仮面1

不定期日記 2016年

일기

仮面2

HOME事業者概要韓国語レッスン翻訳添削韓国語学習不定期日記リンクお問い合わせ

2016.12.1-31


1日、個人6、グループ2の8コマ。3人が初レッスン。

12月1日現在の受講生数66人。1級21人、2級24人、3級7人、4級1人、5級6人、6級3人、会話レッスン12人(うち個人レッスン兼10人)、英語2人。11月は体験レッスンがいつもより多くあり、受けた全員が受講を始めた。昨年から今年にかけて1級から始めた人の多くが2級に進んだ。

2日、28日から授業と日常茶飯事の合間を縫って作業を進め、先ほど翻訳を納品。通訳と翻訳。翻訳の仕事が来たので請ける。

3日、個人13、会話レッスン1の14コマ。翻訳の仕事が来たので請ける。YTNニュースを見る。
酒席で留学経験者の知人にもっと勉強すべきとからんでしまう。自分のことを棚に上げて。これでは説教癖のある嫌な爺ではないか! 何を言ったかはほとんど記憶なし。家にたどり着いた覚えなし。

4日、翻訳、散歩、翻訳、食事、翻訳、休憩、翻訳。

5日、翻訳、通訳、YTNニュース。教室は休みなのに、もう韓国語三昧。仕事は嬉しいが、ため息も。

6日、個人2、英語2の4コマ。合間を縫って翻訳。やってもやっても終わらない。

단국장치 端局装置

7日、個人13コマ。翻訳。睡眠時間3時間。

8日、個人8、グループ2の10コマ。睡眠時間4時間で翻訳をついに納品。1年間の留学経験のある5級Sさんが、「将来韓国語に関する仕事をしたい」というのでいろいろ助言をする。課題ははっきりしている。それが何かはここでは割愛。もう呟いた事だが。

9日、通訳12時間+2時間飲み会。同時と逐次。何とかなるものだなあと。体は疲れ切っていたはずだが口は動いていた。聞き取れない部分は当然聞き返す。通訳して思ったのは、記憶力の低下を経験の蓄積がカバーして余りある、ということ。通訳と翻訳の面白い点だ。「カバーして」を「補って」に訂正。

10日、個人6、会話1の7コマ。2日間の同行通訳開始。同時と逐次。拘束時間は長かったが通訳の実質時間は6時間。

11日、通訳。同時と逐次。夕方、息子と遊ぶ。2か月半ぶり。長かった。まず、あれこれ話す。次におもちゃ屋でカードゲームのカード購入。ドラゴンボールのゲームを横で見る。

本屋で息子が選んだ「ぼくら」シリーズと科学何とかの本の計2冊買って渡す。これがクリスマスプレゼント。息子超喜ぶ。これでいいのかと訊くがこれでいいとの答。地産地消が売りの寿司屋で特上二人前食べて数皿追加。食物に弱い息子の頬が緩みっぱなし。「良いお父さんがいてくれて幸せ」と。私、涙。

温泉は疲れがとれると思った。

先週の翻訳と通訳で体重が2キロ減っていた。12日に帰宅して事務作業。一人飲みが度を越して偉そうな態度全開。

13日、個人8、グループ1、英語1の10コマ。翻訳の仕事が切れ目なく来て切れ目なく請ける。

14日、個人11コマ。午後通訳、同時と逐次。日頃の授業とテレビ視聴の効果か、聞き取れない単語が以前より減った。

15日、個人6、グループ1の7コマ。皆が知っている首都圏某有名教室で発音チェックが無いことを知る。留学を目指す2級Kさんに実践的助言。午前通訳、夜翻訳。翻訳は来週も続行。

16日、翻訳を納品し、別の翻訳作業開始。伊藤若冲の画を見る。鶏も生きているようで素晴らしいが、人物画と野菜も気に入った。特に微笑む目が素敵。1時間半ほど集中。清々しい気持ちになった。

1級受講生のIさんが担当する韓国のバンド、Sultan of the Disco(スルタン・オブ・ザ・ディスコ)が先週、日本デビュー。
http://www.vap.co.jp/sultanofthedisco/
御覧のほどを。予約して買ったCDを聞いて毎夜踊っている。

17日、個人11、会話レッスン2の13コマ。夜、受講生と共に年を送った。クイズは面白かったなあ。

18日、個人2コマ。翻訳作業開始。夕方納品。

19日、午前5時前に起きて移動し4時間通訳。昼過ぎに帰宅して事務作業。夜、仕事の打ち合わせ。最近移動中によく聞くのがディープ・パープルのハイウェイスター。ジョン・ロードの鍵盤さばきが最高。気分を高めるのに役立つ。つっても、分かるかなあ? 分かんねえだろうなあ。

酔うとユーチューブで歌を聴いている。韓国歌謡、70年代ブリティッシュロック、又は日本のフォーク。懐メロだ。村下孝蔵、バンバン、風、ガロ、紙ふうせん、ふきのとう、荒井由実、陽水などなど。

昨夜飲酒してまたも乱筆乱文。自重自重。20日、個人4、グループ1、英語2の7コマ。朝から授業の合間に翻訳作業をし、夜納品。体験レッスン申し込みあり。

21日、個人15コマと体験2。体験受講の2人はともに3級相当だったが、数字6の読み方、発音で「ヤ行」が「ニャ行」や「リャ行」になること(私の手前勝手な命名)を指摘すると驚いた。以前通った教室では指摘も教えることもなかったそうだ。自分ばかり喋る講師も多く会話練習が殆どなかったとも。

22日、個人8、会話1の9コマ。翻訳の仕事がないので時間があるはずだが、あれこれあって忙しい。

23日、個人事業者に祭日なし。朝から事務作業。その後読書。7時間ほど。燃料補給という感じ。本読まんとあきまへん。最近移動中にアデルとかイーグルスも聞いている。アン・チファンはもちろん。

24日、個人6、会話1、英語1の8コマ。留学希望のKさんに思いつくまま助言。英語面白い。体験のMさん、韓国語学習歴7年で今年の春より韓国語教室に通うが上達を感じられず。授業と講師の話も詳しく聞く。問題多し。体験レッスン後に受講決定して入学金と受講料を払い、明日より開始。はやっ。

25日、個人3コマ。

26日、通訳5時間。日比谷図書館と電車の中で読書計5時間。充実。読書三昧で暮らせたらどんなに良いか……ありえませんっ!

27日、個人7、グループ1の8コマ。散歩時にビジネス英会話を聞く。精神面での最後の砦が息子であることに気付く。解決策が直ちに見えない八方塞がりの事態が起きても「てっちゃんがいるからいいもん」=Let It Beと開き直れるのだ。人は人に励まされ傷つけられ、その他全部。関係主義か?

2級Nさんのメール。「さて、10月に受けたTOPIKの試験結果が届きました。TOPIK 1を受験し、200満点中191点で2級合格でした。手応えはあったのですが、思っていた以上に点数が良かったので、ホッとしています。これも一重に迫田先生の授業のおかげです。ありがとうございます。」

第二信。「迫田先生からアドバイスいただいたとおりにテキストの予習を進めるのと、試験日1カ月前ごろから過去問題を解いたところ、当日は非常にリラックスして受験できたのが、功を奏したのではないかと思います」Nさんの授業は2級教科書第6課(全体の1/4)。それで2級に合格できるということ

ほかの受講生で、1級が終わって2級に入ったばかりの段階で受験し、TOPIK2級に合格した人もいた。ソウル大の教科書はそれだけ内容が難しく、かつ、豊富だということだ。

28日、個人18コマ。1日の授業数では多分これまでで最多。12月の授業数177コマも右に同じ。体験授業等での情報による他の教室の多くと当教室の授業の違いは大体次の通り。①発音チェックの有無②音読練習の有無もしくは量の差③書写の有無④日本語での説明の有無⑤講師の母語⑥学習者の視点。

地震が来て本棚が揺れた。震度3だという。

29日、知人から頼まれた韓国語への翻訳。約5000字を3時間前後で。思い浮かんだ韓国語の文はこれまで読んだ本・新聞・教科書の文と自分の韓訳文、及び今まで聞いたテレビ・ラジオと直に聞いた韓国人の発言と自分が話した韓国語。韓作文対策には多読と「多音読」と「多書き」が効果的と思いつく。

受講生へ送った年末の挨拶。「今年は受講する方が増え、授業数も12月が177コマとなり、ともに教室開設以来最も多くなりました。/昨秋より取り入れたルックアップアンドセイと書写により単語と表現の定着度が上がったと思います。受講する方の上達速度が昨年以前より早くなったと実感しています。

韓国語能力試験、ハングル検定試験での合格のご連絡も例年より多く聞くことができました。使用している教科書の級の一つ上の級(例えば、授業では3級の教科書を使い、試験で4級)に合格した方もいらっしゃったようです。教科書の予習と受験日1か月前からの過去問を解くことが最良の試験対策です。

O先生とS先生は、この教室で学べば、留学経験(は、できる条件があればした方が良いことは言うまでもありませんが)が無くても上級者になり、教えることのできる水準に達することを証明する「生きた実例」です。きちんとした学習を継続すれば、中級・上級になれます。

皆さんの韓国語能力向上を今後も支えるために、応援団として、これからも日々精進してまいります。/来年もよろしくお願いします。

조무래기 小僧・がき・ちんぴら(YTNニュースより)

30日、受講生数64人(2016年12月30日現在)。1級21人、2級26人、3級5人、4級1人、5級4人、6級3人、特別コース11人(うち基本コース兼9人)、英語2人、中国語1人(同1人)。

 

2016.11.1-30



1日、個人6、グループ1、英語2の9コマ。2級Tさんと友人の韓国留学について話す。NHK語学講座講師の多くが日本語母語話者なのはなぜか? ネイティブ講師も日本語達者。だが語学学校の殆どは真逆。この違いが分かるかどうかが決定的。

11月1日現在受講生数60人。1級18人、2級23人、3級5人、4級2人、5級6人、6級3人、特別コース13人(うち個人レッスン兼11人)、英語2人(同1人)。10月の授業数が166コマで、事務所設立以降最多だった。熱心に学び続ける受講生の皆様に感謝し、さらなる精進を誓います。

今日の英語の授業で、外国語と母語との行ったり来たりの学習が欠かせない点を再確認。母語を介さずに当該言語を理解し駆使するためには、それと母語との滞りない往来が不可欠。聞き流しはドラマの見っぱなしと同様にそれだけでは限界がありほぼ無だが、体系的学習と組み合わせた途端最良の肥やしに。

先日授業中に6級Jさんと話になったのは、「韓国語の授業ではなぜ発音チェックをしないのか?」。Jさんは1年の留学経験があるが、発音チェックを受けたことがない。だが、中国語を学んだ時、発音で徹底的にしごかれたという。私も中国語教室に1年半通って学んだが、音読の途中で何度も止められた。

大学での韓国語・朝鮮語の授業を見たことがないので、見て勉強しなければならないと、いま思った。自分の留学経験、教室での授業を通じた経験、語学講座の内容確認だけではまだ全然足りない。

教室運営の立場で言えば一授業当たりの受講生数が多いほど高収益。だが個々人の能力はなかなか伸びない。蒲田教室で個人レッスンが主なのは、その点と空間が狭いから。個人レッスンは、受講生が話す時間が最長で、発音チェックを微に入り細に入りできる。この方法が一番伸びる。私も学習者。これを選択

2日、個人6コマ。

3日、個人4、グループ1の5コマ。

4日、朝5時起きで翻訳納品。別の翻訳作業開始。

5日、個人7コマ。3級Nさん、朴槿恵大統領の談話が所々聞き取れて感動したと。6級Jさん、1級テキストを使って復習しているが、「韓国語の勉強がこんなに楽しかったとは知らなかった」。感謝

2級Kさん、留学と韓国語関係の仕事について質問。今の仕事を早く辞めたい、今後の人生を考えると韓国語の技術をもっと磨きたいと。で、授業の後半の時間を使って最も効果的効率的な方法を詳細に展開。国内で上級になって留学先で上級から学び、各種試験に合格し、現場で技術磨いて、宣伝と事業開始。

6日、個人2コマ。翻訳作業。

8日、個人7、英語3の10コマ。起床後、時間があれば翻訳。昼食を買いに20分ほど外に出ただけで、あとはずっと教室。体に悪い。

昨夜最後の授業が終わり風呂を済ませ翻訳作業を再開し途中1時間半寝て今日午前8時半納品。体内時計のためか帳尻は何とか合う(が加齢故遅れが増加)夜中にせんべいとラーメンを食べなければよかった全部炭水化物でもろ脂肪に転換今日は午前9時から午後9時40分まで空き時間なくずっと授業嗚呼……

9日、個人12、グループ1の13コマ。別の翻訳案件を懲りずに受注。

10日、授業前の2時間、翻訳し納品。すると別の発注が来たので請ける。教室は個人4、グループ1の5コマとグループ体験1。語学堂6級を修了しTOPIK6級合格で今年9月に留学を終えて帰国したMさんが、8月の体験を経て、本日受講の申し込み。韓国語の授業を将来行いたいと。応援します。

11日、朝から作業して、夕方、翻訳納品。自営業者に休みなし。


11日夜から15日夜まで韓国出張。

12日は100万人デモで地下鉄に乗るのがもう大変。チャンチグクス、サムギョプサル、タッカンマリ、キムチチゲ、知人の手料理などなど、満喫。が、体は通訳の仕事で疲弊。ミセモンジで喉が痛い。

16日、個人8、グループ1の9コマ。

日本語母語話者が韓国語能力を活かせる職場の創出。日本版「創造経済」路線の推進。HANA主管の韓国語教室があったら通う人がたくさんいるはず。雑誌「hana」との連動(すでにとんそく子さんの各地教室として始動済み)。以上、HANAの呟きを見て思ったこと。

17日、個人6、グループ1の7コマ。

18日、通訳9時間。疲れた。

19日、個人8、会話2、英語1の11コマ。

20日、映画『귀향』を観る。韓国のニュースが面白くて時間があると見ている。これからどうなるのかしらん。

21日、通訳4時間。

22日、個人6、グループ1の7コマと体験1。グループレッスンのKさんとSさんは1級前半だが発音が上手い。今週は体験レッスンを受ける人が4人。

23日、個人のみ12コマ。朝、久しぶりに英語の学習。

24日、個人3、グループ2の5コマと体験3。
怪しいメール到着。異常な日本語。針千本飲ます。「私はある国際企業の人事マネジャーです。当社は日本で積極的に展開しています。そのため当社は様々な都市と県で、日本における代表者として働いてくれる常勤雇用従業員を募集しています。2017年から2018年にかけて、100以上もの…」

25日、事務作業。受講生も少しずつ増えているが時給2,500円前後で働いている。

26日、個人12、会話1、英語1の14コマ。受講生の中に留学を予定している人が数名いるので、できるだけ助言している。
YTNニュースつけっぱなし。

28日、通訳。

学んでいる言語の夢を見ることはその言葉で考える回路が一定できたこと、話したり聞いたりすることのできる単語と表現がそれだけ蓄積したことを表しているように思う。韓国語の夢を見たのがいつだったかは忘れたが、留学中だったはずだ。聞き取れるが話せずにうろたえる場面が多かった。現実の反映だ。英語の夢を見たのはラジオ講座を集中して聞きつつNOVAに通っていたころだった。片言だったが。最近は見ていない。昨夜韓国語の夢を久しぶりに見た。韓国人ととにかく喋りまくっていた。目覚めた時、かなり疲れていて深呼吸が続く。子どもと遊ぶ夢を見たいのに何故。初夢の頃の喜びはいずこ。

3級教科書を使うSさんからメールが来た。「10月に韓国語能力試験を受験する旨お伝えしておりましたが、WEBで確認してみたところ何とかぎりぎり158点で4級(4級は150点以上)に合格できました!! 実は授業の予習で精一杯で結局過去問を解くこともできずに受験してしまい、 結果が出るまでかなり心配していたのですがこれで一安心です。 次回受験時には是非高級合格したいです。 今思うとなぜもっと早くりんどうむくげ工房で受講しなかったのかと受講を悩んだ期間が もったいなく悔やまれます。ソウル大のテキストをどんどん進めて次回受験に備えたいと思います。」

来年1月24日から毎週火曜日11:10に1級前半のグループレッスンを始めます。1回2,500円です。http://www.rindomukuge.com

平屋 1층짜리 주택

4級Oさんのメール。축하합니다!「10月の試験ですが、 5級合格してました。(中略)2度目なので、自分がどの程度できないか腹をくくれ力配分がうまくいった結果ですね、きっと。 実力は、5級相当は無いことは十分承知しています。通訳案内士研修では80名中、ミソッカス。だからこそ、独学ではなかなかできない、たくさん話す りんどうむくげ の授業に もっとたくさん通って自信を持てるように していきたいと思います。フラフラしていてやる気があるのか無いのかはたから見て わからない中年女性の私にも、一生懸命接してくださって迫田先生には大変ありがたく思っております。」

30日、個人のみ14コマ。1級後半のTさんがTOPIK2級合格! ソウル大教科書の級の一つ上の級でのTOPIK合格報告続く。新版の語彙数が旧版に比べて増えたこと(予習と復習が大変だが)と「読み」中心だが「書き」も加えた勉強で定着度が高まったようだ。教室では読み書きを文字通り実践。」

受講生数64人(2016年12月30日現在)。1級21人、2級26人、3級5人、4球1人、5級4人、6級3人、特別コース11人(うち基本コース兼9人)、英語2人、中国語1人(同1人)。

 

2016.10.1-31



1日、個人8、会話4の12コマ。音読を基本としこれに通訳練習(日⇔韓)と書写を組み合わせたのが現在の授業内容。ネイティブではなく学習者の立場から、そして自分の留学における苦い経験を基にして試行錯誤し至った暫定的結論。英語学習でも実践し日々効果を点検。今後も改善を重ねる。精進精進。

2日、個人2コマ。Iさん、4コマ目でハングルの読みを修了し、会話編に入る。先日の韓国出張では看板を読みまくり、勉強になったそうだ。15年間の授業経験を基にすると、ハングルが読めない入門者でも、復習をきちんとすれば、4-5回の授業で正確に発音できるようになる。読む速度も次第に増す。

井上ひさし『父と暮らせば』(新潮社、1998年)読了。途中から涙うるうる。だが、主語が日本人だけなのはどうかなと。『中島敦 ちくま日本文学』(筑摩書房、2008年)から『名人伝』と『山月記』を読む。中高生時と読了感が異なり平易で無駄がない。中国の古典を読んでおけばと悔やむ。

韓国語など外国語を学ぶことは母語である日本語を意識し学び直すことだ。韓国語能力の段階は日本語能力の水準に規定される。韓国語の内容理解は日本語でなされるから。韓国語を教えるというおこがまし過ぎる行為を生業とする私は日本語理解の無数の穴に愕然としながらそれを埋めようと本・新聞を読む。

4日、グループ1と個人2の3コマと打ち合わせ。

5日、個人12コマと相談。一昨日と昨日、入学者が各1人。今日元受講生から英語受講希望メール。一週間に3人は初めて。

6日、個人7コマ。通訳打ち合わせと通訳90分。クライアントが慶尚南道の人なので緊張したが何とかなった。中国語学習を始めた知人と話す。教室に週1回通い始めて「人生が変わった」と。授業は1対1。独学を基本にやる気を維持するための通学が最も経済的。教室とNHKラジオ・テレビ学習が最良。

8日、個人9、会話2の11コマ。1級Kさん初レッスンでハングルの読み。基本母音と平音の発音をしたが、若いだけに覚えが早い。4-5コマで看板が読めるようになる見込み。夜、DVD『グリーンフィッシュ』を観る。聞き取れる部分が増えていて嬉しい。

9-10日、英語を学び、新聞を読む。

11日、個人8、グループ1、英語2の11コマ。韓国語3級で現在英語を受講しているTさんと子育て談議に。ためになった。3級Nさん初レッスン。間接話法の前提として書き言葉を復習。これ必須。発音チェックも細かく行う。2レッスン目のKさん、濃音の発音良く吃驚。散歩中にラジオ英会話を聞く。

12日、個人12コマ。

13日、個人6、グループ1の7コマ。새と새로운の違いを調べた。面白い。

14日、グループ1コマ。

先週교보문고に注文した商品が届く。안재성の本7冊、안치환のベスト、韓国映画DVD全てもろ趣味。안재성と안치환は一番好きな韓国の作家と歌手。前者は10年前の共訳書の原作者。留学直後に耳慣らし用にと学内の売店で初めて買った韓国音楽のCDが後者の第4集。'내가 만일'の収録も知らずに。





金玄謹著・中村澄子日本語訳『タングニの韓国人生劇場』(白水社、2016)が同社から届く。校正したからか。韓国文化が良く分かる面白くてためになる良書。推薦する。音声あり。金先生の文体には향기がある。思い入れたっぷりの金玄謹ワールドに入って韓国語能力を上げよう。アメリカンを嗜みつつ。




15日、個人11、会話3の14コマ。1年間留学して3級から6級まで進んだJさんの初レッスン。韓国語教室を開く夢があり、初級の内容の復習と発音チェックをするために1級教科書から始めることになった。賢明な選択だ。日本語⇔韓国語の往復と音読で基礎固め。学習上のツボも詳しく伝えることに。

16日、個人2コマ。2級Kさんからhanaの勉強法の質問。教室での音読練習と同じ方法で学ぶよう勧める。即ち、素読、和訳、一文反復、オーバーラッピング、シャドーイング、ルックアップアンドセイ、韓訳だ。ルックアップアンドセイ書写とパダスギもすればなお良い。hanaを味わい尽くすのだ。

18日、個人8、英語2の10コマ。英語のTさんと勉強方法について話になる。

19日、個人8コマ。

20日、個人5、グループ1の6コマ。

22日、個人8、会話2の10コマ。学習初期に発音指導を受けぬまま韓国に1年留学し3級から6級途中まで進んだJさん、前回に続きハングルの読み。母音子音パッチムの発音をこと細かく修正し大分改善。「1Aから学んで良かった」とご本人。拍手。初級=基礎をうち固めてこそ真の中級・上級が在る。

23日、日本に来た韓国人の友人と新宿で飲む。面白い話をたくさん聞いた。

24日、朝5時起きで午前中通訳。3時間続けて逐次。もうへとへと。昼、翻訳の仕事を請ける。数か月ぶり。その後2時間爆睡。教室が休みの日も結局韓国語三昧。

本日、個人5、グループ1、英語2の8コマと体験1。体験を受講した1級Sさんから、現在通っているクラスレッスンについて話を聞いた。

翻訳作業より問題です。항공기지구국をどう訳す?

答。항공기지구국 → 航空機地球局

昨日夜より翻訳作業開始して午前2時まで。26日、朝より翻訳と授業の準備。授業の合間を縫って翻訳作業を進め、朝食と昼食をろくに取らないまま昼に納品。生活のリズム完全崩壊。なのに別の翻訳を受注。大量。授業は個人10コマ。暇なし。なのに金の余裕は正直無く月末引き落とし前の綱渡り。嗚呼…

27日、通訳関連業務。

29日、個人7、会話3、英語1の11コマ。合間を縫って翻訳。さて、朝刊読むか。

30日、英語の勉強。

31日、慶尚南道のゲストの通訳4時間。サトゥリを勉強。

 

2016.9.1-30



1日、個人6コマ。1日夜から2日夜までソウルに行ってくる。コンビニの商品の値段は日本とほぼ同じだった。教保文庫で教材と韓国映画DVDを買う。
 株式会社HANAから『hana vol.15』が届く。今号も面白い。金先生のインタビューも載っている。新著の第二稿の校正をこの前電話で頼まれたが。

3日、個人12、会話2の14コマ。体験レッスンのIさん、来週から受講開始の予定。

4日、日曜だが個人3コマ。

5日。先日教保文庫で買った韓国人用日本語学習書。通訳ガイド試験の時に学んだが、韓訳と韓作文の訓練に使えるのだこれが。日本では大部分が初級者用の参考書だが、こちらは初級から上級まで種類が豊富。まずは初級。

   


続いて中級。

  

最後に上級と翻訳のコツ。中味が濃い。「日本語語彙の達人になる方法」の語彙を習得したら立派なプロ。

  

「日本語翻訳スキル」は誤った直訳と自然な韓国語表現が併記され、その違いが分かる仕組み。ともに優れモノだ。

 


韓国人用の日本語学習書を使った集中講座をこの秋に開こうか思案中。それとも、久々に、hanaを学ぶ尽くす「hana祭り」にしようかな。

韓国映画の話題作である「내부자들」と「귀향」を昨日と今日観る。조승우の演技を見たいというただそれだけの理由で買った「내부자들」は、やくざ映画という思い込みとは裏腹に韓国社会の仕組みの核心を突く問題作だったのでおったまげた。「귀향」は「日本人であること」について大きな宿題になった。

6日、個人6コマ。体験レッスンんYさんはビッグバンのファンでとにかく早く話せるようになりたいと。他にもいろいろ話す。

7日、個人5コマ。通訳案内士を目指すTさんの授業に逐次通訳練習を加える。面白い。

当教室で1年学んで現在韓国留学中のHさんからメールが来た。

http://www.rindomukuge.com/voice.htm

りんむくの学習方法は正直半信半疑だったが「本当に効果的な学習法」なのが今分かったと。褒めていただき大感謝。私は留学した後に今の学習法にたどり着いたのでHさんと逆順だが、語学堂の授業と比較して初めて只管音読法の意味と意義が分かった点は同じ。何故か。私も○○大の学生と同じだったから。

こういうメールをもらうと、これまで来た道は正しかった、これからも進んでいこうと元気が出て、やりがいを感じる。

手前味噌だが、当教室の受講生の発音は確かに上手い。なぜそう偉そうに言えるのか。2年間の留学中の各級段階と帰国直後の自分の発音の水準が基準だから。発音と抑揚は傍から指摘され修正を重ねてこそ上達する。逆に、そうした指導なしには上手くなりようがない。Hさんのメールで再度確認できた次第。

8日、個人7、グループ1の8コマ。

9日、休日だがグループ1コマ。

10日11日の2日間、ソウルで語学研修http://ur0.biz/ym1z 。今回の研修には、短い期間で韓国語会話能力向上の効果がかなりあることが分かりました。人間、追いつめられると、動き、話ます。「また研修を行ってほしい」など、参加者の皆さんからご要望が早速寄せられ…

13日、朝6時前に起きてホテルを出て、8時40分金浦発。10時45分に羽田に着き、午後0時過ぎに教室に着き、1時から9時40分まで授業。個人5、グループ1、英語2の8コマ。働きすぎ。

14日、個人9コマと体験1。新聞を読むが、12日夜の慶州震源の5.8地震が報じられていない。何故?

ソウル中部市場で買ったイカキムチとタコキムチに昨日から舌鼓。

15日、個人4、グループ1、シューㇾ大学の6コマ。

16日、金先生の原稿の校正。多量。17日、個人10、会話2の12コマ。体験のAさんは1年間留学し、3級から6級まで進んだ。教室開設を考えている。発音チェック希望ということで音読練習をして発音の決まり事を解説。「ヤ行」の「ニャ行」「リャ行」への変化など知らないことが多かったようだ。

ソウル研修報告を更新しました。http://ur0.biz/ym1z

18日、個人レッスン4コマ。14年5月に受講を始め、日頃はスカイプレッスンをしている秋田県在住のSさんが初めて教室を訪れて2コマ。3Aの総復習で、1時間45分音読をし、残りはフリートーキング。新鮮だった。お土産をいただいたお返しに『見てわかる日本 伝統・文化編(韓国語版)』贈呈。

趙景達『近代朝鮮と日本』(2012、岩波新書)読了。

19日、金先生の原稿の校正を終えてミリネ新宿教室訪問し、渡す。新大久保のセマウル食堂へ移動し、金先生とビールと焼酎をしこたま飲んだ。頭痛。

20日、個人7、グループ1の8コマ。

21日、個人14コマ。朝8時から夜9時40分まで授業で準備と後片付けを入れると1日15時間労働。人間なんてラララ、ラララ、ララ。じっと手を見る。

22日、個人1コマと体験1。雨の中、代々木公園を散歩。

23-24日、息子に会う。
23日朝移動。たまった新聞を読む。通訳・翻訳にとって新聞購読は必須。夕方、息子と合流。大きくなった。地鶏の焼き鳥屋で夕食。ダンスの練習を見る。難しい振りも一杯。半年前より上達。

24日、運動会。徒競走、応援団、組体操。地物の寿司を満喫。「美味しい」と笑顔。

25日帰京。メールへの返信など事務作業。先日金先生と飲んだ時、韓国語教育業界のあれやこれやで話に花が咲いたのを思い出した。金先生が「本当に発音が上手い」と認められた受講生が他教室の講座を受けたところ正反対の厳しい指摘を受けた例など考えさせられる話が多かった。二人でチャミスル3本。

26日、事務作業と外出。久しぶりに英語学習。NPRとCNNは見聞きするようにしているが、テキストを広げたのはオレガンマネ。YTNはほぼ毎日見ているが、韓国の主な話題が分かり、いろいろな意味でためになる。留学した16年前当時と比べたら隔世の感。便利になった。

27日、個人9コマと翻訳添削。

28日、個人11コマと体験1。準備を含めると8:30から21:50まで労働。体験レッスンMさんと、グループレッスン、クラスレッスンについて話す。初級時に発音チェックを受けないと、間違った発音が癖となって固定化する危険性が高いことを改めて確認。発音は傍から指摘されないと改善しない。

29日、個人7コマと体験2。9月は体験レッスン受講者が多い月だが、今年は6人受けて、うち2人が入学してガナダラから学び始め、共に次回の授業でハングルの看板が読めるようになる予定。又、うち1人は今日の受講後即入学。以前通学した首都圏の某有名教室の話も出た。やり方は色々あるのだなあ。

 

2016.8.1-31



8月1日、清水正之『日本思想全史』(ちくま新書、2014)読了。面白かった。

受講生数57人(8月1日現在)。1級17人、2級21人、3級7人、4級3人、5級5人、6級2人、特別コース10人(うち8人が個人レッスン兼)、中国語1人(個人レッスン兼)。

8月2日、個人2、英語2。3級Tさんが都合により当面英語の授業に切り替えることになった。

4日、グループ1。

3日から5日まで通訳。主に逐次で、時々同時。集中力が途切れないと客から言われた。

6日、個人12、会話4の計16コマ。

7日、個人4コマ。

8日、個人2コマ。

9日より15日まで盆休み。9日に帰省。熊本空港からリムジンバスで熊本駅に行き、母と息子と落ち合い、バスで熊本港へ。フェリーで有明海を渡り、島原港着。送迎バスで温泉ホテルまで。一泊し、翌日は原城までバスで移動。

中華食堂で昼食後、新しい資料館を見学。「島原・天草の乱」ではなく「島原・天草一揆」と。だが実質内戦だった。飯嶋和一『出星前夜』(2008、小学館)を数日前から再読中でわくわく。542ページの大著を母にも勧めていたが半分ほど読了していた。帰宅後、息子も読み始めた。三世代で読書。

また少し大きくなった息子といろいろ話す。似顔絵付きの手紙を誕生日の贈り物にもらう。別れ際に抱き合う。「お父さん大好き!」と。来年は声変わりしているのだろうな。生きててよかった。帰京後、大量のメールを読み、返事を書く。熊本はめちゃ暑かったが、東京は以前より暑さが和らいでいた。

16日、個人8、グループ1、英語2の11コマと体験。先月体験を受けたグループのKさんおよびSさんと2年前に体験を受けた個人のUさんが初授業。体験レッスン希望者が微増の今日この頃。韓流ブームは去ったかもしれないが、しっかり定着していることを感じる。Kポップもドラマも映画も楽しいし!

17日、個人8コマ。授業に対する台風の影響はほぼなかった。

18日、個人6、グループ2の8コマ。

19日、休みだが体験レッスン1。新丸子で戦争資料展を見、秋葉原の量販店で電子辞書とノートパソコンを眺め、新大久保で韓国の茶と菓子を買い、三河島で通訳の打ち合わせ。JR1日乗車券750円を目いっぱい使う。歩き回って疲れた。

今日、新大久保駅からソウル市場まで歩いたら、歩道を結構多くの人が歩いていた。12・28日韓合意がやはり転換点になったのかしら。

濃音の発音に使える技。フィリピノ語学習書を読んでいたら、「はいっ!」とぴしっと言った後の喉の状態で発する音があることを知った。これ、韓国語の濃音ではないか。この喉の状態で、音程を高めにして、前に「ッ」が入るイメージで発音すると濃音になる。

日本語の初音が軽い激音になることを昔、中国語学習書で知った。だから、清音と濁音の中間になるように意識して発音する必要があるのだ。

グーグル検索で「韓国語 初音」と入力して検索すると「初音ミク韓国語版」がズラッと出るので困る。

20日、個人9、会話2、全11コマ。

21日、個人2コマ。

23日、個人4コマ。

受講生の質問より。방이 어지럽다.部屋が雑然としている(=整頓されていない)。방이 엉망이다.部屋がめちゃくちゃ(ぐちゃぐちゃ)だ。後者の度合いがよりひどい。

【YTNニュースより】드론ドローン、뎅기열デング熱、양궁〔洋弓〕アーチェリー、녹조緑藻, 물보라水煙・水飛沫, 본말전도本末転倒, 합선〔合線〕短絡・ショート, 상조업체〔相助業体〕一定期間、月2-10万ウォンの納入金を得て、葬式・結婚など冠婚葬祭がある時にサービスを提供する所。

‘도와주다’, ‘놓아주다’, ‘들려주다’ などは合成語で一つの単語なのでつけて書く。(出所:국립국어원)

-아/어 주다の用法が最近乱れているのではないか? YTNニュースの天気予報で「暑さに備えてください」더위에 대비해 주시기 바랍니다と言っていたが、대비하시기 바랍니다と言うべきではないか? 話者と受益者が異なるのだから。自分のためにしてくれと言っているわけではないので。

주다 [Ⅱ]「보조동사」 ((동사 뒤에서 ‘-어 주다’ 구성으로 쓰여)) 다른 사람을 위하여 어떤 행동을 함을 나타내는 말. (출처:국립국어원)「他人のためにある行動をすることを表す語」。日本語の影響?「~して下さい」を아/어 주세요という韓国人の発言を数度聞いた。

24日、個人7、グループ1、全8コマ。25日、個人8、グループ1、全9コマ。1級Hさんからハワイのお土産をもらう。フリートーキングで何日間いましたかと聞いたら2週間との答え。おお。上級者体験申し込み2件。

26日、グループ1コマ。体験2人。語学堂6級を修了していったん帰国し、再び韓国に渡った日本語講師をしながらTOPIK6級に合格したMさんとスカイプで発音チェックと帰国後の助言。TOPIK5級で通訳案内士を目指すTさん、学習方法について助言。「話す」の上達は難しい。上級者の体験レッスンにも少し余裕を持って対処できたのが以前より進歩した点。

27日、個人9コマ。昨日体験レッスンを受けた、通訳案内士を目指すTさんが受講を決定。「授業が楽しみ」と。ソウル大教科書で音読練習、日本の伝統・文化を学ぶ韓国語参考書、2次試験対策のフリートーキングを組み合わせる予定。久々の通訳案内士試験対策、私も楽しみ。

30日、個人8、グループ1、英語2の11コマ。休む暇なし。

31日、個人のみ10コマ。5級Tさん初授業。通訳案内士試験対策ということで『見てわかる日本 伝統・文化編(韓国語版) 絵ときシリーズ』(JTB、2002)の音読と『通訳案内士国家試験第2次英語口述試験レポート』(ハローインターナショナル、2007)を使った想定問答。超濃い内容。

60代で韓国語学習を始めて、週一回の授業を6年間続けてTOPIK5級に合格し、音読もかなり行けるというのは素晴らしい。発音チェックは細かく入れたし、今後も入れるので、発音と抑揚の精度も上がっていくはず。数年前に試験内容が大きく改定されたこともあり、通訳案内士試験合格も夢ではない。

 

2016.7.11-31



12日、個人7コマ。

13日、個人のみ7コマ。

14日、個人5、グループ1の6コマ。

15日、個人2コマ。

13日から翻訳作業。翻訳自体は予定通りぎりぎり終わったが、久々のtradosの設定が上手くいかずもたつく。発注元とやり取りしてどうにか解決。通訳・翻訳・教室講師と三足の草鞋を12年も履くとこうなる。

7月6日にソウル大教科書6A(6級前半)を使った初授業をした。留学時の教科書とだいぶ違う。が、新鮮で面白い。現在、6級が2人で5級が3人。上級者も少しずつ増えてきた。世知辛いご時世で、好きなことをして食べられるのだから、これほど嬉しいことはない。家族と友人と受講生と取引先に感謝。

16日、個人7、会話2の9コマ。夜、帰省。

17-18日、母、息子と玉名温泉。炎天下、近くの公園でハードロックバンドの演奏。古宿の天然かけ流しの湯に浸かり、また、布団にくるまって息子と話す。将来の夢、友達、好きな女の子、ゲーム、外国語の効用……。最後は汗だくでハグ。

19日午前帰京。

19日、個人のみ5コマ。メールとtrados、通訳の仕事の対応。休む暇無しの日常へ再び。

20日、個人6、グループ2の8コマ。5級sさんの授業では、最近まで1年間留学したSさんの体験についても聞いた。私と同じ。sさんは、間違いを恐れずに喋る度胸がついたと。伝わらない時は固有語を漢字語に替えるなどしてどんどん話せば伝わると。金と時間を費やして留学した甲斐あり。

21日個人5コマ。体験Gさん受講決定。

22日個人2コマ。

23日個人5、会話3の8コマ。

23~27日海外出張。英語を聴きまくり読みまくり、後半ではある程度話す。NPRとCNN視聴の成果少し有り。生ドリアン食べたが臭くなかった。

27日個人7コマ。

28日個人6、グループ1の7コマ。

30日、個人9、会話2の11コマ。大学の先輩と飲む。

31日、個人2コマ。大学の先輩とまた飲む。

 

2016.7.1-10



1日。HANAから『hana』vol.14が届く。感謝。「残念な韓国語」改善例42が面白い。日韓の着想の違いが分かる。韓国人との日常的意思疎通がある日本語母語話者の稲川先生だから書ける内容なので日本在住学習者には貴重。使える。出版を期待。

2日、個人11、会話4の15コマ。

3日、個人1コマ。旅行の算段をするだけで3時間もかかっちまった……。嗚呼

5日、個人7、グループ1の8コマ。

6日、個人のみ7コマ。

7月1日現在受講生数57人。1級19人、2級17人、3級7人、4級3人、5級5人、6級2人、会話9人(うち5人が基本コース兼)、中国語1人(基本コース兼)。

복날伏日、축대高く築いた土台、홀몸一人身、独身(YTNニュースで見た単語)

7日、個人2、グループ1、シューレ大学の計4コマ。体験レッスンのAさん、新大久保の教室で個人レッスンを受けていたが、授業の半分くらいが日本語での雑談と言っていた。時々聞く話。7月後半から受講決定。

8日、個人のみ4コマ。

9日、個人5、会話4の9コマ。

 

2016.6.21-30



21日、個人7、グループ1の8コマ。1級Hさん、ハングルの読みが終わり、看板もほぼ読めて、会話編に進む。他言語の文字が読めるのは財産だ。

22日、個人のみ8コマ。

23日、個人7、シューㇾ大学の計8コマ。

2級AのNさんから相談。今秋のTOPIK受験をどう準備すべきか。ソウル大教科書の予習をできる限り進め、試験1か月前に過去問を解きまくるのが最良の対策、と答えた。改訂版のソウル大教科書はTOPIKに対応しているからだ。

24日、埼玉県で逐次通訳。

25日、個人12、会話1の13コマ。以前ここで2級受講した後9か月間留学し2・3・4級修了して帰国したSさんが再開。5級テキスト使用。読解に問題なし。が「話す力と発音が課題、その練習は殆どできなかった」と本人。15年前の私と同じ。留学は万能ならず。音読と発音チェックで課題を突破。

28日、個人のみ8コマ。

留学は、可能なら勧める。だが上達の必要条件ではない。留学中の人は音読練習を重ね、対訳ノート作成で内容理解度を確かめ、和訳韓訳練習をし、韓国人の友達の中から、日本語だけで話そうとせずに発音チェックを丁寧にしてくれる真の友人を見つけてほしい。帰国後の成功(=十全に会話できる)の鍵だ。

29日、個人のみ7コマ。色々忙しい。

30日、個人4、グループ1、シューㇾ大学の計6コマ。夜、韓国映画「公共の敵1-1」をプロジェクターで観る。

 

2016.6.11-20



11日、講演会終了後、ホテルに戻る途中に銀座駅で降り、しばし歓談。個人4、グループ1、会話2の7コマ。

12日、ゲストの希望で東京大学の安田講堂を見学し、荒川河川敷の木下川橋付近を散策。

13日、個人のみ2コマ。

14日、個人のみ7コマ。3級Tさんと間接話法について話す。3級Gさんとミュージカルの話。

15日、個人のみ8コマ。

16日、個人4、グループ1の5コマ。

17日、翻訳。

18日、個人11、グループ1、会話レッスン2の14コマ。

20日、出張。

 

2016.6.1-10



6月1日、個人4、特別コース1の5コマ。体験レッスン1。新橋駅から徒歩○分の教室に通うHさん。授業内容を聞く。2級後半の実力だが穴も結構あるので受講するなら1級教科書からが良いだろう。

1日現在の受講生数56人。1級20人、2級18人、3級6人、4級4人、5級3人、6級1人、特別コース7人(うち個人レッスン兼3人)、中国語初級1人。4-5月に体験レッスンがやや増え、5月に数名が入学。内容はともあれ昨年の12・28日韓合意で韓国学習の潮目が上方へ変わったのかも。

2日、個人3、シューレの計4コマ。昨日体験レッスンを受けたHさんのメール。「今回の体験は貴重な体験でした。/今の学校(先生)では、課の会話文の「日訳」というのをしていないので、こちらも新鮮でした。/発音変化も苦手の1つなのですが、言葉を仕事にしたい以上、避けては通れない道、得意にしたい分野でもあります。」

3日、北海道で子どもが見つかって良かった。

4日、個人8、グループ1、会話2の11コマ。

5日、個人のみ2コマ。2級Tさん、本日3回目だが、授業が終わって「顎が痛い。喋り過ぎた」「教室に来るのが楽しみ」と。ありがとうございます。成長痛です。口周りが疲れるのは韓国語の筋肉がついて来ている証拠。

6日、通訳の準備で資料読み込み。大変。最近は6時に朝ごはんを食べながら韓国のYTNニュースを見て、7時に体操しながらTBSラジオのスタンバイでコメンテイターの見解を聴き、洗濯しながらNPRを聴く。夕方か夜の散歩ではNHKラジオ実践ビジネス英語を聴く。がなかなか上達せず。音読不足。

7日、個人のみ9レッスン。12時間労働。疲れた。

8日、個人のみ7コマ。2級Hさん、現在2B教科書の半分ぐらいまで進んでいるが、先日受験したTOPIKの結果が出て、4級に4点足りなかったという。2級後半の授業で4級合格目前まで行けるということだ。新しいソウル大教科書はTOPIKの改定に対応している模様。最良の参考書というわけだ。

9日、個人6、グループ1の7コマ。授業では書き取りをしているが、前田先生の方法に倣って4回まで繰り返し聞くことができる。会話のコツは、文を短く切り、接続詞でつなぐこと。思い浮かんだことをそのまま韓国語に置き換えていくと長い長い文になって何を言いたいのか分からなくなり、相手も困る。

10日、韓国在住の元受講生から授業再開要望メールが届いた。歓迎します。先日は、妊娠でやめた元受講生から同様の連絡が来た。6月は予約がほぼ一杯で受講は空の星掴みですが歓迎します。

10-11日、講演通訳。久しぶりで緊張したが、問題なく終わる。

 

2016.5.21-31



21日、個人10、会話2の12コマ。

体験レッスンのOさん。大手教室のグループレッスンと個人レッスンに半年通ったが、先生の説明が理解できず、別の教室を探しているとのこと。音読練習をしたら「こんなに話したことない」と、数日前の体験レッスン受講者と同じ感想。

23日、個人1コマ。

24日、個人7、グループ1の8コマ。

25日、個人のみ6コマ。3級Gさんが김광석のファンであることを知る。授業終了後、ユーチューブの動画をどしどし送っていただき、全部見る。ミュージカル그날들も教えてもらう。面白そう。韓国語を勉強しておいてよかったと思える瞬間だ。

韓国語6級で中国語受講生のOさんから、教室の授業についていろいろご意見をいただく。気づきがたくさんあった。人の話を聞くのは大切。

受講生Nさんから、유타について教えてもらった。

26日、個人4、特別コース1、シューレの6コマ。

漢字語を軸に語彙数を増やした方が良いか?という質問をもらった。固有語学習を第一にし、それを前提に漢字語を増やすことを勧める、と答えた。なぜか。漢字語に頼りすぎると固有語を覚えるのがおざなりになるからだ。留学時の私がそうで、大変苦労したから、自信を持って(?)いえる。

28日、個人10、会話2の12コマ。こちらの時間設定のミスで、6レッスンを休憩なしで行った。体験レッスンでは受講生が通学中の教室の話を聞く。音読練習が全くないそうだ。他にもいろいろ聞いた。

29日、個人1コマ。

31日、個人6、グループ1の7コマ。1級Hさん初レッスンでハングルの読み。

 

2016.5.11-20



11日、個人のみ6コマ。

12日、個人3、シューㇾ大学1の4コマ。

13日、個人3、グループ1の4コマ。

14日、個人9、グループ1、初級会話、初中級会話の12コマ。授業の進め方などについて意見を聞くことができた。

16日、ソウルを旅する際におすすめのサイト。著者の人柄が文章に表れていて好感。http://tabilista.com/  再開発で今は無い鍾路の路地裏を思い出した。

17日、個人6、グループ1の計7コマ。体験2つ。一人はアポなしのご来場。パンフレットを求められたが、ないのでホームページを見てほしいと答えたら教室を見せてほしいと。上がってもらい、授業中だったのでしばらく待ってもらった後に説明して事情を伺い、体験レッスンなしに入学即断。早い。

もう一人の体験受講者も入学決定済みと。激戦地の有名3校に通ったが伸び悩み体験申込。通学歴約4年の総括は「韓国人講師の日本語能力向上に資した」。授業では日本語での雑談が多かったと。幾度も聞く話だが深刻。体験レッスンで一連の音読練習を10分程したら「授業でこんなに話したことない」嗚呼

18日、個人のみ6レッスン。2級Aさんと話になる。将来は通訳・翻訳など韓国語で食べていきたいとの夢を持っているとのことなので、レッスンの回数を増やして早く中級・上級に達することを勧め、必要な助言は全部すると話す。一度切りの人生だもの、楽しく生きたい。そういえば今日はオーイルパル。

他の教室で学んだ経験があると、ここの教室の授業がどういうものか、比較してよりはっきり理解していただけるようだ。某大手英会話学校の韓国語クラスに通ったことのある受講生Yさんの声 http://qq3q.biz/tXNS

19日、個人のみ6レッスン。

 

2016.5.1-10



1日。受講生数52人。1級17人、2級15人、3級6人、4級4人、5級3人、6級1人、特別コース7人(うち個人レッスン兼2人)、中国語1人。

5月1-5日、帰省。熊本空港着陸前、ブルーシートで覆われた家屋多数。バスで移動中も所々に。熊本城の瓦は落ち、石垣は崩れ、塀は傾いていた。実家近くで壁が落ちて2階の室内が露出した元ラーメン店や庇が歪んだ精肉店。実家でも地震が毎日数回。夜中も家が揺れて目が覚める。これは落ち着かない。

6日、個人4、中国語1の5コマ。韓国語がある程度できると、中国語学習時に理解のためのヒントが良く思い浮かぶ。連休中に体験レッスン申し込みメールが2件。ありがたい。が、新規授業の余裕があまりない。どうしようか考える。

5級Mさん「受講生の声」 音読。とにかく音読。「りんむく」が提唱している学習方法です。私も音読はやはり一番の学習方法だと思います。外国語学習の花形は会話ですが、単なるおしゃべりではやはり上達は難しく、とにかく口の筋肉を徹底的に鍛え…

13年前の通訳案内士試験二次試験でお世話になったハロー通訳アカデミーのブログがあった。当時、ネットの資料が大いに参考になった。同試験受験者は必見だ。ほとんど無料(これでは他校に泣きが入る……)。過去問は上級者の腕試しにも最適。

通訳案内士試験概要によると、今年の通訳案内士試験から、ハングル検定試験1級合格者だけでなく、TOPIK6級合格者も当該「外国語」(つまり韓国語)筆記試験が免除になることを知る。多くの懸念通り、同試験合格の水準の低下を意味する。逆に言えば合格しやすくなったのだ。

7日、個人7、初級会話1の8コマ。8日、個人のみ3コマと体験1。

最近毎日見ている韓国の放送局のホームページ。ニュース専門局YTNのライブ。1時間ごとにニュースをしている。http://www.ytn.co.kr/hd/hd_live.html  国営放送KBS。ラジオもある。http://www.kbs.co.kr/  音を流すだけでも聞き取り能力が上がる。

留学した時、1級の先生が「分からなくてもテレビかラジオを聴きなさい。聴かない場合より力がずっとつく」と説明。直後に近くの電気屋でラジオを買い、下宿で流しっぱなしに。進級するたびに聞き取れる単語が増えて励みに。6級の時はKBS第三ラジオ「今日の新聞」を毎日。ネットで台本収集し確認。

10日、個人1コマ。

 

2016.4.21-30



21日、個人4、シューㇾ大学の計5コマ。

22日、グループ1コマ。

23日、個人8、特別コース(初級会話・初中級会話)2の10コマ。

26日、個人5、グループ1の6コマと体験1。

27日、個人のみ7コマ。28日、個人5、シューㇾ、中国語の7コマ。久々の中国語講座。声調と単母音。hana vol.13が送られてくる。感謝。音読の新連載まである。充実。勉強になる。「丸一日hana漬けの日」とか、したいなあ。

hana vol.13のハナプラスワンを聞いたら、イ・ヨンチェが韓国現代史を語っていた。びっくりしたなあ、もう。彼も偉くなったなあ。十数年前に通訳の現場で初めて会い、2年前に韓国の現状を知るための討論会で、報告者としてご一緒したなあ。

28日、個人5、シューㇾ大学、中国語の7コマ。2級Kさん、先日の韓国旅行がとても楽しかったと感想。発音と抑揚が韓国人に通じる水準なので、2級の前半でもそれなりに旅を楽しめるわけだ。

30日、個人8、会話(初級)の9コマ。

 

2016.4.11-20



12日、個人8、グループ1の9コマ。火曜は2コマ連続の受講生が2人いる。2級Tさんと、日本語が「話せる」韓国人は多いが、真の意味で日本語の堪能な韓国人は非常に少ない(これは韓国語を学ぶ日本語母語話者にも言える)という話になった。また、韓国人との人脈作りがいかに大切かということも。

14日、個人のみ9コマ。最後の授業で地震があり、揺れた。しばしのちに再開。終了後にネットで「熊本震度7」の記事を見、驚いて熊本市の実家に電話。母は無事だった。何も落ちていないと言う。ネットでNHKニュースを見ると、壁タイルが落ち、スーパーで商品が散乱し、スイカが床で砕けていた。

この規模またはそれ以上の地震が川内原発や玄海原発の直下で起きたら大ごとだ。福島第一以上の惨事になり、人が近づけないほどの被害になるかもしれない。そうなれば九州とその周辺が毎日大量の放射能に晒され使用済み核燃料の管理も不可能になり人類未経験の領域に突入。韓国語学習ができなくなる!

15日。熊本にいる母と知り合いに電話したところ、みな無事だった。ただ、余震がひどいと。在日の先輩の家では本棚の本が全部落ちたと。地域によっては避難所に逃げた人もかなりいたと。

311とその後の悪夢が、あの時の不安な気持ちが湧き上がってきて頭を離れない。幸い今日は事務作業。勉強勉強。洗濯洗濯。

実家に連絡。未明の本震は家が揺れに揺れた。書棚の本、塀のブロック、仏壇の板が落下。飛行機も新幹線も高速道路も不通。片付けに行くにも近くまで行ってバイクか自転車を用意するしか。原発事故時の避難は無理。首都圏で30年以内に大地震の発生確率は7割。熊本の事態は未来予想図。他人事ではない

16日、個人7、グループ1、特別コース3(初級会話、初中級会話、中級会話)の11コマ。ソウル大の新テキストはTOPIK対策にうってつけだ。

19日、個人7、グループ1の8コマ。ネットでNPRを聴き始める。この手があった。韓国語だとラジオ番組を流すのも手だ。ただで聞ける。いい時代だ。

20日、個人のみ8コマ。体験レッスン申し込みがこの間いくつか来た。

来週から中国語入門講座再開。7月に中国旅行を予定する受講生の週1回個人レッスン。教科書はNHKラジオ「まいにち中国語」2015年10月号。テキストは毎月購入。昨日注文したCDが先程到着。進め方は韓国語授業と同じ。声調と発音が最難関だが、越えると比較的すんなり。激音と平音もあるよ!

 

2016.4.1-10



2日、個人10、特別コース2(初級会話、初中級会話)の12コマ。夜、近くの韓国料理屋で懇親会。面白かった。最初の教室だった千駄木の木造アパートの話も出た。4月1日時点の受講生数51人。1級18人、2級15人、3級6人、4級4人、5級3人、6級1、特別コース7人(うち個人兼4人)。

4月3-5日、春休みに息子と遊ぶ。顔が少しずつ大人に。習っているヒップホップの公演。それなりに上手い。なかなかやるじゃん。温泉の後、「立ち読み大歓迎」の古本屋で漫画を数時間読む。晩御飯は寿司の特上。バクバク食う。翌日、泊まり込みで洞窟探検。真っ暗闇を味わう。また漫画。いい思い出。

6日、個人のみ5コマ。3Aの教科書、充実している。

7日、個人7、グループ1の8コマ。8日、事務作業と英語学習。図書館で、将棋の本2冊、囲碁の本1冊、『世界』2月号を借りる。

9日、個人7、グループ1、特別コース(初級会話、初中級会話)2の10コマ。部屋の模様替えはおおむね好評だった。手前味噌だが、音読と書写の組み合わせた授業で効果が着実に上がっていることを感じる。

 

2016.3.21-31



21日、翻訳と事務作業。

22日、個人のみ4コマ。

23日、個人のみ5コマ。

24日、個人のみ6コマ。翻訳の仕事を受ける。これとは別に中国の翻訳会社から韓訳の照会メールが突然来る。契約書を送ってくれと返信したら、スペイン語翻訳可能かと問い合わせ。不可と返信。

先日図書館で借りた大沢在昌『砂の狩人』(2005年、幻冬舎文庫)上を23日夜に読み始め、今日、半分まで進む。もう佐江ばっかり。「誰か私を止めて!」状態。

25日、翻訳作業、時々『砂の狩人』。

필증[畢証] 終了証

제목 題名。条文の場合、「〇〇法」は「題名」。条名の前に括弧に括られた字句(例:第3条(    )の(   )。)は「見出し」。

26日、未明に『砂の狩人』上巻読了。個人9、グループ1、特別コース3(初級会話、初中級会話、レベルアップハングル)の13コマ。合間に翻訳。阪堂先生のNHKテキスト(15年2月号)素晴らしい。韓国語は面白い。授業でお金をいただいて好きなことをして復習になっている。すんません。

27日、28日、翻訳。

29日、個人のみ2コマと体験2。上級Aさん、某有名教室に通っていたが、いろいろあって体験レッスンを受ける。その教室の教え方などを聞き、腕組みしながら唸る。さらに、音読や聞き取りをしながら、考えるところがあった。自分の教え方の振り返りにもなる。口と耳は直結。

昨夜9時半過ぎから徹夜で翻訳作業をし、午前6時半に納品。

30日、個人4、グループ1の5コマ。韓国語原文の和訳もトラドスを使うことが多くなった。で、このトラドス、100%同じか似ている原文を自動的に訳す。表作りが省けて助かり、便利だと初めは思ったが、呼び出された以前の訳文に間違いがあってもそのままなので修正する必要があり結局手間は同じ。

今回の仕事の単価はざっくり時給2500円前後。数万円の翻訳ソフト使ってどんなに頑張ってもこれくらい。ソフト無しだともう大変。バイトとして考えるとめちゃいいが、しかし徹夜しても深夜労働手当はつかず、締め切りに追われて納品まで絶えず気になり、精神的にはよろしくないことこの上ない。

韓国語で食べるとはどういうことか。そういう仕事を目指している人に伝えるべく、教室・通訳・翻訳の甘くない実態の一端を一部恥を忍んで書いている。なぜか。そういう情報が殆どなかったし今もないからだ。相談窓口もその一環。自分の体験の範囲内で助言をできるだけ行う。1年に1人ほど需要がある。

『砂の狩人』下巻は28日に読了。上下とも各400ページあったが、面白いとすいすい読める。脇なのに佐江の存在感が圧倒的だった。西野の影はその役回りに比べ薄かった。

中国・上海の翻訳会社、その後音沙汰なし。なんなんだ。

31日、個人のみ7コマ。3月は何かと忙しかった。

 

2016.3.11-20



数日前に東野圭吾『麒麟の翼』読了。藤原伊織や大沢在昌と違う文体。10日個人5グループ1の6コマ。

11日個人のみ5コマ。

5年前を思い出す。授業中に地震が来て、翌日福島原発が爆発。後日フォッサマグナの糸魚川静岡構造線より東の広い地域に放射性物質が降った。数度。大量に。気分落下。嗚呼

東京外国語大学言語モジュール  http://www.coelang.tufs.ac.jp/mt/ko/  ハングルの読みをタダで勉強できる。

13日、確定申告作成。

確定申告作業でストレスがたまり、図書館で将棋と囲碁と大沢在昌とインドネシア語学習書を借りる。図書館は買わなくて済むから助かる。韓国語学習書も沢山あるしリクエストも可。色々見比べて「hana」など頻繁に使う本を選んで買うのも手。同12号の内容は何時にも増して面白い。踏み込んでいる。

昨年の売り上げは一昨年に比べて伸びたが、引越しもあって経費も相当かかったなあ。働きまくったのに、豊かになった実感がないんですけど。確定申告の作業は大変だが、一年の経済活動を振り返ることのできるよい機会でもある。もう寝よう。

14日、確定申告提出。やっと終わった。

15日、個人8、グループ1の9コマ。大沢在昌『黒の狩人』上巻読了。佐江にはまっている。

16日、個人のみ6コマ。大沢在昌『黒の狩人』下巻を図書館で借り、夜、読み始める。止まらなくなり、約5時間後の午前4時ごろ読了。

17日、個人5、シューㇾ大学の6コマ。

18日、事務作業と英語学習。ラジオ講座学習後にTOEIC模擬試験。715点。語彙不足と読むのが遅いので読解が17問未了。試験問題を音読書写教材として早速使おう。夜、モツを食らう。

19日、個人7、グループ1、初級会話、初中級会話の10コマ。個人事業者に土日はない。

肉まん・あんまん 찐빵, 증기빵

항모전단 空母群

2週間ほど前に교보문고にソウル大教科書を注文したところ3Aが品切れだった。すぐに必要なので昨日メールで問い合わせたが返信がない。しょうがないので先ほど電話で問い合わせたら、「出版社と連絡が取れない状態」だと。どうなってるんだ!? しばらく会話し、「午後に改めてメールを送る」と。

大沢在昌『北の狩人』上・下(1999年、幻冬舎文庫)、昨日借りて今日読了。

20日、個人のみ2コマ。

 

2016.3.1-10



2月26日から3月3日まで通訳と翻訳。ほぼ韓国語だが時々英語。隙間のない日程で疲労。英語通訳は米国人ゲストが「実践ビジネス英語」よりも早口で参ったが必死についていき英→日は質疑応答も含めて何とか。問題は日→英。韓国語も和訳より韓訳が難しい。只管精進。

3日個人3とシューㇾの4コマ。

4日、個人6、グループ1の7コマ。長旅の疲れが取れず。

5日、個人8、特別コース(徹底音読プログラム、初級会話、初中級会話)3の11コマ。昨年忘年会で友達になった人と先日ご飯を食べた、励みになると1級Kさん。また懇親会を企画しよう。

6日、個人3グループ1の4コマ。この教室に来て力が伸びたのが分かると1級Yさん。3月1日現在の受講生数52人。1級21人2級16人3級5人4級3人5球2人1級1人特別コース7人(うち個人兼3人)。入学者数1月3人2月2人。受講しない受講生がほぼいなくなり授業数増加が最近の特徴。

7日、翻訳作業。

8日、個人のみ3コマ。

9日、個人のみ6コマ。ソウル大の新教科書は、私が留学時に使った教科書と比べて、発音と文法と文化の解説が加わり、かつ、固有語が大幅に増えているので内容がさらに充実。TOPIK対策の参考書としても十分使える。こちらも新たに学ぶ緊張感あり。

 

2016.2.21-29



21日、個人1、特別コース(徹底音読プログラム)1の2コマ。現在、徹底音読プログラムはレベルアップハングル講座2015年2月号。本当に良いテキストだ。この値段でこの内容。1日30円弱の授業料。ラジオ講座教科書は使うたびに感心。教室でのテキストを使った授業と組み合わせれば鬼に金棒。

22日、個人のみ3コマ。

전화 받고 있어요は、電話(を)受けています、ではなく、電話に出ています、ではないだろうか。レベルアップハングル講座を聞いていて。

留学時に同世代のみならず上の世代と会話する機会を作れば会話の幅を広げるのに役立つはずだ。私は留学時、主に386世代と飲んだが、先輩世代と接する機会も意図せずに頻繁にあり、冷や汗ものの失敗を重ねた。今にして思うとこの経験が帰国後の韓国語関連の仕事で役立った。折角の留学。挑戦しよう。

23日、個人のみ7コマ。

24日、個人6、グループ1の7コマ。15万円の翻訳の依頼が来たが、日程がどうしても合わずに断る。もったいない。

25日、個人3、シューㇾの計4コマ。教保文庫のホームページを見ていたら、ソウル大テキスト3級・4級・6級の新しい版が出ていたので早速注文。楽しみ。

 

2016.2.11-20



12日、翻訳作業。ヨドバシカメラでオフィス2016購入37,580円高い!
受講生の要望で韓国経済に関する情報を探していたら、面白いのを見つけた。https://www.youtube.com/watch?v=vKmPHoVchl4 … さらに、今年、中国経済がマイナス成長になるんだって……ええ?https://www.youtube.com/watch?v=H3QqFxsBB9E … 최진기先生の講義、初めて聴いた。もう吃驚。

13日、個人6、グループ1、会話3の10コマと体験1。

14日、個人のみ2コマ。15日、午前4時30分から8時間ぶっ通しで翻訳して納品。

16日、個人7、グループ1の8コマ。

17日、個人のみ8コマと体験1。受講生から、家族が通っている前田先生の教室の話を聞く。翻訳納品。休む暇なし。

受講生のメール。「今はまだ気を付けなければいけないことでイッパイイッパイで滑らかに話すことが難しいですが、音読がこんなに重要だと教えて頂いたので諦めずに続けようと思っています。先生の教室に通う以前は何に気を付けなければいけないかも分かっていなかったのでそれだけでも全然違います。」

20日、個人7、グループ1、会話2の10コマ。留学で4級を修了し現在韓国企業勤務のMさんと1時間会話。相当上手いが日本語母語話者的発音の間違いは所々あり逐一指摘。留学経験者全般の傾向。速度は韓国人並みだが表現の枠が決まっていて尊敬語が苦手。経験が友達会話ゆえ。この壁の打破が課題。

 

2016.2.1-10



2月1日現在受講生数50人。1級20人、2級18人、3級4人、4級3人、5級2人、6級1人、特別コース6人(うち4人が個人レッスン兼)。

2日、個人1コマ。

3日、個人のみ6コマ。

4日、個人のみ8コマ。

5日、翻訳請ける。英検の結果がネットで発表。準1級68点(70点以上合格)、1級64点(合格82点以上)で共に不合格だが数か月間学習に打ち込めたので満足。読解は良く、単語はそこそこ。だが聞き取りと作文が弱い。単語力不足

音読トレーニングの成果はあったと思うが合格しないと説得力はないのでさらに精進。

8日、息子に会う。カードゲームのカードを買ってやり、ケーキを注文し、佐賀牛の焼き肉を食う。旨い。成績自慢を息子から初めて聞く。子どもとの仲はまだ良好だが、反抗期が不安。

9日、個人6、グループ1の7コマ。

10日、未明に翻訳納品。先週パソコンが故障しサブマシンで対応。翻訳ソフトを仕方なく購入し(赤字じゃん)未明に納品。個人のみ8コマ。夕方翻訳の仕事が入る。この10日間つぶやけなかったのはめちゃ忙しくて物理的及び心理的余裕がなかったから。キングソフトじゃダメなのでワード購入かオヒュー

飯嶋和一『出星前夜』(小学館、2008)をたしか5日に読了。500ページ以上で読みごたえがあった。島原をまた旅したくなった。

 

2016.1.21-31


21日、個人5、シューレ大学の計6コマ。予習と復習のどちらに重点を置くべきかとの質問に、復習に力を入れた方がいいと答えた。即ち、予習では、分からない単語と表現は最低調べてくる。余裕があれば、音読と練習問題をする。復習は、前回の授業で習った部分の音読と筆写を毎日最低30分ほどする。

翻訳校正の依頼が来たので請ける。翻訳の仕事は、している最中は「二度と請けるものか」とイラつくが、終わるとそれなりの達成感があり、それゆえか、連絡があると請けてしまう。12年間、この繰り返し。翻訳だけだったら気持ちが持たない。教室で受講生と会い、話をし、一緒に学ぶからやって来れた。

22日、教室は休み。実践ビジネス英語12月号の勉強。聴き取り問題は大体当たった。夜、知人とモツを喰らう。

23日、個人6、グループ1、会話講座2の計9コマ。今晩雪が降ると天気予報。交通機関の事無きを祈る年末年始に息子から鼾が五月蠅いと言われて始めた断酒が続く。目標あと9年ちょっと。

24日、英検を受け撃沈。せめてもの救いは、以前より聞き取れた量が多かったことと、全問鉛筆を転がさずにマークシートを塗りつぶせたこと。昼飯を抜いて臨んだからか眠気に襲われず、着席後詰将棋で精神集中。よせばいいのに併願受験などと無理したため虚脱感。さあさあ雑念捨てて韓国語の勉強勉強。

25日、出張。通訳の打合せ。新幹線で移動中に英語学習。打ち合わせ、無事終了。韓国語に加え英語も通訳することに。勉強になるなあ。

26日、個人8、グループ1の計9コマ。英検の解答が出たので答え合わせ。合格には勿論届かないがぼろぼろの数年前に比べれば点数は結構増えた。地道にやればもしかしてと予感。中学高校英語とラジオ講座の学習を、教室で行っている音読と書写の方法で続ければある程度行けるとその有効性を体で感ず。

27日。翻訳の校正を朝5時起床で4時間作業し、先ほど納品。最近、早寝早起きで健康的。断酒の効果か。歴史小説の飯嶋和一『出星前夜』(小学館、2008)にはまっている。

個人のみ7レッスン。都内で通訳の打合せ。先輩のKさんに久しぶりに会い、しばし歓談。「通訳の仕事は沢山ある」「翻訳の仕事はすごく減った」ということだった。

28日、個人5、シューレ大学1の計6コマ。英語学習。昨日の疲れが残っている。夜、ノンアルコールビールを飲む。

30日、個人6、グループ1、会話1の8コマ。体験レッスンのMさんは1年間の留学経験があり、某大学韓国語過程の4級修了。仕事で韓国語を使っているそうだ。勤め先には留学経験者が結構いるが、みんながみんな十全に話せるわけではなく、話せる人は限られているそうだ。やはり訓練が必要なのだ。

 

2016.1.10-20



12日、個人1レッスン。3級Gさん、2級テキストで間接話法の復習。

13日、個人のみ6レッスン。ダンサーのIさんが体験レッスン。独学なのに発音が良く、驚く。2級Nさんの娘さんが前田先生の講座に通い始めたので、その話を聞く。緊張感があってドキドキだったそうだ。

大量の翻訳の仕事を請ける。誰か代わりにしてくれないかなあ(嘘)。昨日、八重洲ブックセンターに行った。英語では音読教材が売れているようだ。韓国語コーナーで新刊。書評で読んだ飯島和一を本をめくる。確かな筆力だ。引き込まれる文体に久しぶりに出会った。こういう翻訳をしたいものだ。

15日、グループのみ1コマ。2級前半の総復習。一文ずつ交互に読んで和訳。発音と和訳をチェック。ほぼ穴がなかった。一度受講して潜り抜けた内容は、あとは復習を重ねて行けばよい。これはただ。復習をすればするほど身に付き、経済的だ。

2016年1月5日現在受講生数49人。1級20人、2級15人、3級5人、4級3人、5級2人、6級1人、特別コース6人(うち個人レッスン兼3人)。

17日、個人1コマ。初級Nさん体験。チャングンソクのファンでこの前韓国でコンサートを観たそうだ。その韓国語を聞き取りたい、以前通った教室の授業は半分が雑談だったと。「どうしたら早く話せるようになるでしょうか?」との質問。ここで受講して復習と予習をきちんとするのが近道、と回答。

昼、英語の講演通訳。昨夜から3時間睡眠で講演原稿和訳。ぎりぎりセーフ。1時間弱の質疑応答も何とかなった。講師の英語はほぼ聞き取れた。杉田先生のおかげで聞き取り能力が上がったようだ。カムサハムニダ。練習方法は韓国語教室と同じ。素読、和訳、一文反復、オーバーラッピング、シャドーイング

19日、個人7、グループ1の8コマ。某大手の教室に数年通いここに来た3級Aさん、誤った発音が癖になり固定化。発音を直されたことがほとんどないというから当然だ。今日、3回目の授業。発音チェックを入れまくり大分改善。大量の翻訳依頼が来るが物理的に無理なので断る。勿体ないが致し方ない。

20日、個人のみ6コマ。翻訳の締切日なので、午前3時に起床して開始。トラドスに戸惑い、3万字と量が多く、作業が予想以上に時間を喰って慌てる。締切に間に合わず、非常事態でレッスンを二つもキャンセルする始末。受講生に申し訳ない。締め切り時間を1時間弱過ぎて納品。翻訳作業は体に悪い。

 

2016.1.1-10



5日、仕事始め。個人6、グループ1の計7コマ。テキストはいろいろ買ったほうがいいのか、絞ったほうがいいのか、という質問が1級Aさんから出た。答。絞るのが最善。ソウル大テキストで系統的に学び、何度も復習をする。これを基本に、hanaかNHKテキストのいずれか、又は両方を加える。

hanaの最新号を昨年HANAから送っていただく。ありがとうございます。今号も勉強になる。音読トレーニング特集だ。読む。おお。私と同じ方法論ではないか。マンセー! hanaの愛読者である1級(実力は2級だが復習中)のAさん曰く、「この教室でしているのと同じ内容ですよ」

6日、個人のみ7コマ。昨日今日とメールの確認と返信に追われる。もう大変。

7日、個人のみ5レッスン。今日も新年のあいさつが続く。受講生から頂いた年賀状の返事を書いて投函。5日からの事務作業がまだ終わらない。ご予約メールも相次ぎ、嬉しい悲鳴。それで午前様。平日夜は予約が非常に取りにくくなっている。平日午後も同様。平日午前と土日はまだ取れる。そういう状況。

8日、趙景達『植民地朝鮮と日本』(岩波新書、2013)、文京洙『新・韓国現代史』(岩波新書、2015)を購入。地元の書店で買うべきだが、要り様でヨドバシドットコムを利用。

hanapressにリツイートしてもらうとフォロワーが一気に増える。大きな影響力だ。HANAさまさまだ。いただいた年賀状に今日やっと返事を投函した。ありがとうございます。

8日、個人1コマ、スカイプ。他に翻訳添削。事務作業が今日も続く。英語学習を少し。練習方法は韓国語の授業と同じく、音読トレーニングだ。順番も一緒。英語と韓国語のボランティア通訳依頼が相次いで入った。知り合いからなので断れん。韓国語はまだしも英語できるかなあ? 今回も当たって砕けろ?

9日、個人7、グループ1、初級会話1の計9コマ。

体験レッスン申し込みメールが来る。「hanaで、教室の事を知りました。」と。珍島物語で🎵HANAのみなさま カムサハムニダ🎵

昨日の授業での2級Kさんの話。年末に一週間韓国旅行して慶尚道にも足を延ばしたが、行く先々で発音を褒められ嬉しかったと。モチベーションが上がったそうだ。間違ってもいいからとにかく話すこと、そしてその後で、話した内容がどうだったか振り返ることが大切だ。

初級会話講座を好評につき2コマに増やし、初中級会話講座を新設しました。初級会話は土曜13:00、初級中会話は土曜14:10。受講料は1回2,500円。1人から開講。教科書の授業でインプットしフリートーキングでアウトプットすると一番伸びます。無料体験レッスン有り。りんどうむくげ工房

過去の不定期日記 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007後半 2007前半 2006 2005 2004

Copyright (C) 2016-2018, Rindomukuge Kobo,, All Rights Reserved