仮面1

不定期日記 2013年

일기

仮面2

HOME事業者概要韓国語レッスン韓国語学習不定期日記リンクお問い合わせ

2013.12.27


25日5レッスン。2級Yさん、3級Iさん、2級Sさん、5級Kさん2級復習、2級Sさん。Sさんから先日の2次会の様子を聞く。そうだったんだ。14年前に留学した時に大変お世話になった方が死去したという知らせを電話で受けた。人生の師匠といえる人だった。残念だ。

26-27日、韓国出張。留学時代にお世話になった方の墓に参る。韓国式で拝礼。友人たちと話す。全部で15時間ぐらいか。映画『攻殻機動隊』でネットにダイブする場面があるがあんな感じ。いい研修になった。アジンモロッソヨ連発。久しぶりの本場のサムギョプサルにチャミスル。旨い。行って正解。

韓国でもメールをチェック。韓国へ急に行くことになったことの連絡をし忘れて、教室まで来てそのまま帰った受講生からお叱りのメールが……。やってしまった……。謝罪。翻訳校正原稿用紙50枚ほどとその半分ほどの2本を請ける。元受講生から受講再開以来のメール。5級途中まで行った人。来月開始。

ということで、今年ももうすぐ終わり。教室は冬休み。皆様、良いお年を。새 해 복 많이 받으세요!

 

2013.12.24


11/24に受けた中国語検定3級は不合格。リスニングが30点。筆記は90点。原因は音読不足。言えれば聞こえる、言えなければ聞こえない。正しい発音と抑揚で反復練習。

私の中国語能力は2級半ば程度。留学時期と2級受講生のレッスンが重なって知覚されるってかんじ。2級半とは韓国語基準。

HPの「受講生にインタビュー」を更新しました。  先日1級から2級に進んだ会社員のTさん。他の韓国語教室との比較も話に出てくる。条件さえ整えば留学しなくても確実に上達する好例。

声が嗄れる 목이 쉬다

18日5レッスン。3級Iさん2級復習16課。別途通学中の翻訳教室が話題に。3級Iさん22課。今日も『レベルアップハングル講座』に関する質問が出た。5級Kさん2級復習26課。フリートーキング15分。だいぶ話せるようになった。2級Sさん30課終了。間接話法。1級Sさん16課終了。

翻訳の仕事が本日最初の授業開始3分前に終わり納品。校正に時間がかかった。翻訳中は他のことが何もできなくなる。

書き言葉+고 하다=間接話法(基本形)。ソウル大2級テキストの28、30課に出てくる。これに3級初めに出てくる勧誘-자と疑問-느냐を足す。この、2級から3級のかけての間接話法が、初級から中級へ上がる際の最大の難関。多くの学習者がここで立ち往生する。逆に、乗り越えれば後は順風。

おんどる新大久保1号店で参鶏湯を食べました。確かに美味しい。シューレ大学の学生3人と一緒。授業の一環なので、食事をしながらフリートーキングもしました。

19日3レッスン。4級Kさん28課。書き言葉突入。間接話法を分かりやすく解説した参考書が殆ど無いと慨嘆。シューレ大学はおんどるでレッスン。1級Oさん初レッスン。ハングルの読み。英語留学経験に加えベトナム語学習2年半の猛者。「日本人の日本語の説明だからとても分かり易い」という感想。

21日6レッスン。1級Mさん、1級Fさん初レッスン、1級Tさん、2級Sさん、1級Kさん、2級Kさん。

22日4レッスン。1級Mさん、1級Sさん、2級Sさん。ワンコイン・フリートーキング。500円で1時間、受講生同士でフリートーキング。8人が参加。4人ずつ2組に分かれて話しまくった。その後、忘年会。16人が参加。谷中時代の元受講生2人も来る。チャミスルを飲みすぎ、後半の記憶無し。

23日3レッスン。1級Fさん、5級Jさん韓国語と英語。

24日2レッスン。1級Uさん28課。2級Tさん1課。学習方法について話に花が咲く。久々に韓国語・英語・中国語の音読それぞれ30分。

 

2013.12.15


9日。アキバのヨドバシカメラでLEDランプ、携帯のバッテリー、Bluetoothのキーボードを買う。そのキーボードで呟いているが、快適。パソコン用と同じ大きさなので持ち運びが不便だが、打ち安さを優先した。バッテリーと一緒に持ち運べば、メールなど大抵のことは済みそう。

ソウル大1級教科書25課に「朝7時に起きて顔を洗います。」という文がある。昨日、キム先生とそれについて話した。深い。何故「ゴ」ではなく「ソ」なのか? 「ゴ」だとどのように韓国人には聞こえるのか? それがよく分かった。見る・読む・聞くなどが何故「ソ」ではなく「コ・ゴ」となるのか?

キーボードだと韓国語が打てない。어, 쓸 수 있네요. 言語をいちいち変えないといけない。日韓混合文を打つ時はパソコンじゃないと厳しい。

10日4レッスン5コマ。2級Wさん15課。5級Jさん韓国語と英語。5級テキスト。『KBSの韓国語ラジオドラマ』終了、『MBCの韓国語ニュース1987-1999年』に入る。ドラマとニュースで万全。1級Uさん27課。1級Tさん、総復習が終わり2級に進む。授業後にインタビュー。

「が」と「は」、「이/가」と「은/는」もまた難しいです。イム・ジョンデ『完全マスターハングル単語』(DHC、2007)には「이/가」と「은/는」の違いに関する説明が省かれているのを見て、ああ、韓国人にとってもこの完全マスターは難題なのだなあと思いました。

11日5レッスン。3級Iさん21課。レベルアップハングル講座に出てくる表現に関する質問へ回答。2級Sさん32課。パンマルだ。5級Kさん2級復習24課。1級Iさん25課。2級Sさん18課。翻訳添削一つ。

12日3レッスン。4級Kさん2級復習26課終了。1回2課進む勘定。-아다/어다が辞典にないといので、探したら朝鮮語辞典の-다가に連用形として載っていた。だが、同時点の記載だけではこの表現の使い方は分からない。シューレ大学1・2級。発音良し。2級Kさん8課、1級復習終了。

多くの韓国人が쥐を지と発音し、そのまま表記することもあるという話など。中国語教室は先生の都合で休講。

中国語学習を通じて日本語も韓国語も中国文化圏と悟る。フィリピン人の知人は英語の生地の中に日本語の具を盛り込み話す。ピジン英語。異なる言語が接触して化学変化し新たな表現が誕生。勿論時と所で違う。それらが幾層にも積み重なって母国語の一部に。クレオール化だ。ことばは歴史のクロワッサン。

中国語を学んでいると韓国語の語彙・表現・文法ととても似ているものにしばしば出会う。もうびっくり。日本と同じように朝鮮でも言葉を中国からたくさんもらって自分のものにしたのだなあと。戦後日本のキャッチアップと同じ。先行者から学ぶ。浅学だがアジアの朝貢と欧州の封建制の批判的検討は必須。

今年1月に本腰入れて始めた中国語学習で得たものは予想以上に大。中国語を学びながら中国語と日本語、中国語と韓国語の関係に没入。言葉の繋がりは国・地域の繋がり。好き嫌いは別にして日本に生きる日本人の私は言葉・思考・文化・歴史が中国、及び、韓国(朝鮮)と密接している。喧嘩しながら共生。

翻訳の依頼が来る。2か月半振り。平穏な時期が終わるのかもしれないという予感。しかし、喰うために請ける。

13日の金曜日レッスンなし。だが翻訳の仕事の依頼が2本。アレアハングル入りの中古ノートパソコン5万円を金先生に先日買ってきてもらって大正解。良かった。昨年購入したが仕事で1回のみ使用のtrados約10万円と合わせ韓国語翻訳の道具はこれで万全。逆に言うと仕事に投資がこれだけ必要。

14日6レッスン。1級Mさん復習。2級Kさん33課。2級Sさん30課。1級Tさん16課。5級FさんⅢ~2。2級Kさん22課。

15日3レッスン。3級Kさん22課。英語グループレッスン。1級Mさん6課。

 

2013.12.8


5日3レッスン。4級Kさん2級復習22課終了。スカイプレッスンがあったが不具合で中止。シューレ大学1・2級。1球Yさん4課終了。順調。中国語学習。

6日3レッスン、体験1。5級Kさん2級復習。『新華字典』第10版をもらう。北京出張の話をフリートーキングで。3級Tさん13課。米焼酎をいただく。5級FさんⅢ-1とミュージカルの歌詞の和訳。新大久保の韓国語教室でハングルの読みを習ったYさんの体験。体験の申し込み来る。ほぼ一杯。

1級から5級まで通学し、現在は別の教室で学んでいる元受講生のOさんから韓国語能力試験6級合格の報告メールが来た。次はハングル検定1級を目指し、これに合格したら直接挨拶に来るという。嬉しい。

7日6レッスン。1級Mさん5課。今日が5回目。他の教室のグループレッスンに1年ほど通っている友達と会って教科書のあるページを読んだら、「それ、私は半年かかって読めるようになった」と言われたそうだ。その教室の先生は留学生のネイティブで、1日4時間あるが2時間は日本語で雑談だそうな。

先生には日本語の学習になるだろう。2級Sさん5課。1級Tさん15課。発音と抑揚が確実に上達している。センスがあるのだろう。1級Kさん25課。先月の韓国旅行で2級教科書を買ってきたという。2級Mさん初授業。以前ダブル担任制で1回だけ授業をした。様々な教室で授業を経験し、「復帰」。

マクドでのカフェレッスンでは話す練習がほとんど無かったそうだ。2級Kさん7課終了。昨年の11・12月は体験も新入生も少なかったが、今年は多い。対応能力の限界に再び近づいている。

8日1レッスン。1級Sさん8課。요体の作り方。体験Fさん。新大久保の某教室でグループレッスンを受けているが、話す練習の時間が少ないこともあり、韓国語能力の向上を図ろうという気持ちでの申し込み。「面白かった」との感想。

韓国語能力試験6級に合格した元受講生Oさん(1級から受講し始め、5級の時には国際電話で韓国のホテルを予約できるようになった人)から許可が出たので、先日もらったメールを以下、掲載する。

「迫田先生

随分ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか?

2007年から個人レッスンを受けていたOです。

覚えていらっしゃいますか?

ちょうど、5級になってまもなく、大震災が起こり先生がご実家に帰られたあと私も数ヶ月間レッスンをお休みしました。

ミリネが新しい教室に引っ越し、暫くした後、レッスンに戻り今日まで金先生にお世話になっています。

まだ迫田先生のレッスンを受けていた時に、能力試験の高級を受けるようになりましたが、実に、2年掛けて今回やっと6級に合格することが出来ました。

初級から教えて頂いた迫田先生と、試験対策を熱心に指導して頂いた金先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

特に、迫田先生には韓国語の基礎と、勉強することの楽しさを教えていただき、途中で諦めることなく、ここまで来る事が出来るまでになった事を思うと、本当に感謝の言葉しかありません。

 

目標だった6級に合格はしましたが、「6級なのに話せない」「6級なのに、この意味も分からないのか」と言われないように、これからも6級らしい6級を目指して勉強を続けようと思います。

次の目標をハンルグ検定1級にしましたので、いつになるか分かりませんが、合格した際には直接ご挨拶とお礼に伺いたいです。

 

迫田先生のレッスンの途中で、時々、「じゃあ、金先生に電話して聞いてみましょう」というスペシャルな練習がありましたが、実は、あの一言にすごく緊張して怖かった記憶があります。

でも、あのスペシャルな練習のおかげで結果的には電話が全く怖くなく、普通に会話できるようになりましたので、お二人には足を向けて眠れませんね。

 

かなり長い期間かかってしまいましたが、こうして6級合格の報告が出来て本当に嬉しいです。

迫田先生に習っていなかったら、多分、初級で終わっていたと思います。

先生の教えでもある、「音読」と「忘れたらまた覚える」は、常に頭の中にあります。

そして、「ハングルマル、チャラシネヨ」に対する「アジッ、モロッソヨ~」は、何十回言ったか分かりません。

そのたびに、迫田先生の顔が浮かび、心の中で「やった!」とVサインしています。

 

これから気持ちを切り替え、ハングル検定の試験まで日々、勉強を続けます。

迫田先生も、私が先生のレッスンをいつまでも忘れていないように、受講生の方の心にいつまでも残る素晴らしいレッスンを続けていってください。

今年もあと僅かになりましたが、お風邪などひかれませんように。

突然のメールで大変失礼しました。覚えていた下さったら嬉しいです。

                           O」

凄く褒めてもらって恐縮。メールをもらい、懐かしくて嬉しく、仕事のやりがいを改めて感じた。

 

2013.12.4


24日。中国語ネイティブの受講生から新華字典第10版をもらうことに。まだ全然そういう実力ではない初級者に中中辞典。おおおお。シェシェニィラ。学習における位置は韓韓辞典とおそらく同じなのだろう。今週英語の和訳を3本。中検受験終わって今夜英語和訳。来週英語通訳。来週末韓国語通訳。精進精進。

26日1レッスン。2級Wさん14課。夜、英語通訳。米国東部の人の講演。原稿は事前に入手していたので滞りなく。質疑応答は修行が足りず逐次はまだ無理なので要約して訳して何とか乗り切る。韓国語でいうと留学終了後の数年間の水準。韓国語レッスンでしている韓⇔日の逐次訳練習と同じ訓練が必要。

27日7レッスン。2級Yさん5課。3級Iさん20課。2級Sさん31課。2級Sさん29課。1級Iさん23課。フリートーキングでは事前準備した「冬のソナタ」に関する会話。語彙と表現は3級の水準。1級Sさん15課終了。5級FさんⅢ-1。ミュージカルの歌詞の和訳も。1日10時間労働。

KBS韓民族放送チーム『KBSの韓国語ラジオドラマ愛情編』(2011、アルク)を仕事の合間に聞いている。中国語学習の反動だろうか。韓国語を聞きたいのだ。発行元のHANAはキクタン(使える。中国語学習で目覚めた)やニュース、アナウンサー読本等学習のツボを押さえた良い仕事をしている。

28日4レッスン。4級Kさん2級復習。シューレ大学1・2級。2級Kさん。2級Kさん。体験Oさん。名前をハングルで書いてもらう。英語・ベトナム語も学習中なので飲み込みが早い。「面白かった」との感想。29日2レッスン。5級Jさん2コマ。ラジオドラマついに終了。5級教科書。英語。

体験レッスン申し込み今日も来て大変。

29日夜、韓国ゲストを空港で出迎えてホテルまで。久々の通訳。30日、12月1日に同行通訳。同時と逐次。同時を1時間ちょっとした後、ナチュラルハイ状態になった。これも久しぶり。2日朝、空港で見送り。今年最後の大仕事が終わりほっとする。

体験レッスンを申し込んだ人が時間になっても来ない。連絡もない。こういうことがたまにある。他の作業をすることにする。

通訳の先輩の仕事を久しぶりに見た。さすがだった。ほぼ100%の変換率だった。事前の準備をしていないとはいえ、私は90%ぐらいだった。一昨日と昨日の仕事でも「권한」の訳が思い浮かばなかった。今日は「평상심」などの訳が出てこなかった。

昨日。息子「お父さんがもし誰かと結婚して、子どもができて育てるようになったら、ぼく、お父さんのことが大嫌いになるけど、どう思っているの?」父「全くその気なし。お父さんは一番好きなてっちゃんがいればそれで十分。逆に、いなくなったら人生終わったのと同じ。それに50代で子育て無理。」

翻訳添削講座の修了生に小説の共同翻訳を提案したところ、相次いで断られている。悪い話ではないと思うが。パルチザンの話だからだろうか?

間接話法は韓国語学習上最大の嵐。「書き言葉+고 하다(듣다)=間接話法」。書き言葉を押さえることが肝要。ソウル大テキスト2級28課文法①と30課②を何度も復習してすらすら口から出るところまでくれば中級は順風満帆のはず。留学で3級の内容が実質白紙だったので以上のことを痛感。

3日4レッスン。2級Sさん30課。2級Sさん18課。1級Uさん27課。1級Tさん総復習。昇給インタビューできると思っていたが、聞き取り問題のシナリオの量が多く、終わらなかったので次回に延期。

3級20課-기에 틀렸다。'(어떤 일이나 사람이) 잘되거나 좋게 될 가망이 없는 상태가 되다.'(뉴에이스국어사전) 「(ある事や人が)上手くいったり良くなったりする見込みがない状態になる」。状態が確定する前の否定的な主観的判断。駄目だ、無理だ、見込みなし。

4級 말도 마。'어떤 사실이 보통의 정도를 벗어남을 상대방에게 강조할 때 쓰는 말.'(뉴에이스국어사전)。「ある事実が普通の程度を逸脱していることを相手に強調する時に使う言葉。」朝鮮語辞典には「口にもするな、さんざんだったよ」とあるが訳はこれに限らずもっと多様になる。

4日3レッスン。3級Iさん20課。『レベルアップハングル講座』に出てくる表現に関する質問を沢山受ける。1級Iさん24課。1級Sさん16課。先日体験レッスンを受けた人から入学希望のメールが届く。

 

2013.11.24


19日3レッスン。2級Wさん13課。1級Uさん26課。1級Tさん30課終了し総復習。次回2級に進む。入門から始めただけに感慨深い。Tさんは週3つ授業がある。会社の研修で通う大手英会話学校と、ファミレスでの知人の個人教授。共に韓国人。前者は니다体限定で後者は요体限定。慣れたそうだ。

ネイティブの授業の様子を聞くと非常に参考になる。同時に、日本語での理解が韓国語能力向上の不可欠の鍵であることも確認できる。母語に、又は、母語を訳せるか。真に理解しているか否かの基準はそこにある。留学など外国語だけの環境ではその基準は意識されない。

聞き取り能力向上が初級中級時に傷ついた自尊心を癒し韓国人との意思疎通に関する自信をもたらす。「できない自分」から「できる自分」への認識の転換だ。だが、母語による検証が欠落したままなので不明部分が予想外に多い。韓国の友人との話も範囲が限られているので応用が利かない。私がそうだった。

英語の授業では中学英語参考書をテキストに使っているが、英訳は特に難しい。しかし、これができて初めて理解できた、あるいはその条件を手に入れたといえるだろう。韓国語も同じ。日本語と韓国語の相互変換。つまり通訳の訓練だ。これが己の韓国語理解の穴を自覚させ、穴埋め作業の必要性を喚起する。

20日4レッスンと体験レッスン。3級Iさん2級復習15課。発音を細かくチェック。だいぶ良くなる。2級Sさん31課。発音チェック。相当良くなる。3級Fさん8課。オーバーラッピングとシャドーイング、ほぼ問題なし。峠を越えて今後はスイスイという感じ。1級Sさん14課終了。体験Sさん。

体験レッスンでは実際の授業の要約を行う。3級Fさんの勉強法。韓国語の独り言を言う。ドラマを見るとき、できるだけ字幕を見ないようにし、またシャドーイングをする。伸びるはずだ。余談だが、ソウル駅のロッテマートの高めのキムチが美味しくてよく買って持って帰るそうだ。貴重な情報だ。

1年ほど授業を受け続けると、日本語を話しているときに韓国語の単語が混じったり、意図しない韓国語が出たりする。先日も이에요を何度も이지요と言い間違える受講生がいた。思ってもいないのに口が勝手に動く。韓国語シナプスがどんどん増殖しているのだ。次第に不随意から随意へ移行する。

ああ、一人で気が楽だ。利潤追求意欲が限りなく透明に近く、雨風に負けても雨露凌げて2合のおまんまを喰えれば良いので。本日も電話で無料体験レッスンの問い合わせが来る。もう対応の余地が永遠のゼロに近し。ありがとうございます。

21日3レッスン。4級Kさん2級復習20課終了。3級Tさん12課終了。シューレ大学1・2級。中国語教室。聞き取り練習。以前よりは聞き取れるようになった。

22日3レッスン。2級Sさん16課。1級Yさん3課。5級FさんⅡ-2。中国語。昨年中検3級過去問リスニング3回分。40-45点。

23日4レッスンと体験1。1級Mさん11課。次回はソン・イルグクへの手紙の添削も。1級Sさん7課。1級Tさん14課。構文良くできる。2級Sさん4課終了。10年間の韓ドラ視聴で耳はすでに3級。聞き取り能力抜群。あとは音読。

体験Hさん。昔ミリネで教えた元受講生。1年半の留学を終えて昨年帰国。6級終了後に研究班も。韓国語関連の就活中。通訳にも関心があり、体験レッスン。通訳者の訓練をする。韓日双方向。予想通り、留学組も歯が立たない。留学したから仕事ができるのではない。仕事のできる力をつける準備ができる。

通訳者の訓練。授業として、こりゃ行ける。

中国語。第81回中国語検定試験3級を受けた。リスニング・筆記共に65点以上で合格。リスニングは一級上の内容を聞いている感じで歯が立たず。おそらく過去問・模擬の平均点40点の前後。音読不足。筆記は過去問・模擬よりもやや易しかった。特に中作文が。70点ぐらいか。で、こりゃ無理だ。嗚呼

 

2013.11.18


15日1レッスン。5級Fさん。「5級が終わったらどうするのか?」と聞いたら「6級に進む」。「6級が終わったらどうするのか?」と尋ねると「勉強を続ける。一生勉強」と。分かりました。

留学について私と同じ考え。中国語達人への道 中国留学で上達する人としない人

先日体験レッスンを受けたTOPIK6級合格者が「ハングル検定の韓国語は綺麗ではない」と言っていたのが気になってしょうがない。そう断言できる根拠は何なのだろうか。そう判定できる域にもう達したのかも気になる。現在通う教室の先生の評価の受け入りだろうか。だとすると本人の今後に良くない。

「ここでは教えることはない」と私が言ったのも良くなかったかもしれない。趣味で学ぶのなら6級合格やハン検1級合格は到達点。だが仕事で使う場合は別で、それらは出発点。通訳・翻訳の技術の学習はここから始まる。「通訳をしたい」と言っていたらこちらの対応は違った。最近それに気づいた。

中国語。中検3級の過去問と参考書を最後の悪あがきで購入。明後日からまた空元気でもがき、あがき、のたうち回ろう。英語。ボランティアの通訳の依頼が知人からあった。その数日後に韓国語の随行通訳。その一週間後にお給金の出るかもしれぬ英語通訳。ぐちゃぐちゃ。

分かった。①能力試験は韓国政府公認。②6級合格者の先生は民団で教えていた。③ハン検は南北両方の表記を容認。結論。北の表現が混じっているから「綺麗ではない」という判断だ。だがその一級は国家試験の通訳案内士試験一次試験の外国語と同等と日本政府が見なし受験免除。金南柱「38線」を想起。

16日4レッスン。1級Mさん、2級Sさん、1級Tさん、1級Kさん。

自営業者に休みなし。17日3レッスン。3級Kさん21課。英語グループレッスン。英訳の復習で英語ではなく韓国語が頭に浮かぶ現象は皆さん共通。1級Mさん3課。息子に電話。外国籍の子らとシーソー等で遊んだそうだ。「国際交流してるね、凄いなあ」と褒めると「だってお父さんの子だもん」。

今週は体験レッスンが3回もある。上級者2人と初級者1人。去年の11月は0回だったのに。6級は通訳コースと翻訳コースに分けて授業をしようと考えている。

昨晩酔っ払って打ったツイートの記憶がございません!

 

2013.11.15


次回の6級勉強会は11月15日(金)21:20-22:20、大田区西蒲田の教室で。

鼻濁音の練習。①ハミング若しくは鼻歌を歌う(口は閉じている)②口を開けてハミング若しくは鼻歌を続ける。この時、鼻腔を鳴らして音を出していることを確認する。③鼻腔を鳴らしながら、が行を発音する。「ンガ、ンギ、ング、ンゲ、ンゴ」。これがㅇㅇ(イウンイウン。例:책상이)の鼻濁音。

留学を終えた元受講生から通訳の訓練に関する授業の問い合わせがきた。用意はできている。

昨日今日と体験レッスンの申し込みが来た。

12日4レッスン。5級Jさん、ラジオドラマ最終話後半と5級教科書Ⅲ-3。ラジオドラマを学習してドラマのセリフがよく聞こえるようになったという。成果だ。いい教材だ。1級Uさん26課。1級Tさん30課。先日、韓国語の夢を見たという。周りの人間は韓国語を話していたらしい。飛躍の兆しだ。

13日7レッスン。2級Yさん4課。発音が良くなっている。3級Iさん19課。2級Sさん31課。英語レッスンを受けてみたいとのこと。5級Kさん2級復習20課。韓国語で中国の話。2級Sさん28課。間接話法の基礎、書き言葉に入る。2級Sさん16課。上手。4級Tさん19課。只管音読と和訳。

中国語学習。一昨日参考書の中検3級模擬試験をしたら聞き取り40点筆記70点。本番はともに65点以上で合格。聞き取りは語彙と聞き込みの不足が主因。今日ラジオ講座入門編CDを聞いたら以前より聞き取れる範囲が広がっていた。嬉しい。音読の成果が少しはあったか。でも受験は動機づけになった。

「빌리다」と「빌려 주다」が出てくる課が苦手というKさんの質問メールに回答した。「おっしゃる通り、反復練習を続けるのが一番の対策です。おそらく、빌리다と빌려주다がこんがらがるのだと思います。すっと入る課となかなか入らない課があります。私もそうでした。原因は蓄積の度合いです。私は今、中国語を勉強していますが、ドラマも映画もほとんど見ていないため、聞き取りは壊滅状態です。しかし、教室や自宅で勉強した分だけ、文字を見るとわかります。口にした分だけ頭に入り、口も動きます。音読練習を続けてください。」

『東方神起4』を聞きながら事務作業。東方神起を教えてくれた元受講生のOさんは今も学習を続けているだろうか。1級から受講して5級まで続け、韓国旅行の際はいつも国際電話でホテルを予約している、そうできるようになって嬉しいと喜んでいたOさんのインタビューを思い出した。

14日3レッスン。4級Kさん2級復習18課終了。韓国の企業に関する修士論文を書き終えたとの話。シューレ大学1、2級。韓国料理屋で行う特別授業について話す。受講生に教えてもらったおいしい店で舌鼓を打ちながら韓国での注文とフリートーキングを行う予定。2級Kさん6課終了。1級復習も。

先日の授業で鼻濁音がなかなかできないでいたが、練習してできるようになりつつある受講生と話になった。学習歴を改めて聞くと、最初、生徒数20人ほどの某大学の社会人向け講座に通った。その後、別の教室を経て、2級終盤でここでの受講を始めた、という。最初の最初がとても大切なことを再確認。

正しい発音を初期に身につけられるかどうか。これが大きな分かれ目になる。他の教室から移ってきた受講生の大半は鼻濁音ができずナ行で発音する。これでは韓国人に通じない。①「ㄴをㅇで」②「ㅇをㅇとㄴの中間若しくはㄴで」発音するのだ。癖は修正が難しい。留学で6級時の私もまさにそうだった。

数回しか聞いていないのに、『東方神起4』の最後の曲に懐かしさが込み上げてくる。

ジョージ・ハリスンのベストを聞きながら事務作業。

 

2013.11.10


2日6レッスン。1級Mさん10課。2級K2さん32課のパンマル。2級Sさん3課。1級Tさん12課。1級Kさん24課。2級Sさん14課。教室が講師2人体制になった。授業に出席し部分的に担当する現場研修を暫く実施。その感想は「皆さん上手い。エネルギー一杯。」同感。今日から雇用者。嗚呼

4日1レッスン。教室に通ったことはなく独学で勉強した1級Mさん初授業。ハングルの読みから入るが読めるので早速会話編の1課に入る。連音化が分かっていた。テレビの講座を見て覚えたという。終了後に感想を聞く。「くたびれた。こんなに話したことがないから。でも、一人だとこれほど読めない。」

授業の受講方法と料金を改定した。グループレッスンは受けやすくなったと思う。

6日5レッスン。3級Iさん17課。5級Kさん2級復習19課。2級Sさん27課。1級Sさん14課。4級Tさん16課。

7日3レッスン。4級Kさん2級復習16課終了。3級Iさん2級復習14課。シューレ大学。学生の書いた論文を先日読み、その感想を言う。

3年前の2010年11月に金先生と根岸に教室を構えた後、翌年311事故の後にダブル担任制の受講を申し込んだMさんから、蒲田教室への受講希望のDMが来た。同時に311以後のDMも読み直した。시월애イルマーレのような気分。そうか。韓国語を学ぶ人たちに支えられている事を再確認。感謝。

教室=作業部屋=工房は文京区千駄木→台東区谷中→同区根岸→大田区蒲田と教室は4度引っ越した。諸事情があって東京の東部から南部へと。いろんな人と出会ったなあ。りんどうむくげ工房を始めて10年。それは、延べ2百人近くの受講生の皆さんに励まされ、元気をもらった10年だった。고맙습니다.

8日1レッスン。5級FさんⅡ-1。

夜9時過ぎに元受講生(6級)のTさんと1時間の学習会。月2回。今日は初日。私が言う日本語をTさんが韓訳。通訳の訓練。上級者ならでは。最後にフリートーキング。私も6級なので参加料はコピー代実費。今日は100円。6級の上級者で希望する方はどうぞご参加を。中国語教室通い。聞き取り難解。

9日6レッスン。1級Mさん。2級Kさん32課。2級Sさん13課。1級Tさん。2級Sさん15課。1級Yさん2課。

10日1レッスン。1級Mさん2課。韓国語発音の三つの山(①ㅇㅇとイウンが続いたらガ行の鼻濁音、②ㅗとㅜは口を突き出しタコ口で、③ㅓは指2本分縦に開ける「オ」)について学ぶ。発音が滑らか。連音かについても練習。新講師の富永有隣の紹介をホームページに上げた。

 

2013.11.1


29日4レッスン。5級Jさん、韓国語と英語の2レッスン。ラジオドラマ最終課に入る。5級テキストⅢ-3。英語はテキストの3分の1ほど終了。1級Uさん26課。1級Tさん30課。後半、日韓の文化の違いについて話になった。食文化や対人関係など。

翻訳添削講座の元受講生が金先生に感想を送ってきた。私は和訳添削を担当。感想文の一部を以下引用する。

「2年間、本当にお世話になり、ありがとうございました。/現在はフリーランスとして韓国の翻訳会社数社に登録して、韓国語→日本語の翻訳や監修の仕事をさせていただけるようになりました。/これもご指導のお陰と感謝しております。/今後も仕事の幅を広げていければと考えており、もし可能であれば、翻訳の仕事の探し方などについてアドバイスをいただければ幸いに存じます。/今後とも何卒よろしくお願いいたします。」

この感想に次のように返信した。

「プロとして活躍されていらっしゃるとのこと、よかったです。/私もうれしいです。/助言といえるか怪しいですが、Aさんとおそらく同じ方法で私も仕事を探しました。/ご存知かもしれませんが、2年前、『通訳者・翻訳者になる本』に載っている、韓国語も扱っている会社に履歴書を送り反応を見ました。それで新たな翻訳会社を開拓できました。/2014年版が最新です。英語が主ですが翻訳技術など参考になる情報が載っています。/次に、これは探す方法ではありませんが、箔をつけるために翻訳書を出すのも有効です。共訳でも本を出していれば説得力が生まれます。翻訳作業自体が勉強になりますし。/翻訳添削の課題としても取り上げた(仁寺洞の展示会の話)、朝鮮戦争時のパルチザンの伝記を最低自費出版で出す計画を持っています。自費出版になった場合、費用は自己負担ですが、興味があったら連絡してください。」

翻訳添削講座で技術を磨き、プロで活躍する人が生まれた。本当にうれしい知らせだ。

翻訳添削講座の元受講生で、提出文が優秀だったので模範訳に採用したYさんから訳本に関するDMをもらった。次のように返信した。

ご無沙汰しております。安載城『李鉉相伝』という、朝鮮戦争時のパルチザン闘争を指導した人の一生を描いた伝記小説です。著者本人から翻訳の許可を得て早7年。多忙ゆえ未着手です。内容は相当偏っていますが、Yさんが乗ってくれるなら、あと2-3人に声をかけて翻訳委員会形式で始動します。

翻訳の仕方は翻訳添削式を考えています。つまり、○章は誰々というように原本の担当部分を各人に割り振るのではなく、全員に訳してもらい、その中で優れた訳を私が再構成して「模範訳」を積み重ねていくというやり方です。こうすると、訳者全員の知恵と技を集め、翻訳添削にもなるというわけです。

出版社にも持ち掛けますが、このご時世で難しいでしょうから、500部出すとして、自費出版を引き受ける出版社から出すか(約50万円)、裏表紙にタグをつけて(約2万円)体裁を整えたうえで文字通りの自費出版(20万円前後?)で出すことになります。それでも出版は出版で立派な実績です。

共訳者名はアイウエオ順に並列します。(中略)出版費用を共訳者の人数で割って負担します。翻訳料の代わりに共訳本を数十部ずつ各々が受け取り、それを売って自己負担分を軽減する――という算段です。訳者が4人いれば一人10万弱の負担で、翻訳を楽しみ、共訳本出版という実績を手に入れられます。

30日6レッスン。3級Iさん、2級教科書復習10課終了。別途通っている翻訳教室の話を興味深く聞いた。グループレッスンは難しいものだ。3級Iさん16課。5級Kさん2級復習16課終了。2級Sさん26課。1級Sさん13課。4級Tさん14課。

31日。4レッスン。3級Kさん2級復習14課終了。3級Tさん12課。フリートーキングで、先日友人と2人で行った韓国旅行の話を約30分ほぼ一方的に話す。韓国語が溢れ出る。友人が購入した衣服の値段を巡り店員と喧嘩をしたそうだ。おお。ネイティブと喧嘩できる水準。感動。2級Kさん6課。

翻訳添削の申し込みが来る。アプリ製作の営業メールが来る。

11月1日。今日、事務所の改装。掃除。数日前届いていたネット注文のつっかえ棒と昨日買ったカーテンを設置。数日前に注文したメタルラックとダイニングセットが届く。後者は設置し前者は時間切れで放置。明日はまた一つの転換点。

この間、自分の給与水準を改めて知った。1授業75分3300円だが15分休憩必須なので実質90分3300円。従って主軸の韓国語授業は時給2200円。しかし、メールのやり取りや無料体験レッスン、受講生の質問への回答や5・6級だと事前の準備が1時間は必要なので、実質時給1.5千円程。

先々月と先月は資金繰りでも頭を抱えた。受講料を15回分一辺にもらっているので月毎に収入の波が激しい。低空飛行の個人事業主の現実。だが食えるだけの収入確保を第一条件、同じ学習者の受講生ができるだけ経済的及び効率的に学べることを第二条件に教室を運営してきて間違ってなかった。悔い無し。

先日中国語教室に行った帰りに翻訳の話になった。翻訳は孤独で、授業の方がいいと意見一致。何故か。話せるから。発語が人間にとっていかに重要か。言葉、言葉、言葉。ハムレットの言う通り。良いは悪いで悪いは良い。新聞に出る事件はほとんどこれ。倫理崩壊。マクベスの三人の魔女たちの言う通り。

 

2013.10.28


先日体験レッスンを受けたそのAさんの体験レッスンでの話。音読中心に練習を続けていたが話すのが苦手で先生からも「말하기がよくない」と指摘されていた。しかし丸2年目の昨年秋に突然「神が降りてきた」。それから溢れるように口から言葉が出るように。体験レッスンでもㄴㅁㅇの区別は課題有りだが喋りが止まらなかった。

22日3レッスン。2級Wさん13課。2級Sさん14課。1級Tさん30課だが、「韓国人は日本人をどう見ているのか?」という話を最後まで。

23日7レッスン。2級Yさん3課終了。3級Iさん14課。1級Tさん。1級Iさん11課。3級Fさん7課。1級Sさん12課。4級Tさん11課。

24日5レッスン。4級Kさん2級復習。1級Sさん7課。発音良し。目の前でヨン様を見た話。シューレ大学1・2級。2級Kさん6課。映画『ファイ』を見るためにだけ先日一人で韓国旅行。旅費3万円。安い。5級FさんⅠ-3。「5級教科書は難しい」ので「毎日勉強している」と。上達するはずだ。

韓国語学習が階段状に上達する瞬間は下方から見た風呂と同じだ。水を入れているのにどれだけ溜まっているか分からない。随分時間をかけたのに、溜まった実感が無い。それが、ある日突然、あふれ出す。そして、止まらない。蛇口から水が出るように韓国語の音読練習を(正しい発音で)続ければ、量が質に転化する。

25日から28日まで台湾旅行。現地の知人達と交流。出国時に空港内の書店で『キクタン中国語初級編 中検4級レベル』を買い台北のホテルで音読。単語力が聞き取り能力を規定。新聞記事の水準の中国語の文章を要約して和訳する作業も約3時間何とかできた。頗る荒いが読める。韓国語学習と同じ喜び。

ハングルが読めるようになった時に誰もが得る感動体験を中国語でも味わえて嬉しい。CD等でネイティブの発音の物まねを心掛け、日本語母語者講師の下で文法や単語のニュアンスなど内容をしっかり母語で理解し、音読を兎に角反復する方法を中国語で試し検証しているが、今回の旅行で手応えがあった。

台湾では「半沢直樹」が大人気だった。また、マッサージ店に行って足裏と肩及び背中を揉んでもらったが、痛くて気持ち良かった。食事は値段が手頃で美味しかった。牛肉そばが印象的だった。コンビニのお菓子コーナーには日本製商品があふれていた。ベビースターラーメンを久しぶりに買って食べた。

ホテルの部屋のケーブルテレビを見ると、韓流ドラマが多かった。DVD販売店に行くと、台湾・香港の映画・ドラマ、ハリウッド映画、韓国の映画・ドラマがそれぞれ三分の一ずつだった。台湾でも韓流が人気だ。中国語の映画とドラマを字幕無しで観れるようになることが当面の目標だ。早くそうなりたい。

 

2013.10.21


14日、英語通訳。15日2レッスン。2級Wさん12課。1級Tさん30課。Kさんに勧められた司馬遼太郎『街道を行く 二』(朝日新聞社、1972年)読了。白村江が群山だったとは。

16日3レッスン。2級Sさん30課終了。2級Sさん25課。パク・シフの催しについて話になる。2級Sさん13課。フリートーキングで田中正造が話題に。能力試験6級合格者から体験レッスン申し込み。「中国語の文法」第10課終了。

17日2レッスン。3級Tさん11課。上手くなっている。聞くと、練習しているそうだ。オーバーラッピングもシャドーイングも問題なし。シューレ大学1・2級。安田浩一や小熊英二が話題に。18日2レッスン。4級Kさん2級復習。司馬遼太郎の話。1級Mさん9課。ソン・イルグクのファンミの話。

19日5レッスンと体験1。2級Kさん21課。5級FさんⅠ-3課。先週末に손승원の舞台を観に釜山に行って来た話。3級Kさん20課。読みが上達。練習の成果。1級Tさん10課。日付をすらすらと。6級Tさん。次回から授業ではなく勉強会に転換。体験レッスンMさん。11月から1級の授業開始。

侯孝賢監督の台湾映画DVD『好男好女』を日本語字幕で観た。Wikipediaの解説は間違っている。ネットで検索し、この監督が『悲情城市』を撮ったことを知った。そうだったんだ。

21日1レッスン。1級Uさん26課。Aさん体験レッスン。昨年韓国語能力試験6級合格。体験レッスンしたが、相当勉強していて高い水準。私が教えることはない。ミリネ韓国語教室を推薦する。

 

2013.10.13


5日6レッスンと体験1。1級Mさん、ファンレターの添削。2級Uさん31課。2級Sさん2課。1級Tさん8課。発音が抜群に良い。5級Fさん1単元1課終了。ミュージカル俳優ソン・スンウォン손승원の話で盛り上がる。2級Kさん5課。体験Yさん、韓国の映画とドラマに夢中。受講決定。

日曜も仕事。6日2レッスン。3級Kさん19課終了。予習できなかったそうだがいつもと同じ進み具合。英語グループレッスン。授業開始前、受講生から「もうだめ」「単語が頭に入らない」など消極的発言続出だったが、日本語を英語に変える復習では結構できる。灯台下暗し。theは그だ、などの説明。

午後、英語の通訳。発言台本を事前にもらい、単語を研究社の新英和辞典で調べた。緊張して昨夜は眠れず、単語調べと中国語学習をしてようやく床に就いた。そして今日の本番。発言は台本通りに進んだが、最後にアドリブが入り北海道の雪景色に突入。2度聞き返して意訳。数年前の英検準1級水準継続か。

最近の中国語学習。リスニング問題を移動中に聞く。聞き取り率は最初がほぼ0%で今約10%。原因は音読量の不足。自分の発音が体に染み込んでいない音は聞こえない。正しい発音で音読を重ねる。中国語も韓国語も英語も上達のコツは同じだ。中国語学習を通じて韓国語授業の方法を検証。通学は必要だ。

シューレ大学の授業は週1回50分。教室と比べゆっくりだが復習の回数は。故に発音と抑揚が正確。ヒントがここに。中国語参考書。手を品を変えて音読50回前後。英語研修で前例有り。音読と暗唱が語学の王道か? 一日で教科書丸暗記講座はどうか。1文50回。しかし受講生は耐えられるか。駄目か。

黒白波を嗜みつつ昔の息子の音声を聞きながら他者の視線を前提に思い付きを呟く。暗唱に効果があるかどうかは中検の結果を見て判断。今の心証は「ある」。だが物証が必要。金のかからぬ自己研修を実行中というわけだ。自分で経験したことは確信をもって言える。2年間の留学経験は色々な意味で原点。

飲酒で思い付きが次々に。だが翌日忘れる。(文体がツイッター向きに変わっていることに今気が付く)嗚呼、新しい講座案が浮上。思い付きは大切。あえて「アイデア」とは言わない。外来語より漢語・和語、漢語より和語やまとことばを、が信条。「やまと」とは何かを思いつつ。昔の古田武彦支持者より。

でも、事業を拡大するにしても、金先生と同じ水準の先生を求めることはほとんど無理、という点がつらい。結局、人なので。

中国語を学ぶのは中国語の新聞を読みたいから。韓国語学習の動機ーー韓国語の新聞を読みたいからーーと同じ。結局、新聞。ネットは断片。断片なのは情報と判断。これは致命的。故に媒体は紙とネットが並行。ネットのみ人間の思考様式を見よ。彼らは活字中毒人間に当面勝てない。おそらく21世紀中は。

先日息子と同じ場所で『はだしのゲン』を読む。至福の時。松江教育委員会の件も彼は知っていた。彼はゲンのファンだ。その質問に私なりに答えた。親子の会話。やりとりしているよ。満足。後は仕事。10年間、韓国語を教えつつ学んできたが悔い無し。今後も学習者視線・低料金・高品質で行こう。

【訂正の上再掲】韓国語スタッフ(当面土曜のみ勤務。場合により日曜・平日夜に拡大)を募集します。講師・翻訳・教材作成等韓国語に関する仕事全般。時給千二百―千五百円。但し試用期間有り。労働基準法遵守。正社員登用有り。学歴・母語不問。教える意欲と日本語能力重視。トライアルと面接で採用。

酒飲んで打つと指が滑る。残った焼酎は捨てた。自重自重。

7日1レッスン。1級Sさん4課。韓国の史劇ドラマの話に。8日4レッスン。2級Wさん11課。2級Sさん12課。1級Uさん25課。1級Tさん29課。韓国語スタッフ募集に応募1通。受講生から勧められた司馬遼太郎『韓のくに紀行』に当たる『街道をゆく 二』(朝日新聞社、1972)を借りる。

9日7レッスン。2級Yさん、3級Iさん、2級Sさん、5級Kさん2級復習、2級Sさん、1級Sさん、4級Tさん韓国語能力試験対策。10日3レッスン。4級Kさん2級復習、3級Iさん2級復習、シューレ大学1・2級。

中国語教室。聞き取り練習は全滅に近い。語彙不足が原因、と先生の指摘。マジャヨ。韓国語の授業で日頃言っている「音読中心の練習」が有効か否かの検証も兼ねた中国語の勉強。効果は感じる。しかし練習回数がまだ少ないのだろう。階段状の飛躍、量から質への転換が起きるのはいつの日か。

11日1レッスン。1級Yさん初レッスン、ハングルの読み。独学でかなり習得している。次回から会話編に入る。

12日3レッスンと体験1。2級Kさん30課終了。次回パンマル。1級Kさん23課。フリートーキングでミュージカルの話。1級Tさん9課。過去形を習ったのでフリートーキングが弾む。体験レッスンSさん。学習歴3年。民団の教室を経て現在別の教室に通っている。会話をもっとできるようになりたいと思い、体験レッスンを申し込んだそうだ。

13日1レッスン。2級Sさん3課。「単語や文法がなかなか頭に入らない」と言いつつ、韓訳の復習すなわち暗唱はほとんど正解。

 

2013.10.4


17日3レッスン。2級Wさん9課。1級Uさん25課。1級Tさん29課。ノリャンジン市場の話に。留学中に韓国人の友人と一緒にヒラメの刺身と鍋を食べたなあ。おかずはたんまり出て、焼酎をしこたま飲んで、全部で一人三千円くらいだったなあ。こんな生活が毎日で体壊したなあ。自業自得だなあ。

15回受講して英語学習のため一時休止する1級Iさんのメールを紹介する。

「今年の5月から4ヶ月間、本当にお世話になりました。

以前にも、何度か韓国語を勉強しようと思った時期がありましたが、手つかずの状態でした。先生の教室のサイトを偶然発見し、色々なページを見るたびに、「この教室なら韓国語が上手くなれそうだ」と思いました。

この4ヶ月で、カナダラから始めて第11課まで終わりましたが、韓国語の発音は韓国人の友人たちから、よく誉められるようになりました。韓国語という言語を学び始めたと同時に、韓国の政治経済や文化、日韓関係など、今まで以上に興味を持って見れるようになりました。

また、韓国への興味の幅が広まったので、友人たちとの会話にも深みが生まれました。

そして、発音から文法に至るまで、本当に細かくご指導いただきました。中でも音読できる機会の多さは、国内の韓国語教室でも稀だと思います。

迫田先生から教えていただいたことが、今の私の韓国語の基礎になっています。

少しの間、英語の方に浮気してきますが(笑)、韓国語の勉強は続けていきます。ソウル大学のテキストもありますし、NHKテレビやラジオのハングル講座もあるので、韓国の友人たちに訊きながら、戻ってくる日まで予習と復習を進めたいと思います。

先生には本当にお世話になりました。

感謝の念に堪えません。」

18日7レッスン。3級Iさん2級復習。3級Iさん10課。最高水準の発音と抑揚に吃驚。米留学経験が効く。2級Sさん11課。音読35回を己に課す成果。1級Tさん6課終了。上級到達の予感。6級Kさん2級復習。初中級侮る上級者に未来なし。1級Sさん10課。年月日に苦悶。1級Iさん11課。

19日3レッスン。4級Kさん2級復習。韓国企業研究と大学研究者の水準について話になる。3級Tさん9課終了。オーバーラッピングとシャドーイングがほぼ完璧。受講歴7-8年目の最古参の受講生。グループレッスンから現在個人授業。韓国渡航歴は私より10年以上長く深い。シューレ大学1・2級。

翻訳関連の仕事がここの所途切れなく来る。出し手も請け手も働きが過多。日韓関係の如何とは相対的に別の、韓国での日本企業の経済活動が活発な証拠。先日、夜9時過ぎに送信したら、翻訳会社の担当者から夜11時過ぎに返信が返ってきた。働きすぎ。好きな仕事ならまだしも、嫌いだったら地獄。

久しぶりに中国語教室。問題集をやって全滅だった聞き取り問題のヒントをもらう。①音をなぞってピンインで書く。②そのピンインを見て意味を考える。学習者の先輩からの至極貴重な助言だ。教室に通って良かった。先生は日本語母語者で授業料も安いしね。結局営業。ここと同じということ。

22日。息子の運動会を見に行った。その前後に『はだしのゲン』全7巻を読んだ。圧倒された。ゲンを紹介してくれた息子も同じ部屋で夢中になって読み返していた。親子で漫画。

23日。秋分の日で巷は休みなのに10時間労働。翻訳(和訳)と翻訳校正。ふと聞いたNHK-FMでプログレ特集に涙。クリムゾンやピンク・フロイドに高校の時はまった。睡眠導入音楽として聞くとどきどきしてかえって寝付けなかったことを思い出す。四人囃子の「一触即発」を初めて聞いたが、上手かった。

24日。昨日に続いて翻訳校正を終了し納品。だが休めない。別の翻訳校正が待っている。退職を認めないブラック企業とは状況は違うが、逃げられない点は同じ。しかし請ける請けないの決定は自分がしているので自業自得。クラッシュでも聞くか。いやビートルズか? ジャズか。大好きなヴィブラフォンの。

25日。朝8:45の体験レッスンから夜21:15までレッスン。その後翻訳添削2本を納品して23:06。中身は違うが労働時間だけ見るとブラックだ。今日もまたミスをする。ご予約をいただいていたのに、確認ミスで外出し、授業ができなかった。なんという失態。こういう場合は次回授業は無料にしている。

26日3レッスン。3級Kさん2級復習。1級Sさん。シューレ大学。

27日1レッスン。5級Kさん2級復習。28日6レッスン。1級Mさん、ファンレターの添削。次回も。2級Kさん。2級Sさん。1級Tさん。1級Kさん。授業が終わってミュージカルへ直行。3級Hさん。中国語学習進まず。

29日夜久しぶりに韓国映画をDVDで見た。イ・ビョンホン主演の『バンジージャンプする』。留学した時に授業で先生と観た思い出の作品だ。これまで20回ぐらい観ただろうか。イ・ビョンホンの目がいい。観ながら涙が込み上げてきた。

1レッスン。2級Kさん。上手い。

30日1レッスン。1級Uさん。

10月1日2レッスン共に2級。Wさん10課。Sさん11課終了。

2日4レッスン。3級Iさん12課。1級Iさん21課。5級Kさん2級復習13課。4級Tさん6課。TOPIK対策2回目。本文と文法例文の音読と和訳。『中国語の文法基本例文暗唱ドリル』音読練習。図書館で借りた韓国歌謡を聞く。

3日2レッスン。4級Kさん2級復習。3級Tさん10課終了。オーバーラッピングもシャドーイングも上手い。これだけできれば文句なし。中国語教室。

4日。中国語学習。今年7月9日以降中止していた受講生募集を再開することにした。

 

2013.9.16


11日6レッスン。3級Iさん8課。1級Iさん20課。5級Kさん2級教科書6課、2級Sさん22課。2級Kさん4課。1級Iさん11課。中検3級問題集の長文読解に突入。正答率50-60%。注文した小学館中日辞典が届いたので取りに行く。先生お勧めの辞書なので大枚はたく。

息子の要望に応えて今話題の「はだしのゲン」(中公文庫)全7巻も買う。私は小学生の時に少年ジャンプに連載されていたが興味がなく、ほとんど読まなかった。図書館には全巻ではなく途中の巻まであるらしく、息子はそれを読んでファンになったという。どんな内容か、何が問題になったのか、興味津々。

12日1レッスン。1級Sさん5課。個人レッスンが、上達が一番早い。13日レッスンなし。翻訳の仕事3本請ける。今週はブッキングに休講の連絡し忘れと重大過失が2回発生。受講生に多大な迷惑をかけた。仕事過多で情報を「コントロールできていない」。業務委託をマジで考える。

仕事過多と言いながらレッスンがないのをいいことに中検3級問題集に没頭。日頃受講生に言っている学習のコツが今度は自分の胸に突き刺さる。全ては音読。音読が足りないから聞き取り能力に絶望的な限界の壁。聞いても聞いても聞き取れない。留学の頃を思い出す。もがいてもがいて毎日暗い気持だった。

14日5レッスン。1級Mさん9課。2級Kさん30課と1級復習。4級Fさんスカイプ総復習終了し5級へ。上級、おめでとうございます! 5級教科書に入る。1級Tさんスカイプ5課終了。1日おきに3-4時間勉強しているとのこと。その成果が分かる。1級Kさん22課。スカイプ授業は現在3人。

15日2級Kさん20課。朝5時起きで韓訳復習の練習をしてきたという。100%近い正答率。前日金先生や受講生の皆さんと飲み、その酒が残っていたが、滞りなく授業を進める。

16日、台風が日本列島を通過する中、朝から翻訳作業。東京の雨風は思ったほど強くない。

翻訳作業終了し納品。時給換算2千円。レッスンより割がよくないが、最低賃金より随分まし。原文の内容が好きなわけではないが好きな韓国語の仕事をしているのだから恵まれている方だ。仕事しながら技術向上も図れるわけだし。これから翻訳校正の仕事を開始。まず原文を読み込み、一次訳の到着を待つ。

 

2013.9.10


28日6レッスン。2級Yさん1課。3級Iさん6課。2級Sさん20課終了。2級K4課。2級Sさん9課。1級Iさん10課。翻訳校正の仕事が来たので請ける。原稿用紙50枚ほど。

29日2レッスン。2級Kさん1級28課終了。6級Tさん、ラジオドラマと5級テキスト。次回から韓訳訓練も。良い教材有り。2レッスンと中国語授業がキャンセル。時間ができ、他の仕事に着手。翻訳の手伝いを翻訳添削受講生に打診したが駄目だったので自分ですることに。予想より量少なく行けそう。

30日1レッスン。1級Sさん総復習が終わる。1級を修了して2級に進む。「以前に比べると随分読めるようになった」と確認。翻訳校正の作業を継続。

31日6レッスン。1級Mさん8課。2級Kさん30課。1級復習も。1級Mさん8課。1級Tさん3課。1級Kさん21課。フリートーキングでミュージカルの話。のめり込みすぎて、「誰か私を止めて」状態だとか。4級Fさん総復習。次回5級=上級に進む。練習の積み重ねで音読力が著しく向上。

1日3級Kさん18課終了。

2日英語通訳。原稿のある講演は問題なく質疑応答も何とか乗り切る。翻訳校正納品。

3日2レッスン共に1級。Uさん24課。Tさん28課。

4日4レッスン。3級Iさん7課。1級Iさん18課。2級Sさん21課。1級Sさん9課終了。1級Iさん来訪。暑気払い。色々話す。

6日1レッスン。2級Sさん9課。和訳。時給1500円ぐらい。元受講生のOさんが翻訳添削に申込み。

7日4.5レッスン。1級Mさん9課。1級Tさん4課。3級Hさん9課。2級Kさん4課と1級復習。翻訳納品。

8日2レッスン。2級Sさん1課。3級Kさん19課。一昨日息子と30分弱通話。電話の最長記録。昼休みも放課後も読書三昧。将来への不安にかられる彼に日本語能力研磨と手に職の助言。

10日5レッスン6コマ。2級Wさん8課。2級Sさん10課。5級Jさん、韓国語はラジオドラマ(あと4回ぐらいでポラムちゃん家が終わる! その後は『MBCの韓国語ニュース』の予定)と5級テキスト。そして英語。1級Uさん24課。1級Tさん28課。翻訳の直しと翻訳校正の納品。疲労。

中国語学習。先日買った馬驊『よく出る中国語検定3級問題集』(ナツメ社、2008)を解く。前回リスニングをしたが、まるで駄目。発音もほぼダメ。文法(空欄補充と並べ替え)は大体できた。教室で習った内容がそのまま反映。長文読解と中国語訳は今後。音読練習が課題なのは明白。

 

2013.8.27


英→日の訳、約1600字が2時間かかる。ボランティア。勉強になる。ほかに、超大量の韓→日の訳の問い合わせ。まだ決定ではない。一人では無理かも。どうすべか?

一週間の盆休み終了。17日6レッスン。1級Mさん7課。1級Sさん30課終了。次回総復習。1級Tさん、ハングルの読みが終わり1課。1級Kさん20課。2級Sさん6課。4級FさN35課終了。次回は残していた25課。フリートーキングではミュージカルの話。貴重な情報。

19日1レッスン。1級Sさん7課。

20日4レッスン5コマ。2級Wさん7課。5級Jさん、ラジオドラマ、5級教科書、英語レッスン。1級Uさん、音読の復習。その後17-23課の本文の韓訳練習をしたところ、ほぼ言えた。音が頭に浮かんでくるという。これぞ反復練習の成果だ。1級Tさん27課。本教室とは別に3人の韓国人と学習。

今朝の東京新聞「発言」欄の大西さんの投稿より。「①母国語以上に英語(外国語)が上達することはなく、国語力を磨くために良質な本を多く読んでください。②歴史、特に近代史や政治情勢に関心を持つことは国際人として大変重要なことです。③時には参考書を置き、異世代、異国の人々との触れ合いの時間を持ってください。(中略)④遊び心が疑問を生み出して、勉強の必要性を駆り立てることもあります。(中略)⑤国語、歴史、数学、英語と科目こそ分かれていますが、根っこの部分は繋がっています。」

大西さんの意見に全面的に賛成。韓国語を生業にしようと考えているすべての人に読んでもらいたい内容だ。自分に教養があるといえる水準ではとてもないが、日本語能力が決定的鍵なのは仕事で痛感。近現代史と政治情勢への関心は韓国人との付き合いで不可欠。若い頃の乱読と無茶な経験が今役立っている。

21日4レッスン。5級Kさん研究関連資料の音読及び添削と2級2課。3級Fさん6課。読みがうまくなっている。訊くと、音読を積み重ねているそうだ。2級Kさん3課。1級Iさん9課終了。発音が良い。だから聞き取り能力も高い。「話す」と「聞く」は結びついている。音読すれば聞き取れる。

22日3レッスン。5級Kさん1級テキスト。3級Tさん。2級Sさん。中国語学習。留学がもたらす正負の効果を改めて考える。結論。留学しなくても上級になれる。只管音読。

23日1レッスン。3級Iさん2級教科書復習。発音に重点。日本語母語者にとって難しい「ㄹ」や「ㅂ니다」の発音を修正。気を付けると正確にできる。印象が全く違う。この練習を重ねて癖になることを目指す。大量の翻訳校正を昨日請ける。資料を印刷し、今朝内容を確認した。作業に取り掛かる。

翻訳の単価がまた下がった。機械翻訳全面発動!

前日夜、翻訳の仕事。大量で先が見えない不安で眠れず、いったん入った布団から出て机に向かう。そのあと、高電社HPの中国語検定過去問WEBの無料会員で過去問に挑戦。音が出ず、リスニングはできなかったので定かではないが、4級は行けそうで、3級は落ちそう。勉強になった。

24日6レッスン。1級Mさん8課。2級Sさん27課。1級Tさん2課。3級Hさん2コマ、9課。マイケル・リーの『ジーザス』を見て感動した話。4級Fさん25課ほぼ終了。総復習10課途中まで。すらすら読める。少なくとも留学時代の4級修了前後の私よりはずっと上手い。音読練習の成果だ。拍手

25日、英語のフリートーキング。中国語検定3級問題集を買う。難しい。分かる部分もあるが半分以下。現段階で合格は無理。猛勉強が必要。

25-27日。翻訳校正作業終了後納品。ハングル10万字以上を読んで表作成し字を入れ込んで更に校正。この一週間新聞もろくに読めなかった。時間が一色に塗り潰される感じ。小心者ゆえ問題意識が集中し、他のことが考えられなくなるのだ。

 

2013.8.9


4日3レッスン。1級Mさん6級。1級Kさん18課。韓国ドラマを見て聞き取れる単語量が増え、上達を実感でき楽しい、と。2級Kさん2課。韓国ドラマを見て聞き取れる単語量が少なく、悔しくて学習の動機づけができた、と。フリートーキングではなかなか口が動かない、と。続ければ上達します。

액체방울液滴、포상泡状、현탁懸濁、변이원성変異原性、표적장기독성標的臓器毒性、운선[暈渲]ぼかし。翻訳中。ストレス溜まりまくり。夜行性になり、夜食が多くなって健康にも悪い。昔は飲酒だったが今は過食だ。まだ途中。機械翻訳を使って(今回相性良し)4時間強の作業で原稿用紙16枚分。

訳出が終わり、原文と訳文を印刷して本日の作業完了。紙で校正して納品。5時間半で1万6千円弱の計算。まだ残りがある。気が抜けないので新聞も読めない。今回も勉強になった、と前向きに総括。しかし「液滴」とか「標的臓器毒性」とか、今後二度と使わない予感が。締めはお茶。過食せずに済んだ。

원위의 불꽃円上の炎。6日、翻訳作業を終え、納品。無数の未知の単語たちと出会い勉強になったが、そのほとんどには今後二度とお目にかかれないだろう。5レッスン。2級Wさん6課終了。5級Jさん、ラジオドラマ7話(全9話)、5級A教科書Ⅲ-1、及び英語。力がついている。1級Sさん4課。

1級Tさん26課終了。会社の派遣で某大手英会話学校の韓国語教室にも通学。その話を聞く。授業料はうちの4倍。講師は韓国人で日替り。이/가と은/는、-아서/어서と-고の違いを質問したら「よく使うこちらを使って」と指示。内容説明なし。これで全て了解。万事斯く様。方法と理念に天を仰ぐ。

7日6レッスン。1級Yさん総復習。次回から2級。3級Iさん5課。2級Sさん30課。間接話法の基礎。これが理解できるかどうかが3級以降の行方を左右するので細かく学習。2級Sさん20課。1級Sさん6課。1級Iさん9課。留学の話になる。

翻訳の依頼が2本あった。こういう日もたまにある。が、他の仕事で一杯なので両方とも断る。

8日4レッスン。4級Kさん1.5コマ。1級教科書と韓作文のチェック。1級Sさん4課と初のフリートーキング。2級Kさん3課と1級復習。6級Tさんラジオドラマと5級テキスト。仕事で字幕翻訳やファンミでの通訳の経験あり。韓国ドラマの字幕も出来不出来があるなどの話になる。なぜこの教室に?

9日1レッスン。3級Iさん2級復習。発音を細かく修正。前回授業より大分良くなっている。翻訳添削2本。じっくりやると時間がかかるがしょうがない。背筋を伸ばして受講生に対するのが礼儀。ボランティアで映画の字幕翻訳。英→日。何とかできる。

夕刊広告の台湾映画「あの頃、君を追いかけた(那些年,我们一起追的女孩)」。簡体字。嗚呼。11字中10字が普通话だが読める。勉強してきてよかった。

 

2013.8.3


7月20日。学者・弁護士・市民が集う国際会議で補助のボランティア通訳を6日間。実質、英語研修。教室では英語の授業もしているので必要と思い、やってみた。が、辞書片手に四苦八苦。米国人は早口の人が多くて聞き取り真っ白状態。日頃の学習の積み重ねが大切と痛感。でも経験してよかった。ああ、留学したい。

21日2レッスン。1級Sさん29課終了。1級Kさん17課終了。

22日休み。

23日3レッスン4コマ。5級Jさん、ラジオドラマと5級テキスト。そして英語レッスン。1級Uさん23課。先日のハン検5級に合格。おめでとうございます。1級Tさん26課。英語と中国語の勉強を再開。

24日6レッスン。1級Yさん総復習。3級Iさん3課。引用文は難しい。2級Sさん29課。2級Sさん18課。1級Sさん初レッスン、3課まで進む。ずっとしゃべりっぱなしで疲れたそうだ。直に慣れる。1級Iさん、いろいろな話になる。実力が正当に評価されない構造的問題など話題は多岐に渡った。

25日5レッスン。谷中に教室を開いていた時期の元受講生である3級Iさんのスカイプ初レッスン。2級教科書で発音チェック中心に復習。1級Sさん4課。3級Tさん7課。2級Kさん2課と1級の復習。4級Fさん32課終了。受講生募集していないのに体験レッスン申し込み電話が来た。中国語教室も。

26日3.5コマ。2級Kさん1.5コマ、1級テキスト。6級Kさん1級復習。1級Mさん5課終了。中級者・上級者でも1級テキストの内容をすべて習得しきっている人は非常に少ない。ㅅパッチムの絡む連音化や6の発音、月日や数字、ㄹ脱落する動詞・形容詞の未来連体形、英語の現在完了形の表現等。

30日1レッスン。1級Uさん23課。体験レッスンTさん。

31日6レッスン。1級Sさん30課。3級Iさん4課。2級Sさん30課。2級Sさん19課。6級Kさん1級テキスト終了。1級Sさん5課。夜、受講生のIさんと沖縄料理屋で飲む。翻訳の仕事が来たので請ける。

8月1日レッスンなし。中国語学習。今秋中検を受けようと思うが何級を目指すべきかと先生に聞いたら「3級」と言われた。「もしかして将来中国語を教えようと思っているのか?」との問いに「滅相もない。中国語の新聞が読めるようになりたいだけ」と返事。

2日1.5レッスン。2級Kさん1級教科書。

3日5レッスン。3級Kさん17課終了。英語Kさん、Sさん。Fさんが終了間際に来るハプニング。日程だけ確認。2級Kさん30課と1級の復習。2級Sさん26課終了。1級Tさんスカイプで初レッスン。ハングルの読み。

今日付で受講生数37人。1級16,2級9、3級7、4級2、5級2、6級1。

 

2013.7.14


11日6.5レッスン。1級Kさん1.5コマ。1級Kさん。3級Tさん。シューレ大学1・2級。2級Kさん、1級復習も。6級Tさん、ラジオドラマと5級テキスト。

13日5レッスン。1級Mさん4課終了。6級Jさん、ラジオドラマ。2級Kさん28課終了。1級復習も。3級Kさん16課終了。1級Sさん29課。フリートーキングでは韓国旅行について話す。

14日、休み。帰宅後、頭が少し痛い。軽い熱中症か。夕食を取って水分を大量に補給したら治まった。

先日会った時に息子は「大きくなったら大物になりたい」「京都大学に入りたい」と言っていた。確かにあそこの学食は安くて味もまあまあだ。国公立だったらどこでもいいぞお。「生きて行くのって大変?」という質問もあった。また、前々回会った時は、「2年の時は楽しくなくてフリースクールに行こうかと思ったけど、3年の今は楽しい。一緒に図書室に行こうと言ってくれる友達がいる」と言った。昨年度は悪ガキがいて辛かったようだ。2階から飛び降りようかと思ったことがあるとも言っていた。

翻訳校正の仕事を仕上げて納品。4万字弱。労働時間約10時間で約4万円だから時給4千円。非正規職労働者2千万人時代に日本が入った現時点で恵まれている方。20年程前に3個100円の即席ラーメンを朝昼晩喰って凌いだ日を思い出す。受講生の皆さんと、突然発注する取引先に感謝。

 

2013.7.10


29日4レッスン、体験1。1級Mさん2課。2級Kさん28課と1級教科書の復習。発見が沢山あったようだ。4級Fさん31課終了。2級Kさん18課。体験レッスンTさん、スカイプで。韓国語に興味を持ったのはドラマがきっかけ。韓国語の構造を説明し、名前の韓国語表記を確認。

川魚민물고기。

30日2レッスン。1級Mさん3課。昨日今日と2日連続。1級Sさん29課。フリートーキングでは中級水準の表現がどんどん出る。事前準備の成果。

1日。今日は休み。英語と中国語の音読練習を久しぶりにする。元受講生からスカイプの授業の申し込みが来る。先月スカイプの体験レッスンをしたTさんが来月から授業を始めることになった。

2日5レッスン。2級W5課終了。2級Sさん28課。1級の復習もする。いろいろ発見があり重要。1級Sさん3課終了。東方神起コンサートの話を聞く。1級Uさん23課。1級Tさん25課。

3日6レッスン。3級Iさん2課。1級Iさん16課。口を動かすのがためになっているそうだ。2級Sさん16課。2級Sさん6課。2級Kさん初レッスン、1課。1級の復習もする。1級Iさん7課。熱心に勉強を進めている成果が発音と抑揚に出ている。

4日3レッスン。1級Kさん12課終了。定年退職されて現在は某大学で韓国語講座を受けつつ、韓国企業の研究も行っている強者。1級Sさん3課。仕事が忙しく予習復習する時間がないのでじっくり進めている。個人レッスンだと受講生の事情に合わせて速度を調整できる。利益率最少やりがい最大で納得。

数日前に受講生からNHKラジオテキストの内容について質問された。即答できない問題もあった。私自身の能力不足、或いは。応用編は中級相当のはずなのに試験対策のためか上級水準の出題がここ最近目立っている。ネイティブ信仰(って、分かります?)など担当PDの水準の反映だおそらく。結局人だ。

Japan Timesを電車内で読み、不明語所々にあるが大意は掴む。中学英語がここで生きる。あと文法書。文法の重要性再確認。聞く流すだけでいい? ならNHK講座CDがより経済的。石川遼が米国で言った。野次は聞き取れないから気にならないと。奴とスポンサーの現実。その程度だったのだ。

5日、翻訳校正の仕事が来たので請ける。

5-7日、息子と遊ぶ。一番幸せな時間。

8日、受講生数が満員になったので、受講生募集をしばらくの間中止することにした。

9日3レッスン4コマ。2級Wさん6課。5級Jさん、ラジオドラマと5級テキスト。続いて英語も。1級Tさん26課。会社の研修で某英会話学校の韓国語コースに入り、レベルチェックを受けたところ発音が良いと褒められらそうだ。日頃の努力の賜物だ。

10日7レッスン。1級Yさん30課終了し総復習へ。2級Sさん28課終了。1級の復習も。6級Kさん、1級教科書27課。2級Sさん17課。1級Iさん17課。2級Sさん7課。最初は聞き取れなかった歌謡曲「J에게」が昨日聞き取れたそうだ。やったあ。1級Iさん8課。四方山話に花が咲く。

ああ、酒飲んでまた偉そうに呟いてしまった。赤面。

 

2013.6.28


15日2レッスン、体験レッスン1。1級Sさん28課。2級Kさん27課。1級教科書の復習もした。音読と和訳だ。発音で直した箇所が結構あった。1級教科書は侮れない。体験レッスンMさん、来週から早速開始。

16-17日の丸二日間、久しぶりの通訳。同時と逐次。慣れた内容なので問題なく終了。通訳は場数と体力だ。日頃の授業が事前準備になっている。口がすぐ動くのだ。

18日3レッスン。2級Kさん4課。覚えた韓国語の歌を歌ってチェック。正確だ。すごい。1級Uさん22課終了。1級Tさん25課。

19日6レッスン。1級Sさん2課。少しずつ話せるようになっている。3級Iさん1課。1・2級教科書終えて基礎力強化。2級Sさん28課。1級の復習も開始。2級Sさん15課。ソ・ジソプのファンミの話。1級Iさん14課。数字は誰もが苦手だが、要は回数の積み重ね。1級Iさん5課終了。例の話で盛り上がる。おお

20日2レッスン。1級Kさん8課。日本経済の話。シューレ大学1、2級。学生が一人、体験授業。自分の名前を書いてもらう。中国語の勉強。まとまった文章を読んで発音と抑揚を先生に直してもらう。

21日2レッスン。6級Kさん1級教科書22課。4級Fさん30課終了。ミュージカルと演劇の話。

授業で教えてもらった헤드윅の조승우をユーチューブで見る。かっこいい。

授業数が飽和状態に達しつつあるのでネット広告を一時停止にした。

22日5レッスン。夜、出張し迎え。

23日、他の韓国語教室の先生と一緒に通訳。同時と逐次。慣れた領域なので問題なく進行。

24日、感想会と送り。短い時間だが息子に会う。眼鏡を掛けていてびっくり。「2年の時は学校が楽しくなくてフリースクールに行こうと思っていたけど、3年の今は楽しい」。公園でサッカー、家では人生ゲームで一緒に遊び、中華料理を腹いっぱい食べる。子供の成長は早い。

カルグッス(韓国あさり出汁うどん)。カムジャタン(じゃがいもとスペアリブのピリ辛鍋)。福岡県北九州市にあるトングラミ韓国語教室のビラより。

25日3レッスン4コマ。

26日4コマ。1級Yさん30課。3級Fさん5課。音読がスラスラ。練習の成果。2級Sさん5課、歌を空で歌う。1級Iさん6課終了。歌を空で歌う。みなさんすごい。

27日3レッスン。1級Kさん10課終了。日付の数字は難しいので集中練習。3級Tさん6課。韓訳復習もばっちり。シューレ大学1・2級。韓訳復習を久しぶりに行う。中国語教室。日→中の練習。すっかり忘れていた文法と表現を思い出す。「おしゃべり」は絮搭xudaシュイダ。え? 수다の語源?

28日2レッスン。1級Hさん17課終了。ㅅパッチムがらみの様々な音の変化の例が出てくる、発音の面で非常に重要な課。못 해요, 못 만나요, 못 와요, 못 읽어요。何と読む? これが全部できて、日付も正確に言えれば1級修了。1級を侮る者は1級に泣く。6級Kさん1級24課終了。

これも1級17課の話題だが、誘いを断る時、'미안하지만 안 가요.'と'미안하지만 못 가요.'のどちらが正しいか、というのも重要。

 

2013.6.14


9日付で教室の受講生が34人(1級13人、2級8人、3級6人、4級2人、5級1人、6級4人)。先月より4人増えた。それに英語が4人。ありがとうございます。

11日3レッスン4コマ。2級Wさん3課終了。フリートーキングで8分ぐらいほぼ一方的に途切れずに話す。びっくり。しかし本人はいたって冷静。週1の授業で開始から9か月目だが、ここまで話せるようになるとは。5級Jさん。韓国語はラジオドラマと5級テキスト。それに英語。1級Uさん22課。

久しぶりに翻訳の仕事を請ける。韓国語表現のニュアンスの違いを解説するという変わった内容。いろいろ調べて納品。

12日6レッスン。1級Yさん29課。3級Iさん2級教科書総復習。次回から3級教科書。2級Sさん、最重要の28課に突入。3級Tさん5課。今日から個人レッスンへ転換。フリートーキングで15分間話し続ける。上達している。2級Sさん4課。1級Iさん5課。呟けない内容で終盤盛り上がる。

13日5レッスン。1級Kさん6課終了。1級Hさん17課終了。シューレ大学1・2級。1級Sさん3課。1級Tさん24課。フリートーキングでは約10分ほぼ一人でずっと話したので、驚いた。上達している。何事も積み重ねだ。中国語教室での学習は日本語の文章を中国語に訳し音読する練習。

14日1レッスン。6級Kさん1級教科書19課終了。最初に研究内容のレジュメA4で3枚を音読し、発音チェック。内容は6級を越え研究班も越えている。教科書の音読の後、フリートーキングで韓国ドラマの内容を約10分間説明。よく分かった。どうしてここに来ているの?という感じ。

 

2013.6.9


2日2レッスン。1級Sさん28課。英語グループレッスンSさん、Kさん、Fさん。単語や文法の説明は次週を前提とし、とにかく音読していくのでどんどん進む。約500頁のうち117頁まで終わった。中学英語も日本語を英語に直す訓練はかなり難しい。逆に言うと、これができれば相当話せるはず。

先月沖縄旅行に行ってきた息子が「手作り工房ひで房」で色付けをした漆喰シーサーを先日贈ってくれた。宝物。教室に飾っている。後ろに城南信用金庫の人形貯金箱。小銭を貯めてゆうちょに入金。ええっ!?

4日2レッスン、すべて1級。Uさん22課。先日受けたハングル検定5級の答え合わせをしたら合格点。ソウル大のテキストを使っていると耳が慣れるので聞き取り問題は高得点になる。Tさん24課。職場の研修で韓国人講師の個人レッスンも受けることにしたという。会社が受講料の殆どを負担。いいな。

5日3レッスン。3級Iさん2級教科書最終課の33課。2級Sさん14課。フリートーキングで韓国旅行。日本人観光客がとても少なかったそう。1級Iさん4課。IさんはNHKのテレビ・ラジオ講座の視聴、韓国人の友人による発音チェック、韓国MBCニュースも見て勉強。英語中国語も達者。凄い。

코마 상태 昏睡状態

6日3レッスン。1級Kさん初授業。3課まで進む。話す練習に特化。1級Iさん13課。フリートーキングをすると話す水準が中級。シューレ大学1・2級。みんな読める読める。音読練習の蓄積が花開くという証拠を目の当たりにする。

8日6レッスン。今日は多かった。2級Sさん3課。6級Tさん、ラジオドラマと5級教科書Ⅰ-2。4級Fさん29課終了。ブログ「ソウルの夜明け前」を教えてもらう。2級Kさん初レッスン、1級復習と26課終了。学習方法などについて話す。

1級Kさん14課。先日の韓国旅行では2度も「韓国に住んでいるのか?」と発音をほめられたそうだ。まだ1級の前半なのに。良いテキストと適切な学習方法(只管音読)を組み合わせれば通じる段階を越えて韓国人に褒められる水準の発音に到達できるという証拠だ、と再確認。2級Kさん17課終了。

 

2013.6.1


23日、2レッスン。シューレ大学1、2級。聞き取り問題とその台本の和訳練習もすいすい出来る。1級Iさん、ハングルの読みが終わり1課に入る。呑み込みが早く、すぐ修正がきく。

24日、6月の通訳の件で関西に出張。

ホームページの「受講生にインタビュー」を更新。今週1級から2級に進んだSさんにこれまでの授業の感想などを聞いた。 Sさんはフランス語と英語の元教師。退職された今も英語を子どもたちに教えている。やはり音読の効果は大きいようだ。

25日3レッスン4コマと体験1。1級Sさん28課。3級Hさん2コマ、7課。2級Kさん17課。体験レッスンKさん、いくつか教室を回って自分に合ったところを探しているそうだ。

26日1レッスンと体験1。1級Kさん13課。体験Sさん「面白かった」。

27日1レッスン。1級Sさん2課。芸能界の話になる。

28日3レッスン4コマ。2級Wさん2課終了。5級Jさん、ラジオドラマと5級AのⅡ-2、及び英語。音読と英訳練習。1級Tさん23課。

29日4レッスンと体験1。3級Iさん2級教科書32課。もうすぐ3級教科書。2級Sさん27課。1級Iさん12課。6級Kさん1級教科書18課。フリートーキングで専門分野の話。構文ができている。体験レッスンKさん、サムスンの話になる。来週から授業開始。

30日5レッスン。1級Sさん1課。1級Hさん16課終了。シューレ大学1級14課、2級3課。2級Sさん2課。1級Iさんスカイプ3課。発音と抑揚が格段に良くなっている。音読の成果。中国語教室、日本語の文を中国語に訳す練習。

ミュージカル『華麗なる休暇』東京公演を見た。京浜東北線が遅れたせいで最初の数十分が見れず、しかも1階5列目真ん中の指定席券を買ったのに途中入場が制限されて3階自由席に追いやられたのはすべてケーセッキJR東日本の責任でテンパったが、舞台の演技も歌も内容も素晴らしかった。

31日1レッスン。FさんとTさんのグループレッスン3級5級終了。韓国語学習の初級から上級に至る過程での最大の峠といえる伝聞の難しいところだが、正解までたどり着ける力がある。すごいことだ。諸事情により今後はそれぞれ個人レッスンをすることになった。唯一のグループレッスンが無くなる。

6月1日2レッスン。6級Jさん、ラジオドラマと4級教科書25課終了。4級Fさん28課終了。フリートーキングは先日韓国で観たミュージカルの話を15分間。着実に話せるようになっている。ツェッペリンの「アイム・ゴンナ・リーブ・ユー」が胸に沁みる。

 

2013.5.22


13日1レッスン、の予定だったが1級Sさんの話が面白く、そのまま終了。よって授業扱いとせず。一人でやっているからできる丼勘定。話は東方神起で、分裂過程やメンバー個々人、ファンのあり方。さらに韓流と日韓の歴史問題等々。勉強になった。

14日3レッスンと英語1レッスン。1級Wさん、総復習が終わり、1級修了。次回から2級だ。元受講生で2年ぶりに再開した5級Jさん韓国語と英語の初レッスン。韓国語はラジオドラマとソウル大5級A。和訳即ち母語での確認に重点を置いて授業を進めることにした。ニュースが聞き取れることが目標。

ラジオドラマが終わったら、『MBCの韓国語ニュース』シリーズ2冊を使うことにした。英語の個人レッスンは教室で初めて。進め方は韓国語の授業と同じ。60分以上声に出して読みの練習だ。1級Tさん22課。仕事で韓国人ゲストと話し、発音を褒められたそうだ。学習方法や留学について話になった。

15日5レッスン。3級Iさん2級教科書29課。2級Sさん13課。パク・シフの不起訴の話。6級Kさん1級教科書12課。フリートーキングでは結構話せるので1級教科書でいいか確認したところ「いい」という答え。1級Sさん総復習。次回で1級修了。1級Iさん二重母音が終わる。呑み込みが早い。

16日3レッスン。1級Hさん15課終了。2級Sさん26課。シューレ大学1、2級。中国語教室で自己紹介の仕方を習う。

17日1レッスン。4級Fさん27課終了。ミュージカルについてフリートーキング。

21日4レッスン。Wさん2級に進級しての初レッスン。1課。1級Sさん総復習が終わり1級修了。次回から2級だ。進級記念インタビューをした。いろいろいいことを話してもらった。近日中にホームページに掲載する予定。1級Uさん22課。1級Tさん23課。フリートーキングの重要性を再確認。

22日4レッスン。1級Yさん29課。3級Iさん2級教科書31課。6級Kさん1級教科書15課。6級Tさん初授業、ラジオドラマと5級A。ずっと韓国語で授業を進めたので疲れた。だが、仕事ではほとんど使わない外見の描写の表現が満載で、勉強になった。粒訳をやっておいてよかった。

 

2013.5.12


10日2レッスン。6級Kさん1級教科書。数字の読み方など、上級者でも間違う表現が1級テキストにある。こういう穴を埋めていく作業が大切だ。3級Fさん、Tさん4課。間接話法をじっくり学んでいる。お二人とも正答率が高い。

11日4レッスン。1級Sさん27課。授業の最後に10分間フリートーキング。話す内容を事前に準備。調べた難しい単語を沢山盛り込んで話す。これは勉強になる。

6級Jさん。ラジオドラマと4級テキスト。映画『南営洞(ナミョンドン)1985』の話になる。

3級Kさん13課終了。学習方法について聞かれたので、ソウル大テキストの復習を繰り返すのが一番効果的で、時間の余裕があればNHKハングル講座の学習を組み合わせるともっといい、と答える。

1級Kさん12課。NHKテレビ講座の中で、1年間学習した人の韓国語がなぜ通じないのかについて質問。録画を見ながら、音韻変化が上手くできていないと指摘。「すっきりした」とKさん。

一昨日初レッスンをしたIさんから感想のメールをいただいたので引用する。

「昨晩の初レッスンですが、大変楽しく学習することができました。今まで、英語と中国語を学習してきましたが、初めの基礎と発音が一番大切だと思い、昨晩は集中して発音していました。(中略)/今、韓国に留学しようとしている人がいたら、留学を止めて迫田先生とのマンツーマンレッスンを勧めると思います。」

ありがとうございます。

12日、レッスンなし。

 

2013.5.9


3日憲法記念の日に6レッスン。1級Sさんハングルの読みが終わる。次回から会話編。1級Kさん11課。発音がめちゃめちゃ良い。1級Sさん27課、耳が既に2級の域。6級Kさん1級教科書6課。「話す」に重点。2級Kさん16課。スカイプで。6級Tさん、ラジオドラマ、韓国語読本、新聞記事。

4-6日、息子と遊ぶ。昨年度読書量が校内3位だったと。オセロ、将棋、動物園、踊り叫びながらポケモントレッタ。カードゲームのカード数十枚とポケモントレッタ数十個を買い取るところに持って行って、かなり換金できると期待していたが、総額60円に衝撃をうけていた。帰り際は涙ぐんでいた。

8日4レッスン。1級Yさん28課終了。3級Iさん2級教科書28課。2級Sさん12課終了。1級Uさん21課。フリートーキングでは連休をどう過ごしたか。2級教科書より。파랗다, 하얗다, 노랗다, 까맣다, 빨갛다の요体は? 答:파래요, 하얘요, 노래요, 까매요, 빨개요。

9日5レッスン。6級Tさん、ラジオドラマ、随筆。2級Sさん初レッスン、26課。シューレ大学1・2級。みな上手い。4級Fさんスカイプ、26課。ミュージカルの話。1級Iさん初レッスン、ハングルの読み。Iさんは英語と中国語ができ、現在1日3-4時間韓国語を勉強。飲み込みが早い。

中国語教室で使役と受け身を学習。

本日初レッスンのIさんは米国に留学経験があり、仕事で中国に2年間滞在し、実力は2級。すごい。やはりいるのだ、こういう人が。

 

2013.5.1


26日1レッスン。6級Tさん。ラジオドラマ、韓国語読本。フリートーキングではピが歌手になるまでについて。面白い。体験レッスン1。研究者のKさん。読めるが話せないので受けてみたとのこと。体験は面白かったとの感想。昨日体験レッスンをしたBさんともども5月から授業開始。

一昨日体験レッスンを受けたIさんが来月から受講することになった。

先日体験レッスンをした6級のTさんから受講開始の連絡があった。芸能関係で仕事として通訳・翻訳もしている。体験ではフリートーキングもしたが、発音・抑揚ともに私より韓国人っぽかった。もっといい教室がありますよ、と言うわけにも商売上いかず、引き受ける。正直、不安で一杯。

27日2レッスン。1級Sさん26課。英語のグループレッスン。6級のTさんが体験で加わり、受講生数が限界の4人。私が日本語を言ってそれを英語に直す英訳の練習が、中学英語でもかなり難しい。逆に言えば、これができると会話ができる。韓国語と一緒。

27日夜、近くの韓国料理屋で懇親会。参加者10人。楽しい飲み会になった。学んでいる人は素敵だ。輝いているものね。マッコルリとチャミスルを飲んで、帰宅後も受講生から頂いたマッコルリと沖縄の酒を飲み、しこたま酔った。まだ頭が痛い。

29日1レッスン。4級Fさん26課。フリートーキングではミュージカルの話。『風月主』などの話になる。話を聞くと見たくなる。

30日4レッスン、全て1級。Wさん30課が終わり総復習に入る。Sさん30課。Uさん21課。Tさん22課。

5月1日1レッスン。2級Sさん11課終了。フリートーキングではパク・シフの話。先週土曜の懇親会が非常に楽しかったので、ちょくちょくしてほしいとご要望。いたしましょう。次は暑気払い。一人当たり2000円ちょっとで済んで安かったし。

 

2013.4.25


授業の予習や試験で韓国語を読み続けているうちに迷子状態になったら、日本語に訳してみる。全文でもいいし、要約、もしくは鍵になる単語の羅列でもいい。するとどんな内容なのか見えてくる。困った時は和訳する。

23日4レッスン、すべて1級。Wさん30課。Sさん29課。Uさん21課。Tさん22課。昨年1月に教室を再開して以降受講を始めた皆さんの進級が次第に近づいてきた。感慨深い。ほとんどの受講生がドラマを見たり音楽を聴いているので、耳の出来がすごくいい。

韓訳チェックの依頼があり、請けて即納品。

24日3レッスン。1級Yさん28課。3級Iさん2級教科書26課。NHKラジオのきむふな先生のレベルアップハングル講座のテキストに関する質問。答えつつ、私見を述べる。2級Sさん11課。フリートーキングでパク・シフ氏の話になる。

25日2レッスン、体験レッスン2。シューレ大学1・2級。学生たちの質問が鋭い。発音良し。1級Sさん2課。授業開始時と終了時では発音と抑揚が随分違う。1時間以上声に出すので格段に良くなるのだ。まだ数回目なので上達がはっきり分かる。

体験レッスンIさん。スカイプ。ご自身の名前をハングルで書いてもらう。開始時間の間違いや途中で通信が途切れるなどトラブルだらけで反省。最後に放射能汚染の話が出た。聞きたかったが次の体験レッスンがあったので十分に聞けなかった。

体験レッスンBさん。他の教室での体験を最初に聞く。教える側の「仕打ち」の数々に驚く。ひどかった。授業中に講師が日本語で雑談をする時間が多いとか、質問に的確に回答できないだけでなく開き直るなどの例を聞いたことはあったが、それ以上だった。勿論多言無用。

中国語教室で習う。レストランでの会話の形式でこれまでの復習。老师が「行けますね」だって。おだてるのがうまい。不行。 비행기 태우지 마세요.

民主党元衆議院議員の今野東氏が4月24日に間質性肺炎のため仙台市青葉区の病院で死去した、というニュースを知り、驚いた。数年前に国会衆議院会館で難民問題に関する会合があって通訳の仕事をしたが、その時の司会が氏だった。ご冥福を祈る。

 

2013.4.21


18日2レッスン、体験1。1級Hさん14課。シューレ大学1級復習、2級2課。発音と抑揚共に良い。留学時の私より上手い。体験レッスンは学習歴8年のJさん。3級で耳は4級。中国語受講。把構文。

19日1レッスン。3級FさんとTさん4課。オーバーラッピングもシャドーイングも遅れない。凄!

21日1レッスン。1級Kさん10課。粒訳の材料作り、韓国語読本の和訳、日本語のデータ打ち、中国語の学習。昨夜留守電をいただいた方から、夜、受講希望のメールをいただく。

 

2013.4.17


15日2レッスン。1級Sさん、ハングルの読みを終えて1課に入る。4級Fさん、24課終了。昼間、ホームページの作業、6級韓国語読本の和訳。

受講生のJさんに教えてもらった韓国ミュージカル「華麗なる休暇」を観に行くことにした。5月31日18:30.6月1日13:00,17:30、ティアラこうとう大ホール。指定席4,500円、自由席3,500円。謳い文句は「韓国5・18光州民衆抗争 光州に散った 悲しい初恋の記憶」

済州島四・三事件65周年追悼の集い(4月24日18:20、日暮里サニーホール)も受講生のJさんに教えてもらい、行くことにした。済州神房(シャーマン)の民俗クッもあり、混声合唱で韓国の歌である「朝露」「眠らざる南の島」を聞ける。高橋哲哉さんの講演もある。

16日3レッスン、みなさん1級。Wさん30課、最終課だ。Sさん28課。Tさん21課。「〜と言いました」は「-라고 했어요」。これで会話を説明できる。

昨夜、体験レッスン申し込みメールが来る。教室に通った結果、辞書があれば論文を正確に読めるようにはなったが、話す練習は棚上げしてきたので会話が全くできないという研究者。事情はよく分かった。解決策は只管音読。

17日3レッスン。3級Iさん2級テキスト25課。発音と抑揚が非常に良い。英語ができるからだろう。日本語にない子音と母音に慣れているのだ。6級Tさん、ラジオドラマ、韓国語読本、新聞記事、フリートーキングは비の話。2級Sさん10課。翻訳添削を1本仕上げる。体験レッスン申し込みが来た。

 

2013.4.15


10日6レッスン。3級Iさん2級教科書26課。NHKラジオ講座応用編に関する質問に答える。6級Tさん、ラジオドラマ、韓国語読本、新聞記事。2級Sさん9課。パク・シフの話になる。1級Kさん9課。1級Uさん20課。構文がきちんとできている。1級Sさん、ハングルの読みで濃音と二重母音。

①끈は物を縛るのに主に使用する、紙・布・革・ビニールなどで作った細長いもの。노は麻・糸・紙などを撚って細長く続くように作ったもの。노끈は노からなる끈。(ニューエース国語辞典より)②한데は그러한데。

11日1レッスン。4級Fさん22課。発音は依然間違いがちだった所が全て修正され正確。中国語の授業。朝鮮半島情勢の話に何故かなる。補語の復習。その後、中検3級読解問題で補語を探す。おお。話の内容が分かる。感動。帰宅して中検過去問を見る。勉強すれば4級もいけそうな感じ。先生の徳分。

12日2レッスン、ともに1級。Yさん28課。余裕がない「いっぱいいっぱい」状態だそうだが、フリートーキングは着実に前進。読みもうまくなっている。Iさん12課。鼻濁音がナ行になる癖がしっかり修正されている。出版関係者の取材来訪。興味深い話を聞く。見本の本を5冊もらう。ラッキー。

13日2レッスン3コマ、体験レッスン1、相談1。2級Sさん25課。3級Hさん5課。体験レッスンは学習歴10年のTさん。韓国系の会社に長く勤めていてペラペラ。6級だ。通訳・翻訳の力をつけるのが目標。相談はYさん。能力試験や学習方法など。

14日、1レッスン。1級Sさん26課。聞き取り問題が和訳も含めて申し分なし。2級の水準だ。ドラマを見続けている成果が見事に表れている。韓国語耳が出来ているのだ。留学当時の私と大違い。

金先生が事務所に来る。しばし歓談。教室の現状や授業の進め方などについて意見交換。その他貴重な情報も教えてもらう。一時一緒にしていたこともあり、「日本語での説明をきちんと聞ける韓国語教室」という共通点を持っているだけに、ともに伸びて行ければ嬉しい。

翻訳添削をする。4本。皆さん、努力している。えらい。教えられることも多い。10回を終えて、さらに10回延長を希望する人がいるので、そのために10回分の課題を選んだ。技術翻訳と文芸翻訳だ。添削しながら、10代から30代前半までの乱読による日本語の蓄積に今助けられていることを痛感。

翻訳添削の受講生から意訳と誤訳の境目に関する質問を受けた。次のように答えた。①原文を最大限に尊重しながら自然な日本語に変えることが肝要です。原文の解釈の範囲の中で直訳調ではない表現、若しくは、辞書に載っていない表現を用いるのが意訳です。

他方、誤訳は、原文との意味上のつながりを持たない、若しくは、原文の解釈の範囲から外れてしまった表現です。添削文で赤線を引いているのは後者と判断したからです。ただこの判断も添削者の私の一つの意見ですし、また、間違っている場合もあります。

私は、辞書に載っている訳ではうまくいかない場合は、国語辞典やネットなどで調べてその言葉の「原イメージ」を自分なりに立体的に把握するようにした上で、その言葉の意味とつながりを保つ範囲内で、時には大胆に意訳するよう心がけています。韓日辞典の訳も、限られた訳例に過ぎません。

②ご指摘の通り、一つの文における、特に副詞の意味上の重複は韓国語でよくあります。韓作文のコツですね。しかし、二つを直訳すると日本語としては不自然です。ですので、私はどちらか一つを省いて訳します。

 

2013.4.9


食堂で晩御飯を食べ終わり、店を出て「じゃあまたね」と言ったら息子が泣きじゃくり、大粒の涙を流しながら「お父さん」と連呼。たまにしか会えないから寂しいだろうな。それは私も同じ。進級祝いに買ってやった空港のレゴを数時間集中して組み立てた。昨年度は図書室に入り浸り120冊読んだらしい。

7日1レッスン。1級Sさん25課。子育ては面白いという話で盛り上がる。

9日3レッスン、すべて1級。Wさん29課。Sさん27課。Tさん21課。3人の受講生ともに話す練習を積み重ねてきた成果が出ている。フリートーキングを10分前後続けるのは簡単なことではないが、それができている。訓練の賜物だ。

昨日faxで体験レッスン申し込みがあった。今日出版関係者から連絡があり、近日中に事務所にくることになった。

韓国語に加えて英語のレッスン(初級)も始めるとホームページに載せたら、元受講生から問い合わせがあった。粒訳の模範生だったので、ああ、びっくりしたなあ、もう。

放射性物質99%以上除去の空気清浄機を大枚はたいて購入。もっと早く買うのだった。

ツイッターでのやり取り。

「英語レッスンは韓国語の受講生限定でここ数か月授業を行ってきました。音読トレーナーの役割を果たせるめどがつき、公に始めることにしました。英語の通訳翻訳のボランティア数回と数年前の英検準1級筆記のみ合格点では説得力ゼロですが。只管音読で私自身も一緒に学びます。

で、問い合わせてくれた元受講生から韓国語と英語の授業の予約が入りました。安倍ノミクスの「いつか来た道」ではありませんが、バブルがはじけるまで(?)もう引き返せません。冗談はさておき、全力投球の所存です。

あと説得力ゼロ(ベースでの見直し)の英語学習経歴に、つぶれたNOVAの通学歴6年とそこで上から二つ目の段階までマグレで上がった後一つ下がったこと、それにNHKラジオ講座聞いただけ10年現在中断を付け加えます……。」

ホームページの編集に没頭し、久しぶりの午前様になった、もう寝よう。

 

2013.4.6


2日1レッスン。4級Fさん、21課。'말도 마'など難しい表現が多かった。

3日6レッスン。1級Sさん26課。3級Iさん2級教科書22課終了。6級Tさんラジオドラマ、韓国語読本、東亜日報記事。2級Sさん8課。1級Oさん3課終了。1級Uさん20課。1日6コマが限度だなあ。4-5日、子どもと水族館で遊び、日本海産の魚を食う。

6日2レッスン。2級Sさん24課。同Kさん15課。過去のNHKラジオ中国語講座テキストを4日間読む。応用編の約半分は教室で既習。故に依然目を通した時と理解度が雲泥。韓国語学習者にとって中国語学習は中級から上級に至る過程で漢字語が芋づる式に読める感覚と類似。よって最難関は発音。

 

2013.3.30


1レッスン。6級Jさん。ラジオドラマと4級テキスト。「못」と「ㄹ/을 수 없다」の違いについて話す。

 

2013.3.28


26日5レッスン。1級Wさん28課。1級Oさん3課。3級Fさん、Tさん、3課終了。中級者にとって最大の壁である間接話法(引用文)について改めてまとめて説明。1級Uさん19課。読みが上手くなっている。1級Tさん20課。抑揚がCDの音そっくり。

留学にかかった費用は、留学それ自体に要した費用だけではない。その期間に、留学しなかったとしたら得られたであろう金銭も足す必要がある。つまり、1か月でみると、留学費用10万円+留学しなかったら得られたはず給与数十万円。そう考えると1000万円近く投資していたわけだ。それに比べれば、日本に居て仕事もしながら翻訳技術を磨くために使う金の額がどれくらいか。仕事を目指すならば一度熟考すべきだ。

昨夜呟いた内容の後半↑は酔っぱらっていたので非常に攻撃的になっていて、偉そう。自分で読んでも気分がよくない。不愉快。誤字もある。かつ、呟いたことを覚えていない……。自己嫌悪。がく然とする。

27日4レッスン。1級Sさん25課。3級Iさん2級教科書21課。6級Tさん初授業。KBSラジオドラマで読みの練習、延世大語学堂の「韓国語読本」5級第1課と東亜日報の新聞記事を読んで訳し、内容について討論。4級Fさん20課。音読すればするほど話す力が向上する。

28日4レッスン、すべて1級。Yさん27課。Iさん9課。Sさんハングルの読み。Sさんハングルの読み。中国語教室で受講。補語の続きで方向補語。ドイツ語の分離動詞のように分離するのだなあ。先生によると、中国語学習の最大の壁は①補語②「把」③リスニング。

 

2013.3.25


20日3レッスン。3級Iさん2級テキスト20課。NHKラジオハングル講座のテキストの表現に関する質問に答える。1級Iさん7課。前の教室では音読がほとんどなかったがここでは音読ばかりなので頭の体操になると。4級Fさん19課終了。漢字語が少しずつ読み解けるように。1級Hさん13課。한국 영화の発音[한궁녕와]など。

韓流ドラマや映画を見ている受講生とそうではない受講生とでは「韓国耳」の出来具合に違いがある。今日授業があったHさんは1級テキストの半ばだが聞き取り問題は完璧に聞き取れていた。2級の水準だ。音に慣れ、単語や表現の音が蓄積しているのだ。貴重な財産だ。私は留学時、まるで駄目だったのに。

21日。中国語で「シャオジエ」は「姐さん」だがこれを使って呼ばれると水商売労働者のイメージが湧くとシャオジエが言ったのでびっくり。人によって受け止め方に違いがあるのだろうが。習ったことと実際とが違う。

23日。夜、東京都品川区の天王洲劇場で「スリル・ミー」を観た。韓国人キャストだ。「私」は高音がフラットしていたが、演技は満足できる水準だった。「彼」は歌はそれなりだったが、演技は公開稽古の水準だった。アクターズスタジオでの鍛錬を勧める。

「スリル・ミー」の幕が下りた後スカイプレッスンの受講生Fさんと劇場下の喫茶店で「評価会」を約1時間。オフ会という感じ。Fさんはジュースで私はフィリピンに行った時に飲みまくったサンミゲル。韓国ミュージカルを沢山観ていて今日の出来にがっかりしたFさんの一言一言に頷いた。

韓国在住のYさんから次のようなメールが来た。

「現在は独学でTOPIKの中級に合格したのですが、(ぎりぎりの4級)会話が全くだめで未だに不規則活用も危うい状態です。合格はまぐれだと思っています。

それで心機一転ソウル大の教科書の1から会話文を覚えようかと思っているのですが、日本語の解説がないまま中級まで来てしまったため、細かいニュアンスが掴めません。

하세요,해주세요の違いもよくわからず、どちらも~してくださいと言う意味ではないかと思っています。

NHKのハングル講座もネットのストリーミングで聞けそうなのでそちらも平行しようと考えています。

お忙しい所恐縮ですが、ソウル大の教科書を使った勉強の仕方、日本語で書かれているお奨めの文法解説書等がございましたら、教えて頂けませんでしょうか?

相談料が必要であればお支払い致しますので宜しくお願い致します。」

自分と人の留学および学習の経験、韓国語教室運営約10年で主に個人レッスンで200人近く接してきた経験から、Yさんについて、どういう課題があるのか、どういう現状なのか、どういう水準にあるのか、どうすれば解決できる(かもしれない)のかが見える。或いは、見えた気になる。返信では伝えたいことを全部言った。それを受け止めるかは当人次第。

私は次のように返信した。

「Y様
 初めまして。りんどうむくげ工房の迫田と申します。
 Yさんのメールの中に、鍵となる言葉がちりばめられています。
 マラギ、「~してください」の表現の韓国語での区別、などなど。
 この二つは、日本語母語者の中級の韓国語学習者のほぼ全員が抱えている課題です。
 Yさんが今のままで今秋にソウル大の4級若しくは5級を1学期受講したとしても、Yさんが抱えている課題はまず解決しないでしょう。そこに留学して受講した人間として先が見え、断言できます。
 なぜか。ソウル大言語教育院韓国語班の授業はマラギの訓練および初級・中級文法の理解に集中しているわけではないからです。別の言い方をすると、Yさんが最も欲している部分を埋めてくれる授業内容ではないからです。
 文法や表現は母国語で理解して初めて定着し、使えるようになります。
 本を読むのはためになりますが、理解の深さに限界があります。
 face to faceの教授法が費用対効果を考えると結局はいちばん効率的です。今の学校制度や予備校が存続しているのはそのためです。独学には限界があります。
 手前味噌で恐縮ですが、初級・中級文法の復習をし、理解できていない穴を埋めていく作業として、りんどうむくげ工房のスカイプレッスンを進めます。授業時間のほとんどが受講生がマラムニダ。マラギはスポーツと同じです。練習した分だけうまくなります。練習しないと一生そのままです。
 今秋の10週間の受講を意味あるものにするためにも、スカイプレッスンを勧めます。」

「하세요,해주세요の違いがよくわからない」というのは深刻、というか、学習者として致命的。だが、これが分からない中級者は沢山いる。解決してくれる書籍はある。しかし、分かることと使いこなせることは別問題。

25日。中国語教室で補語の勉強。先生曰く、中級以上で問われる内容なんだと。つまり、実力は中級ではないが中級の内容に入ると。ソウル大テキストに置き換えると、2級28課で出て来る書き言葉及び引用文(間接話法)がやって来たということなんだろう。

榎本英雄先生の2004年NHKラジオ講座本の音読練習を連日繰り返している。私が授業で言っている方法を自分で試している。効果があるというのが今の暫定的意見だ。

 

2013.3.19


13日5レッスン。1級Yさん27課。3級Iさん2級テキスト18課。1級Iさん初レッスンで5課まで進む。2級Sさん8課。パク・シフ事件が話題に。1級Sさん24課。途中韓訳校正を請ける。철수や잡수시다の「수」が無声音になりがちなので、有声音ではっきり言う。

翻訳会社から送られてきた支払明細書を見たところ、納品数が思ったより少なかった。過去のメールを調べたところ、未記載が10件ほどあった。酷い。無賃金労働というわけだ。エクセルファイルにまとめて送信。

14日4レッスン。1級Oさん2課終了。発音良し。シューレ大学1,2級。2012年度最終授業。1年前に比べてみな格段にうまくなった。積み重ねの大切さを実感。3級Iさん3課。フリートーキング、しゃべれるしゃべれる。1級Uさん18課。オーバーラッピングとシャドーイングほぼ完ぺき。

午前0時過ぎに韓訳の依頼が来たのを就寝前に確認し、朝7時過ぎから作業。できたのにファイルが保存されていなかったので、煮詰まりながら再作業をして納品。これで午前の時間がつぶれた。中国語の授業も受けたので、午後9時まで休む暇なし。

忙しい割に金がたまらないから「俺、何やってるんだろう……」状態に時々陥る。まあ、雨風凌げて喰っていければいいやという姿勢が原因なのだが。しかしそれを改める気は全くない。経営拡大の意欲はない。なので生活水準は変わらない。

授業をしていて受講生の実力向上を確認するのが無性にうれしいし、やりがいを感じる。で、最も伸びる個人レッスンが一番好き。経営的にはグループレッスンやクラス単位でするのが一番だが、なかなか伸びないので面白くない。利潤より人間。あれ?

16日2レッスン3コマ。5級Sさん、ラジオドラマ、5級テキスト、『한국 문화』。3級Hさん2コマ、4課に進む。17日1レッスン、1級Kさん7課。18日1レッスン。1級Sさん初レッスン、ハングルの読み。以前習っていた韓国人講師の教え方などが話になった。

19日4レッスンすべて1級。Wさん27課、Sさん25課、Uさん18課。みなさんフリートーキング5-10分、質疑応答形式ではなく、とにかく話してもらう。手前味噌で申し訳ないが、習った単語を組み合わせると話が続くのだ。

Tさん20課。自宅で対訳ノートを作り韓訳の練習、CDの音をランダムに再生して意味を取る瞬発力養成の訓練。習ったことを漏らさず使えるようになるまで練習するという方針。感心した。

自分の中国語学習でも、音読、オーバーラッピング、シャドーイングを組み合わせて読みの練習をしている。家事をしながらラジオ講座CDを聞く。時間があればドラマや映画を見るといいのだろうが。また、Tさんが実践している対訳ノート作成と通訳の訓練まで持っていければ最高だ。

 

2013.3.12


11日。領収書などをに打ち込んで収入と費用を算出し、それに基づいて確定申告書を書く。収入は思ったより多かった。しかし、費用がそれを上回った。教室を再開した最初の年だったからだ。金が貯まらないわけが分かった。

12日3レッスン。皆さん1級。Wさん26課。フリートーキングで5分ほど一人でしゃべってもらう。できた。Hさん12課。数字の発音は難しい。Tさん19課。聞き取り能力が高いうえ、抑揚と発音もよい。

今朝AFNで「江南スタイル」が流れていた。

 

2013.3.10


6日4レッスン、みなさん1級。Oさん2課。話せば話すほど対応が早くなり、発音もよくなる。Sさん23課。Uさん17課。Tさん18課。約5分間、何でもいいから韓国語で話す。

二つの「あの」。(見えている)あの人저 사람、(思い浮かべている)あの人그 사람。

7日体験レッスン1。再来週から授業をすることになった。8日、中国語のレッスンが先生の都合で中止になり、自宅で復習。確定申告の準備にやっと入る。翻訳添削1本納品。

8日1レッスン。4級Fさん、18課終了。聞き取り問題は4級テキストで最も難しく、ハン検1級相当の難易度。フリートーキングではミュージカルの話題。

翻訳添削2本を仕上げて納品。仕事ができる水準だ。こちらも勉強になる。

9日4レッスンと体験レッスン1。6級Jさん、ラジオドラマと4級テキスト20課に進む。3級FさんとTさん。3課途中まで。難しい聞き取り問題もおおよそ聞き取れている。2級Kさん、13課終了。1級Kさん、6課に進む。体験レッスンIさんは今月から授業を始めることになった。

10日4レッスン。1級Sさん、24課。2級Sさん2コマ、16課に進む。1級Sさん初レッスン、ハングルの読み方。平音と基本母音を学んだ。今週は翻訳以来1本もなし。先週までは嵐だったのだ。

翻訳添削(全10回)を修了したWさんからメールが来た。

「韓国語の音が好きです。
韓国語はミュージックです。
ならば、日本語になった時にも
読みながら頭の中でミュージックが鳴るようでありたい、
私の訳は、そう思っての試みです。
毎月の課題を訳しながら、誰に何と言われようと自分にはこのようにしか訳せないという
自分のスタイルをつかめたように思います。
また迷うことはあるかもしれませんが、当面はこのスタイルでやっていきたいと思っています。
どうもありがとうございました。」

 

2013.3.6


17日2レッスン、いずれも1級。Sさん23課終了。頭の整理がつかないということなので音読の復習。1-6課を読んでもらう。Sさん、21課終了。受講生の中には謙遜する方が多いが、練習を重ねるごとに確実に上達している。講師の説明は最小限に、できるだけ多く音読を。上手くなるためには練習だ。

この間忙しくてできなかったが、やっと韓国語5A第2課のスキャンと文字認識および修正をした。NHKFMでショパンを聞きつつ。

先日体験レッスンを受けたSさんの授業を3月から始めることになった。

最近時折心臓がかすかにだがチクチク痛む。セシウムがたまっているのだろうか。

18日はレッスンなし。休みになるかと思ったが甘かった。ごく短い韓訳校正の照会があり、請けて納品。約450円。ボランティアの韓訳2本を上げて納品。能力試験6級合格者から体験レッスン申し込み。学習の仕方を知りたい、と。いやな予感が。まあ会ってみないと分からないが。本日売上450円。

前回の中国語の授業で習った助動詞の例文、及び、NHKラジオ講座教科書の関連部分の例文を約1時間音読。韓国語の授業で日頃受講生に進めている自宅での勉強法を中国語学習で実践。そうしたらどうなるか楽しみ。音読はエネルギーを使い疲れるが頭に入る。数万円の聞き流し教材よりおそらく増し。

穴が多すぎるが仕方なく使っている翻訳ソフトj・Seoulでアドイン翻訳したら「武装勢力」が테러리스트と訳された。広い意味では米軍も自衛隊も公務員により構成された武装勢力のはずだが。いろいろ解釈できるなあ。

19日2レッスン、ともに1級。Wさん、25課。急に難しくなったと感じるとの感想。確かに。だがオーバーラッピングもシャドーイングも非常に良い。Uさん、16課。-아서/어서と-고の違い。たまっていた新聞を読み、本日付に追いつく。

빨리と얼른は同じで指示、命令、強い勧誘に使います。어서は控え目に勧める、又は軽い命令に使います。빨리/얼른 와라/갑시다. 어서 오세요. 어서 먹자/가게.出典:'남영신의 한국어용법핸드북'(모멘토, 2005)

20日。本日4レッスン、体験レッスン1、体験レッスン申し込み1。3級Iさん、2級教科書15課。2級Sさん、7課。パク・シフの事件が話題になる。3級Fさん、Tさん、3課。発音と抑揚が素晴らしい。音読を積み重ねた成果。教室での練習方法への確信を深めた。1級Tさん、18課。聞き取り能力抜群。

韓国語能力試験6級に昨秋合格したTさんの体験レッスン。前田先生の授業を受けたことがあり、とても勉強になったとのこと。どんな内容なのかをフリートーキングで訊く。ラジオニュースの書き取りが難しいと。教える内容は学んだ経験に規定される。私は演劇の影響か、音読中心の学習が授業につながる。

翻訳者養成講座を作った。 翻訳者には高い翻訳技術と実績が必要。実際に仕事ができるかどうかは本人の努力と運次第だが、翻訳者としての出発点に立つことを目指し、そのために必要な技術と実績を同時に獲得することが目的の講座。お問い合わせ大歓迎。

21日。初級のOさん体験レッスン。来週から授業開始。お勧めの辞書は何か?という質問に金星出版社のニューエース韓日辞典と小学館の日韓辞典を挙げた。また、事情を聞き、今年1年を韓国語学習の年にするよう助言した。韓国社会で生きて行くためには一定水準以上の言語能力が必須だ。

22日。韓訳校正チェックと和訳の仕事が入り、請ける。ほいほい引き受けたはいいが、後者は文字数が3万弱とえらく多いので今頃頭を抱える。

24日。どたばたして午後11時15分ごろ仕事終了。夜10時前に翻訳校正発注があり請ける。

25日1レッスン。先週体験レッスンを受けたOさんの初授業。ハングルの読み。

ㄱㄷㅂㅈは①初声では濁らないが日本語の清音と濁音の中間で濁音に近い。②語中で直前にパッチムがないと濁らない(例外例:저가)。③語中で直前のパッチムがㄴㄹㅁㅇだと濁る時と濁らない時がある。③語中で直前のパッチムがㄴㄹㅁㅇ以外なら濁らない。

①ㅓは指2本入るほど口を縦に開けた「オ」。②ㅗとㅜは混同しがちなので特に区別するよう気を付ける。ㅗは口を突き出した「オ」。ㅜは口を突き出した「ウ」。③激音、濃音、サ行(ㅅ)、ハ行(ㅎ)は語中でも絶対濁らない。

26日3レッスン、すべて1級。Wさん25課終了。「ここまで来れるとは思っていなかったのでびっくりしている」。Uさん16課。「○時に起きます」など1日の流れをフリートーキングで話す。Tさん18課。誘いを断る際は「안 ~」ではなく「못 ~」を使う必要性について話す。

本日だけで翻訳発注4本。量は様々だが。他の案件が完全に中断。授業時間以外は翻訳祭り。他に何もできない。

午前7時から1時間半作業して韓訳校正を納品。翻訳会社はさらに発注するつもりのようだったが、無理なので全て断った。毎日定量の仕事ならば喜んで引き受けるが、ある時は大量に来て、ない時は全くないのでこうするしかない。中断していた3万字弱の和訳を再開。

27日、和訳作業開始。体験レッスン申し込みの電話が来る。受講生の紹介。

はじめて見る機械や部品の名前がてんこもりの原文。典型的な技術翻訳。仕事でなければ一生見ないはずの文章。機械が苦手な100%文系の私だが、それでも慣れて作業している。問題は原文と訳文についての理解力。翻訳者を目指す皆さん。なんとかなります。

28日3レッスン。1級Oさん、ハングルの読みが終わり1課に入る。シューレ大学1、2級。みんな読みが随分うまくなった。4級Fさん、17課終わる。フリートーキングでミュージカルと演劇と映画について20分間韓国語で話してもらう。上達している。

3月6日。先週金曜から台湾に出張し、本日昼帰国。同時・逐次通訳。便宜上、英→韓も。思考能力が限界に達した。「谢谢」を連発。中国語の発音がよろしいと現地で褒められ、嬉しかった。「おはようございます」は「早安」で、通じた。現地の新聞のパク・シフ関連記事で韓国のスターは「韓星」と表記されていた。

 

2013.2.16


15日1レッスン。1級Yさん、26課。フリートーキングで歌手のコンサートの話に。韓国語のみで話すファンが話題に。音読を重ねれば話せるようになる。超短文の韓訳校正2本と翻訳添削1本納品。来年で教室開設10年であることに気づく。生業、勉強法、韓国語の要点の小冊子出したいが時間無し。

さっき、締め切り40分前に電話が来て「先ほどメールを送りましたがご確認いただけましたか?」 ええっ?! ご確認してねえ! 急いでパソコン立ち上げて速攻直してスピード納品うっひー

夜、外出中に翻訳会社の担当者から電話。昼発注した件の締切が来週月曜から明日午前中に変更になったからよろしく、と。初耳。請けた記憶なし。そう言うと担当者、「え?」だって。おいおい。携帯の電源を切って電車に乗る。帰宅すると留守電が入っていて、検討してくれと。他の訳者不在か。即行納品。

金曜の夜を返せ!

ジョージ・ウィンストンのあこがれ/愛を久々に聞いた。ユーチューブで。便利だな。

16日7レッスン。蒲田教室で最多。へとへとだが、最後のコマでも授業中は頭がさえるから不思議。5級Sさん、ラジオドラマ、5級テキスト、'한국 문화'。3級Kさん12課。英語のグループレッスン、Kさん、Sさん、Fさん。2級Sさん22課。3級Hさん2コマ3課。2級Kさん12課終了。

英語の授業は『学研パーフェクトコース中学英語』の音読、前回習った文の英訳。CDの音源を使った一文繰り返し、オーバーラッピング、シャドーイングが効果的。同書の全表現を英訳できたら相当話せるはずだ。反復練習あるのみ。またラジオ講座「英会話タイムトライアル」の方法で出発力も身に着ける。

 

2013.2.14


12日、3レッスン、全員1級。Wさん、24課。Uさん、16課。Tさん、17課。まだ習っていない「~したい」-고 싶다を早速韓国料理屋で使ってみるとTさん。使いたい表現は身につく。1-3級の文法をしっかり身に着けることが真の上級になる道であり、授業での韓訳と和訳が通訳の訓練法との話も。

韓訳校正の仕事を請ける。約3000字。履歴付きで1字3円。昨年初めに履歴書を送って翻訳者登録した翻訳会社から同様の発注が先週以来立て続けに来ている。

2008年1月21日から2010年7月24日まで、子育てに絞った不定期日記を、多忙ゆえ現在休止中のタングニ氏即ち金先生のブログ(韓国ではとても有名で賞も取っている)に書いたが、消えると困るので、これをこのホームページの不定期日記に書き込んだ。2歳後半から5歳前半までの息子と私の記録だ。息子の発言に焦点を置いている。言語がどのように獲得されていくのか、よくわかる。書いといてよかった。

13日、2レッスン。2級Sさん、6課。1級Sさん、21課。二人とも順調。韓訳と韓訳校正が怒涛のごとく3本来て請ける。時間を支配されている感じ。授業について問い合わせの電話が1本。

14日。

湯葉 두부껍질

今朝も新規の韓訳校正が1本入り、請ける。午前中に授業がなくて幸い。締め切りが迫り、呟いている場合ではないが、ぼやきたい。第一次翻訳にも翻訳ソフトにも間違いが多い。最後はネット検索で確認。料理関係なので時間がえらくかかるが、勉強にはなる。

韓訳校正中のぼやき。발(足)と다리(脚)は違うのだが、混同している。第二の心臓は「足」。足湯は半身浴ではない。

自宅で仕事をしていていいと思うこと。仕事の合間に炊事・洗濯・掃除・体操・散歩ができる。満員電車に乗らずにすむ。仕事上の人間関係に悩むことが余りない。苦手か嫌いな奴に会わなくてよい。時間をある程度自分で決められる。悪いこと。収入が不安定で低空飛行。患っても請けた仕事をやめられない。

1レッスン。シューレ大学1,2級。近くのスーパーで買ったチョコを学生たちと食べる。ゆっくりじっくり進んでいるためか発音かなり良し。韓訳校正2本を正午前に納品。中国語授業で水準診断。10点満点でリスニング1点、スピーキング2.5点、文法3点、語彙2点、発音9点。初級レベルだ。

呉越華『覚えておきたい中国語の歌』(中経出版、2005)を購入。

この時間に韓訳校正依頼。昨夜、私が請けるといっていないのに依頼があった件。しょうがなくメールの指示に従って韓訳して納品したら、頼んだのは韓訳ではなくチェックだった、韓訳が上がったからチェックしてくれと。俺の韓訳はどうなるんだ! 電話口でしばらく絶句。それは引き取ると先方。

翻訳添削をして納品。

 

2013.2.11


5日、2レッスン。1級Wさん、23課。1級Uさん、久しぶりの授業だったのでこれまで習ったところを音読する復習。Tさん体験レッスン。私と同水準なので、ここと教え方が同じミリネ韓国語教室を推薦。早速受講を申し込んだようだ。

6日、4レッスン。1級Sさん、20課。3級Iさん、2級教科書14課。中級水準の質問に答える。2級Sさん、5課。1級Tさん、17課。韓国の学歴主義について話になる。大学を二つも三つも出る人が韓国にはたくさんいるのか、など。2004年度NHKラジオ中国語講座入門編の音読を20課まで。

7日、1レッスン。3級Fさん、Tさん、3課に進む。全部パンマルの難しい部分。だが、きちんと読めている。留学時の私よりも上手い。音読を重ねてきた成果だ。オーバーラッピングよりシャドーイングがうまいのは、ドラマや映画を見て耳ができている証拠だ。これも財産だ。翻訳会社から電話が入る。

昨夜請けた韓訳校正を先ほど納品。数日前にした校正で、修正箇所が多いので発注元から修正の理由を書けとの指示があったと翻訳会社。訳抜けや誤訳、韓国語として不自然な表現がてんこ盛りだから直しが増えるのは当然。ほんと、時間がかかりうんざり。翻訳は両言語に一定水準通じていないと無理だ。

8日、翻訳の仕事が断続的に入る。

9日。韓国人の日本語学習参考書は韓作文の教材として有効と思い、通訳ガイド試験の勉強でもお世話になり、上級の授業でも使ったが、再考する必要がある。使えると今思うのは小学館の日韓辞典の例文と油谷先生の「間違えやすい」シリーズだ。これに通訳案内士試験の韓作文の過去問を加えると相当いけるはず。

過去問も、以前は「朝鮮語」だった韓国語だけでなく他言語の設問も押さえると効果倍増。これは単語翻訳問題も同様。日韓両文化の韓国語の解説書を読み訳すこともためになるだろう。以上を組み合わせると通訳案内士試験対策を兼ねた上級の授業になると思う。部分的には授業で行ったが、総合的にはまだ。

第二次試験のインタビューは想定問答集を作り、それに沿って練習すれば事足りる。これは過去したことがある。日頃のフリートーキングで表現上の誤りを直していればさほど難しくない。通訳案内士試験で最大の難関はやはり韓作文。うちでしている翻訳添削講座も実力養成に役立つはずだ。と、最後は宣伝。

8日、夜行バスに乗り、翌日、誕生日を迎えた息子の住む町に着く。遊園地に移動し、遊具に乗り、室内リンクでスケートをする。20年振りか。小学生の時に習った感覚が次第に蘇り、思ったよりすいすいと滑られる。それでも調子に乗って油断した途端に野球の頭から滑り込みの姿勢で2度転ぶ。息子は最初手すりにずっとつかまって移動していたが、手を離して進む距離が次第に増え、最後は半周ほど手放しで滑っていた。子どもは上達が早い。おもちゃ屋でレゴを買う。ホテルでそれに夢中。寝る前に力比べをする。段々力が付いてきているのが分かる。

翌10日、まだレゴに熱中。息子の住む町に戻り、ケーキ屋に行ってケーキセットを食べながら話す。学校では毎日休み時間や昼休みに図書室に行って本を読んでいるという。最近にお気に入りは「はだしのゲン」だそうだ。近くの公園で野球の真似やボールを使って遊ぶ。リサイクルショップでピカチュウゲームの駒のようなものが多数陳列してある場所で息子は1時間ほどじっと商品に見入っている。イタリア料理屋でパスタとピザを食べ、家でアニメを見て別れ、夜行バスで帰京。楽しい2日間だった。

11日。一昨昨日入稿し明日締切の翻訳校正に直ちに着手。

足湯 죽탕。食べ物だけでなく、温泉の足湯にも使われている。

開運招福 개운초복(開運招福)

射的、輪投げ、ヨーヨーすくい 공기총 쏘기, 고리 던지기, 요요 건지기

特設会場 특설 행사장

無理なく 무리 없이

雪景色 설경

足湯(その2) 족욕탕

 

2013.2.4


2日、2レッスン。3級Kさん、11課。1級Kさん、初レッスン。ハングルの読み方をした後、4課まで進む。

デスクトップのモニターをノートパソコンにつなげ、デュアルディスプレイでエクセルファイルを横に長く伸ばした状態で翻訳校正作業。通訳・翻訳の本にそうした作業風景を写真で見たことはあったが、自分がするのは初めて。2台モニターでの仕事は初めて。感動。こうするのか。

ふれあいコーナー 교감 코너

からくり時計 꼭두각시 시계

薬湯風呂でリラックスできます  약탕 목욕으로 심신의 피로를 풀 수 있습니다

気軽に 부담없이

沈下橋 잠수교

仏画 탱화

離島 낙도

草スキー 잔디 스키

観光に関する翻訳の校正中。翻訳案内士試験対策に最適の内容だ。久しぶりにこの分野の勉強をしている感じ。普段使わないし、通訳ガイドの仕事はしていない(というか、無い)ので、すっかり忘れている。

3日、2レッスンと体験1。1級Sさん、23課。20-23課の本文、文法、語彙と表現の音読も。2級Kさん、11課終了。Sさんの体験レッスンでは、ハングルで自分の名前を書いてもらった。Sさん喜ぶ。あとはずっと翻訳作業。12時間労働。自営業だから残業代なし。デュアルディプレイは収穫。

約2万字の韓訳校正終了。1字1円。「カツオのタタキ」を「가다랑어 레어구이」とした。ご叱正を乞う。今日はあと翻訳添削2つと授業が2コマ。時間に追われている感じ。しかし3食100円のラーメンで朝昼夜を済ませてじっと手を見たあの日に比べれば随分増しと思う。日・韓・在日の友に感謝。

4日、朝6時から2時間半、翻訳の校正をして納品。2レッスン。2級Iさん、2級に進む。4級Fさん、16課終了。2月後半に韓国でミュージカルを11回見るそうだ。羨ましい。昨日の授業でKさんが、ライブハウスに行った時に歌手の喋った英語が聞こえたそうだ。話せる音は聞き取れる。音読の成果。

夜、200字の韓訳の校正。5分で納品。

昨日のレッスンで、イ・ビョンホンの映画「王になった男」を観たとIさんがフリートーキングで言っていた。ここの所ご無沙汰している韓国映画。久しぶりに見たいなあ。通訳案内士で能力試験6級で学習歴15年のTさんの体験レッスン。日韓新聞社説の音読・要約など。私と同水準。経験積めば仕事可能。

 

2013.2.1


1月31日。通訳2日目。韓↔日。7時間労働。午後は疲れが溜まった。午前、帝国ホテルに初めて入る。少し緊張したが、従業員の対応を見て同じ労働者だと安心した。ラウンジで仕事。コーヒー1杯1260円。ケーキセット2100円。ただしコーヒーのお替りを注いでくれる。静かで話せる。3時間で元が取れる。

韓国語能力試験6級合格、通訳案内士試験合格の人からスカイプの体験レッスン申し込みが来る。現在ボランティアの通訳をしているという。「○○さんは立派な上級者なので、私が教えることがあるかどうかわかりませんが(^^)」と返事のメールを出す。通訳案内士が通訳の仕事ができるかは分からない。

2月1日。通訳3日目。実質5時間。昨日、集合時間を誤って確認したため訪問先への到着が遅れた。が、謝罪し、その後は問題なく進行。脳に疲労がたまり、日本人に韓国語で、韓国人に日本語で話すことが時々発生。共に苦笑。疲れているので訳す時の表現がやや大げさになって爆笑を誘うことも。もう、好きにして!

専門用語が折々出る内容だったが、何とか通訳でき、無事終了。日頃の新聞の精読がこういう所で役に立つ。加えて、小説や詩、随筆を黙読・音読出来ればいいのだが、時間がないのでそこまで手が回らない。ともかく、通訳者にとっては、日本語力を鍛えることが韓国語を磨くことと同じくらい大切だ。

かなり前に仕事を受けたことのある翻訳会社から韓訳文の校正の依頼が来たのですることにした。先月体験レッスンをした人から受講希望のメールを受け取った。中国語学習が疎かになっている。パソコンにディプレイを追加することを検討中。以前本に写真が載っていたが、翻訳作業で必要になってきた。

通訳時に韓国人から聞いた話。ホンデ周辺の食堂の約三分の二が「日式」になっているそうだ。知らなかった。

 

2013.1.30


24日1レッスン。シューレ大学1、2級。みんな、発音が良い。質問もよく出る。仕事の関係で来週・再来週を休講にした。淋しい。中国語教室で3回目の授業。独学の穴を確認しそれを埋めるのに最適。

26日3レッスン。6級Jさん、ラジオドラマと4級教科書の聞き取り中心。朝露の話になる。1級Sさん、23課。発音はすでに韓国人人通じる水準。2級Kさん、11課。結局、音読・和訳・韓訳の反復が鍵。ただ、これを真に理解している人は物凄く少ない。だから韓国語教室の需要がある。

ここ数日通訳の仕事の準備でバタバタして、息つく暇もなかった。やはり授業がいい。29日3レッスン。1級Wさん、22課。1級Tさん、16課。授業の半分以上が私の韓国での体験談になった。4級Fさん、15課終了。ミュージカルの話。面白い。フリートーキングを重ねていくことの成果を感じた。

30日、久しぶりの通訳。韓↔日。朝から晩まで、時々移動が入って通算10時間。比較的慣れている領域だが、大分疲れた。今の自分の発音で韓国人と意思疎通が可能なことを確認できるのはうれしい。平音(中国語では無気音)を濁り気味に言うのがコツ。通訳しながら、어だったか오だったか確認した。

 

2013.1.23


20日1レッスン。2級Sさん2コマ。14課に進む。2時間30分ぶっ続けの授業は辛くないかとフリートーキングで訊いたら、조금 힘들어요.との答え。2008年度アンコール中国語講座パートⅡ入門編の音読終了。この全100ステップの内容を話せるようになれば初級がほぼ終了か。

21日、中国語の勉強。『2008年度アンコール中国語講座パートⅡ』応用編「となりの劉さん」第1-5課を黙読。ソウル大教科書2-3級前半相当の内容。おお。入門編を潜り抜けたからか、以前はちんぷんかんぷんだった応用編もゆっくりだが読み進められるではないか。ピンインなしで読めるようになりたい。

22日、1レッスン。1級Wさん、21課。文法と単語が頭でごちゃごちゃしているという。音読を繰り返すうちに整理されていくはずだ。

23日、4レッスン。1級Sさん、19課。毎日勉強しているそうだ。3級Iさん、2級テキスト13課。発音と抑揚が抜群にいい。昔ニューヨークで英語を勉強した経験が韓国語学習にも生きているようだ。2級Sさん、4課。年末年始の話題になる。4級Fさん、14課終了。フリートーキングでベルテルの話。

 

2013.1.19


19日、5レッスン。土曜は書入れ時。5級Sさん、ラジオドラマ、5級テキスト、『韓国文化』の読みと訳。3級FさんとTさんのグループレッスン。2課終了。聞き取りも読みもとてもいい。伝聞の復習をする。動詞の現在形が鍵であることを再確認。1級Sさん、23課。韓国旅行の話題でフリートーキング。3級Kさん、10課。年末年始の話題でフリートーキング。

英語のグループレッスンの初回。受講生は二人。教材は、『ラジオ英会話』は難しいのでやめて、『学研パーフェクトコース中学英語』。ずっと音読。韓国語授業の手法の応用だ。だからか、出来そうという手ごたえがあった。1回75分で、授業料は750円。私にとっては試行期間であり、また韓国語受講生限定の値段設定。

 

2013.1.18


15日、3レッスンで皆さん1級。体験レッスン1。Wさん、20課。Sさん、18課。Tさん、16課。Tさんは授業の翌日に職場近くの韓国料理屋に行き、食事をしながら韓国人従業員と話しながら前日習った文法と表現を復習しているという。週末には従業員の一人と電話で会話練習。留学より良い環境。

16日、3レッスン。1級Yさん、25課。좀 -아/어 주시겠어요?という韓国旅行で頼む時に重宝する表現を番外編で学ぶ。3級Iさん、2級教科書11課。英語ができるからか、発音が良い。4級Fさん、13課終わる。フリートーキング15分間。以前に比べて長くなった。良いことだ。

翻訳の仕事が昨日入り、今日から開始。いつもより単価が良い。締め切りまで日程表をきちんと決めて作業を進めることにしたので、いつもより気が楽。でも翻訳は孤独な作業。授業の方がずっと楽しいしやりがいがある。教保文庫に注文した教科書とCDが届く。ソウル大テキスト11冊で一箱が満杯。

깔대기 漏斗。しかし朝鮮語辞典には깔때기漏斗とあった。翻訳原文にあった깔대기は、すると綴り間違いか? グーグル検索ではヒットしたのだが。

조속 레버 スロットルレバー

17日、シューレ大学の1レッスン。中国語教室2回目。個人レッスンで90分。対面で学ぶと独学より内容が深く刻まれるのを実感。学習書に必ずある「よろしくお願いします。」を中国人はまず使わないそうだ。韓国語と同じ。挨拶の言葉としてこれを韓国人から聞いたことは今までない。

18日授業なし。

ミュージカル「ウェルテルの恋」を2列目真ん中で観た。ウェルテル役のキム・ダヒョンの演技は説得力に欠いていた。が、カインズ役のオ・スンジュンの演技とアルベルト役のイ・サンヒョンの歌には涙した。上手い! 収穫だ。3人の行動と感情に心揺さぶられながら、昔の自分のあれこれを思い出した。

授業の合間を縫って3日間かかった翻訳を納品。ちゃんと校正したつもりだったが、「サービス」を「サービル」と打ち間違えたのに気付かず、翻訳会社に指摘されて訂正。うわああああ恥ずかしい。老眼がだんだん悪くなってきているからという言い訳は通用しない。腕が錆びている。

 

2013.1.12


3レッスン4コマ。6級Jさん、ラジオドラマと4級テキスト。2級Kさん、10課。2級Sさん2コマ、12課。通訳の依頼があり、引き受けたが、訪問先の約束取付もしてくれというとんでもない要求が来て、頭を抱える。連絡先も調べて話をつけろという内容。その非常識に、天を仰いで嘆息。

通訳の位置はいまだに低い。講演会の通訳を引き受けると、こんなにひどいのかという待遇が時折ある。講演が終わって酒の席でも数時間ぶっ続けで通訳した時、さすがに疲れて休みを取ろうとトイレに行ったら「話が通じないから早く来い」と追いかけられた。通訳に人権はないのか!とじっと手を見た。

 

2013.1.11


10日、1レッスン。3級Iさん、初授業。1課の最後近くまで進む。発音の間違いを指摘するとすぐに修正できる。構文能力が高い。3級後半の実力だが、3級の最初から学ぶことは復習にもなるはずだ。

中国語教室で初授業。発音がいいと褒められ、調子に乗ってしまいそうになる。しかし反り舌音に難あり。中国語には激音(有気音)と平音(無気音)があるが、この区別は韓国語と同じで飲み込みやすい。

中国語学習は、教室で受講生に日頃言っている方法を自分で試している。それでどこまで伸びるかを見て、音読中心の学習法がどれくらい有効なのかを確かめようと思っている。現在の私の中国語の実力は、ソウル大テキストでいうと1級9課当たり。倒産したNOVAの新宿本校で2005年に2か月ほど学んだのが中国語学習の始め。それ以降、思い出したかのようにたまに学習しては長い中断期に入ることを繰り返して早8年。NHKラジオ講座入門編を彷徨い続けて韓国語の1級前半相当というわけだ。

11日、レッスンなし。体験レッスン二つ。Kポップが好きで月1の割合で韓国旅行を楽しんでいる、ハングルが大体読めるところまできた方と、韓ドラが好きで、他教室で習っていて壁にぶつかっている方。日本語母語者の講師が必要とされているのだなあと実感。

昨日、電話で体験レッスンの申し込みがあった。新年になって10日間で3件目だ。出だし好調。ただ、体験レッスンを受けた人全員が授業を始めるとは限らない。体験レッスンが受講につながった割合は去年が80%。

 

2013.1.9


8日、仕事始め。1レッスン。1級Tさん、15課。教室は昨年、30人の方が無料体験レッスンを受けて、うち24人の方が授業を始めた。以前から通っていただいている方々を含めて現在22人の方が受講している。今年の目標は悲願(?)の教材作り。翻訳したい本も数冊ある。どこまで達成できるか…

9日、3レッスン。1級Sさん、16課。3級Iさん、2級10課。4級Fさん、12課終了。年賀状の返事を書いて出す。

年末年始の休みは、航空券の安い日を選んだ結果、12月25日~1月8日までの約2週間になった。久しぶりに会った息子と目いっぱい遊んだ。映画館でアニメ2本(イナダンとかいけつゾロリ)と家でDVD6本を見て、佐賀の唐津と長崎の平戸の温泉に泊まって玄界灘の海の幸を死ぬほど喰った。トランプに興じ、宿題を見守った。最後の日の別れ際、息子は号泣した。私もその前日の布団の中で涙が出た。帰京すると息子から年賀状が届いていた。私と毎日遊べなくて寂しい、毎日遊べる日を楽しみにしている、と書いてあった。

年末年始に2008年度アンコール中国語講座パートⅠを音読し、現在復習中。今日からパートⅡに入る。

過去の不定期日記 2012 2011 2010 2009 2008 2007後半 2007前半 2006 2005 2004

Copyright (C) 2013-2018, Rindomukuge Kobo,, All Rights Reserved