仮面1

不定期日記 2021年

仮面2

HOME事業者概要韓国語レッスン韓国語学習不定期日記リンクお問い合わせ

1



1日。
今年もよろしくお願いします。
韓国語を学ぶ皆さんと全ての人にとってより良い年になりますように。

ヒョンビンとソン・イェジンが実際に恋人だったとは。愛の着陸……。

1月1日現在受講生数61人。1級18人、2級14人、3級16人、4級6人、5級4人、6級1人、韓作文添削1、ハン検対策1人(個人兼)、会話6人(全員個人兼)、英語1。個人57人、グループ4人。

蒲田韓国語教室の昨年を振り返る。授業数は年間総数が前年比約1割減。月別では1~8月が前年同月比で減、9~12月が同増。年間では前半が後半より多いのがここ数年。新年と新年度を契機に始める人多し。受講生数1月64人、4・5月41人、12月61人。コロナ禍が逆風で韓流と学習者数増加が追い風。只管感謝。

元日だが、ツイッター、ホームページ、事務作業、韓作文添削、夜に息子と英語学習。

2日。逐次と同時の通訳を計1時間半ほど。そのあと散歩を1時間半ほど。疲れた。

3日。仕事始めで午後に1コマ。

4日。事務作業。政府が今秋にも非常事態宣言を出す模様との報道。対面から非対面への移行を最大限追及する第一と対面休止の第二の段階を設け、宣言発令と同時に第一段階に入るとのメールを受講生に送信。嫌韓など家庭の事情で非対面が難しい人もいるので当面は対面継続。

5日。昼から夜まで授業。授業で使うのはソウル大教科書で、上級では『KBSの韓国語ラジオドラマ』『キクタン韓国語上級編』『남영신의한국어용법핸드북』に京郷新聞社説も併用。『핸드북』は類語使い分け本だが、日本の既存書籍と比べて説明が細かく深く面白い。自費翻訳出版を考えて受講生に声掛け中。

6日。昼から夜まで授業。ZOOMを久し振りに使う。対面からオンラインに切り替える受講生が今日は3人。授業の肝である発音チェックは現在、対面と非対面でほとんど違いがない。昨年、新大久保で韓国人に間違えられた受講生と、韓国人の友人と1時間韓国語で話せた受講生はともにオンラインで受講。

7日。昼から夜まで授業。1月から平日の日中の授業数を6コマから5コマへ減らして昼食と夕食の時間を十分に確保した。昼寝と夕方の仮眠の時間を各15-20分確保でき、すっきりした気持ちで授業に臨むことができる。授業の質も幾分向上。前からこうすべきだったが、韓国語学習と同じで、思いついた時が旬!

2級Kさんのメール。「今日はありがとうございました。ようやく2Aの終了が間近になりました。入った頃は音読が苦手で克服したいと思いこちらの教室に来てからまもなく1年です。授業でたっぷりと音読ができるし、家でも先生のアドバイス通りに音読、書く練習、和訳もするようにしています。
苦手だった音読はまだまだ細かいミスの連続ではありますが、1年前よりも確実に良くなったと思います。ゆっくりペースで申し訳ありませんが、引き継ぎよろしくお願いします。」(了)
授業で音読しまくり、自宅では授業の方法をそのまま反復。伸びるはずだ。

9日。朝から夜まで授業。対面授業は明日より当面休止し非対面だけを行う。今週、対面の受講生にオンラインへの転換を勧めて殆どの方が応諾。昨年3月と違う。対面希望の方は再開まで待ってもらうことにしたが他国を見ると長期化の予感。コロナ感染後に完治した人の7-8割に後遺症が残るとの報道に慄然。

10日。
朝から夕方まで授業。朝、左目にゴミが入り、夕方まで取れず痛みが続き涙目になるが、それでも授業継続。スカイプを設定し終えたが本日非対面で授業することを伝え忘れたために来た受講生お一人が帰宅。すみません。

大学で初級終了後に独学を続け、昨年韓国の語学堂の遠隔授業を受けて秋のTOPIKで5級合格したKさんの体験レッスン。新聞社説の音読と和訳。留学未経験上級者の特徴ーー「読む」「書く」が先行し「話す」(と「聞く」)は課題山積ーーを共有。だが発音チェックで改善。受講すれば通じる水準獲得は可能。

体験レッスンで言ったのは、留学や語学堂遠隔受講のように韓国語だけの空間に身を置き韓国語で思考し表現する練習は必要だが、韓国語と母語との相互交通の訓練を並行すること、母語での意味理解の深化が韓国語習得の鍵の一つ。母語能力が外国語能力を規定する。韓国語⇔日本語の翻訳・反訳がお勧め。

大学で初級終了後に独学を続け、昨年韓国の語学堂の遠隔授業を受けて秋のTOPIKで5級合格したKさんの体験レッスン。新聞社説の音読と和訳。留学未経験上級者の特徴ーー「読む」「書く」が先行し「話す」(と「聞く」)は課題山積ーーを共有。だが発音チェックで改善。受講すれば通じる水準獲得は可能。

体験レッスンで言ったのは、留学や語学堂遠隔受講のように韓国語だけの空間に身を置き韓国語で思考し表現する練習は必要だが、韓国語と母語との相互交通の訓練を並行すること、母語での意味理解の深化が韓国語習得の鍵の一つ。母語能力が外国語能力を規定する。韓国語⇔日本語の翻訳・反訳がお勧め。

12日。昼から夜まで授業。遠隔授業の準備が間に合わなかった受講生の対面授業もした。当面これが最後。夜、他教室をネットで調べたら対面を休止したところは少なかった。

13日。昼から夜まで授業。コロナ事態の中での韓国語学習法を受講生に話してもらうオンライン新年会を思いついた。シリーズ化も。

14日。朝、上級授業の準備。3時間かかった。昼から夜まで授業。二人のグループレッスンも初の遠隔で。火水木の怒涛の三日間が終わる。対面から非対面への切り替え授業が結構あって少し緊張したが九割五分無事進行。土日は殆どオンラインなので平常心で臨める。韓国語漬けでご飯食べられて感謝の一言。

散歩しながらPBSニュースアワーのシャドーイング継続。耳の守備範囲が少しずつ広がっていると感じるのは気のせいか。1月6日の米議会流血占拠の関連ニュースがコロナ感染を押さえて連日トップ。米国民主主義の分岐点だったことを肌で知る。「メンタリスト」シーズン3まで進んだ。1日に最低1話は見る。

コロナ考えると憂鬱に。政府の現状把握と対策の中身、庶民の動向、変異ウイルスの多発など現状を考えると第四波・第五波…の到来は必須と言わざるを得ず。とすればワクチン接種あれど遠隔のみか遠隔中心の授業が今年一杯更には来年まで? 韓国語力をためる時期と腹を決めよう。그날이 오면...

子ども食堂に初カンパ。

15日。
事務作業と英語学習。夜、JTBC뉴스룸を聞きながらストレッチと筋トレをして片道30分のスーパーへ買い物。蒲田西口の飲み屋は1件を除き全て閉店。営業直撃で大変だ。途中、ホテルの名前が変わっていた。道が暗い。人と車の往来も少ない。躊躇なくシャドーイング。

発音に関する質問メールが来たので次のように答えた。

 「ㄱ,ㄷ,ㅂ,ㅈが濁る時と濁らない時の見分け方」について申し上げます。

1.ktpの後は濁らない。それ以外の後は濁る。(大原則!)
(1)[ㄱ][ㄷ][ㅂ]のパッチムの後の子音は絶対に濁らない。
(2)[ㄱ][ㄷ][ㅂ]以外のパッチム([ㄴ][ㄹ][ㅁ][ㅇ])、および、パッチム無しは基本的に濁る。
(例:'나 간다.', 살다, 감기, 방지, 사다)
但し、例外がある。

2.(2)の例外

(1)形容詞と動詞の原形で다の前にパッチムㄴ,ㅁがあると다は濁らない。(例:신다, 넘다)

(2)形容詞と動詞の原形で다が濁らないと-고, 지も濁らない。(例:신고[신꼬], 넘지[넘찌])

(3)ㄹパッチムの濁る/濁らない

①ㄹパッチムの後は原則濁る。(例:活発활발[활발]ファルバル)

但し、
②「を」을/를の後の子音は濁らない

③未来連体形(ㄹ/을)の後の子音は濃音化して濁らない。
(例:-ㄹ/을 거예요, -ㄹ/을 것 같아요)

③語尾のうち、未来の意味を持つㄹの後の子音は濁らない。
(例:-ㄹ게요/을게요, ㄹ지/을지)

④一部の漢字語の後の子音は濁らない。
(例:발発の後の子音。발전発展[발쩐], 발달発達[발딸])


(4)合成語(名詞+名詞)で「の」の意味が生じる場合、「の」を意味するㅅパッチム(사이시옷)が発音に反映して濁らない。
(例:물고기[물꼬기]魚=水「の」肉)、(合成語ではないが)이번 주(今週=今度「の」週), 다음 주(来週/次週/翌週=次「の」週))
(※ただし連体形の後は濁る:지난주[지난주])

(5)漢字語のうち、一部の漢字は濁らない。

①법法:헌법, 민법

②권券:여권, 입장권

③격格:성격, 인격, 품격

④점点:관점, 장점, 단점
(但し、連体形の後では濁る:권 선생님이 아름답다는 점[점ジョm]을 감안하면)

⑤가価:정가

⑥건件:사건, 조건

⑦과課:내과, 외과, 신문방송과

⑧적的:미적美的, 성적性的
(적の前の名詞が一字の時。二字以上の場合は濁る:안전적으로[안전저그로]」(了)

16日。
朝から夜まで授業。

17日。
朝から夕方まで授業。先輩世代の3級Kさんは月1の韓国旅行がコロナで断たれた「おかげ」か受講も月1から週1へと密になって音読練習時間の増加と共に発音水準が飛躍的に上昇。ご本人も「昨年末の〇〇大賞関連番組を見て聞き取れる単語が増えた」と。話力と聴力は相即。

福祉の第一線で働く5級Hさんと授業中にコロナ関連談義。現場とご家族の話を聞いて関西も欧米と同様に医療崩壊(壊滅)状態突入済みと認識。今の第三波はいつか下降局面に入るが、第四波…Ω及び別ウイルス増殖は避けられず今後数年の趨勢は感染者・犠牲者増加と確信。去年は人類史の分岐点だったのだ。

過去の不定期日記 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012

2011 2010 2009 2008 2007後半 2007前半 2006 2005 2004

Copyright (C) 2004-2021, Rindomukuge Kobo,, All Rights Reserved