、3住宅所有者は72%まで引き上げられる。過度な税制の恩恵により不動産投機を覆い隠す役割も果たしていた登録賃貸事業は、短期賃貸(4年)を廃止し、長期一般買い入れ賃貸(8年)では高層住宅を除外する方向で税法を改正することにした。合わせて、生涯で最初の特別供給適用の供給比率拡大など、実需要者対策と住宅供給量拡大も急ぐことにした。複数住宅所有者に対する総不税の実効税率を大幅に引き上げ、複数住宅所有者の節税手段として悪用されてきた登録賃貸制度を大幅に縮小するとしたことは、揺れ動く住宅価格の緊急ブレーキになるかもしれない。無住宅者と青年世代など実需要者に合わせた供給拡大の方向も妥当だ。

방패막이[防牌-] ①ごまかすこと、はぐらかすこと②予防線を張ること、予め防ぐこと
들썩거리다=들썩이다 ①(重い物が)上下に動く、かたかた揺れる
들썩 ②(新聞などの見出しで)「もぞもぞ」「ざわざわ」「変動」「反応」

しかし、今回の対策が複数住宅所有者に対する税率だけを上げた点は心残りだ。昨年基準の総不税納付者が人口比1.0%で、重課税適用対象は0.4%に過ぎない。今回の対策がどれほど実効性があるかは様子を見るべきという意見が多く出ている理由だ。経済政治実践市民連合は「税率を調整する徴税政策だけで不動産市場の過熱を防ぐことには限界がある」として、根本解決策ではない付け焼刃の処方にすぎないと酷評した。法人特典を維持したままで個人の住宅にだけ重点を置いた総不税案では、不労所得の回収と不動産バブルの除去が難しいというのだ。加えて、住宅価格を確実に安定させるために導入の必要性が提起されている1住宅所有者に対する課税標準の調整もなかった。江南などへの傾斜と過熱を防ぐためには、来年6月から適用される総不税を「賢い一軒」まで併せて課税標準区間を精密に設計し、1年間の譲渡税猶予期間に市場モニタリングと対応も弾力的に臨むことを望む。賃貸事業者の特別恩恵の縮小も、登録住宅抹消まで特別恩恵を保障するという点で実効性に疑問を抱くことになる。

땜질 ①はんだ付け、鋳掛け仕事②継ぎ当て、継ぎはぎ、一部分だけ繕うこと
환수 ①還収、回収
과표=과세 표준 課税標準
쏠리다 傾く
똘똘하다 はきはきしている、賢い、利口だ

今重要なことは、長期的に住宅価格が下がっていき、実需要ではない不動産を通じた富の蓄積は不可能だというシグナルを一貫して送ることだ。当面は今回の政策の実効性を高めるための早期の立法と精密な補完が必要だ。政府は、この日に発表した総不税・譲渡税強化対策を盛り込んだ総不税法・所得税法改正案を7月の臨時国会で通過させると明らかにした。民主党は法の通過に最善を尽くすべきだ。統合党も、1世帯1住宅者は除かれ、複数住宅所有者から集中した不動産対策を巡り「税金爆弾」フレームで住宅市場の歪曲を庇護してはならない。究極的には、不労所得に対する税率が普遍的に引き上げられて初めて政策の実効性が担保されうる。公共〔機関〕が直接開発する公共住宅の供給も拡大すべきだ。

[社説]衝撃的で惨憺たる朴元淳ソウル市長の死

朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が悲劇的な死で冥土へ旅立った。女性秘書の性暴力告訴後、今月9日に家を出て連絡が途絶えてから一日目に北韓山で冷たい死体となって発見された。1000万首都ソウルを率いていた市長が、「Me Too」の磁場〔=影響〕の中で、これまでなかった極端な選択をしたのだ。人権・市民運動の開拓者として、9年間の最長寿のソウル市長として小さくない足跡を残し、64年の人生はしかし不名誉に終わった。衝撃的で、叱責・失望・哀悼が行き交っている。

유명 幽明
유명을 달리하다 幽明相隔つ=死んで冥土へ行く
싸늘하다 冷ややかだ、冷たい
자장 磁場
초유[初有] 初めてのこと 
책망[責望] (失策・過ちなどを)叱ること、叱責すること

朴市長は、「全ての方に申し訳ない」という遺書を残した。自らの死が多くの解釈と論議を生むはずと予見して、5行の短い遺書を「贖罪」で始めたように思われる。突然の彼の死が投じた衝撃の波は小さくない。社会関係網〔=ソーシャルネット〕サービス(SNS)には、がっかりしたので哀悼しないという人、彼の公的な献身と性暴力で訴えられたことで終わった人生とを分離しようとする人、象徴にしてきた市民運動家・進歩政治家の退場がもたらすであろう敗北感を吐露する人が続いた。政界は発言と行事を自制し、ソウル地下鉄ストと市議会開会式は延期された。「朴元淳さえも……」を反芻する沈黙と嘆息と葛藤が表れた一日だった。

속죄 贖罪
표상 表彰、象徴
몰고올
열패 劣敗 남보다 못하여 경쟁에서 졌다는 느낌. 人より劣り、競争で負けたという感覚。(→敗北感)
곱씹다 (食べ物を)何度も繰り返して噛む

またもや暴露された「権力者の性暴力」は無残だ。彼を告訴した女性秘書は、身体接触とSNSメッセージ・写真とで4-5年間身体的・精神的苦痛を被ったと警察に述べた。そして、その治療と回復のために、不十分な事後措置の中で法の審判を求めるために勇気を出したと述べた。朴市長は1999年、「ソウル大ウ助手事件」を弁論して初のセクハラ勝訴判決を引き出し、冨川(プチョン)警察署性拷問被害者のグォン・インスクさんを弁護した。ソウル市には性平等を守る「ジェンダー特別補佐」も別個に設けた。女性の権利の伸長の先頭に立ち、フェミニストを自称した市長が、女性秘書には誤った性認知感受性を示して権力を私物化したのだ。アン・ヒジョン、オ・ゴドンの破局後も、なぜこうしたことが繰り返されるのか、空しいばかりだ。首都ソウルを率いていた大統領選挙出走者が贖罪して選択した死が、権力型性暴力がもうこれ以上潜伏し受容されることのない厳しい社会になったという最後の戒告になることを望む。

허망[虚妄] あっけなくむなしいこと

韓国社会に寄与した「朴元淳の人生」は、当然振り返って記憶するべきだ。人権弁護士として民主化の道に身を投じた朴市長は、1994年、参与連帯の設立を主導した後、少額株主運動と落薦落選運動で市民運動の新たな道を開いた。彼が作った美しい財団と希望製作所は分かち合い・寄付の文化を広げた。2011年から率いたソウル市政では「欠食ゼロ」を宣言し、ミナミハンドウイルカの「ジェドリ」の放流を職権で決定した。彼の悲劇的選択の後、外信は「新型コロナウイルスと最も攻撃的に闘った都市がソウルだった」と評価した。ソウルから先行実施しようとしていた全国民雇用保険制と、慎重に見守ってきた「グリーンベルト」、現代自動車の韓国電力社屋開発での利益を漢江の以北と以南の両地域で共有する問題は最後まで苦しんだ懸案だった。安全・人権・福祉を掲げた彼の市政哲学は持続すべきだ。

彼の最後の道は「5日間のソウル特別市葬」として執り行われた。11日には市民焼香所も開設される。甲論乙駁があるが、「火葬して両親の墓に撒いてくれ」という遺言通りに飾らず静かな葬礼になってほしい。美化しがたい人生の最期だった。だからと言って、彼がこの世に残した遺産は中傷したり軽んじたりする理由もない。その功罪を冷静に記憶すればよいことだ。「公訴権なし」で終わった性暴力事件被害者には、これ以上の「二次被害」がない、成熟した社会になるべきだ。

소탈하다 磊落だ、気さくだ
폄훼하다 他人を蔑視して中傷する
공과 功禍(功労と過失)、功罪

[社説]国政私物化裁判が事実上終了した朴槿恵、今こそ謝罪せよ

朴槿恵前大統領が10日、国政私物化事件と国家情報院特殊活動費上納事件の被疑差し戻し審で懲役20年を宣告された。高齢などを理由に被疑差し戻し審の前より量刑が10年減ったが、大統領として憲法上の責務を尽くせずに国政に巨大な混乱をもたらしたことに対する責任はそのまま認定された。朴前大統領か、または検察が一週間前に再上告しなければ刑は確定する。これにより2017年3月、国政私物化事由で憲政史上初めて罷免された朴前大統領裁判は事実上終わった。

朴前大統領に対する断罪は彼女に対する法的審判では終わらない。国紀紊乱に対する認定と反省、そして市民の許しがなければ終わらないのだ。ところが朴前大統領は、憲法裁判所の罷免決定以降、国民に向かって謝罪を只の一言も行っていない。2017年10月以降は裁判まで拒否している。憲法の価値を棄損し、国紀紊乱を惹起した責任者としての道理ではないだけでなく、ろうそく市民に対する侮辱だ。このため、社会は弾劾の後遺症を依然として負っている。司法手続きが事実上すでに終了したのだから、朴前大統領は自分の過誤について率直に謝罪すべきだ。これが前職大統領として国民に対してとるべき最低限の礼儀だ。真の謝罪がないのであれば赦免もあり得ない。

진솔하다 真率だ、正直で飾り気がない

Copyright (C) 2004-2020, Rindomukuge Kobo, All Rights Reserved